今日のリンク

防災食「入れたら出す」仕組みで無駄なく活用(井出留美) – 個人 – Yahoo!ニュース賞味期限は、品質の切れる日付ではない。美味しさの目安であり、かつ、リスクを考慮し、製造者は短めに設定するのが通例だ。消費者庁も、安全係数として「0.8以上」を推奨している。安全係数は義務ではないし、数値が決められているものではないが、たとえば10ヶ月の賞味期間の食品があれば、企業は、リスクを考慮して0.8などの数字をかけ、「8ヶ月」の賞味期間と設定し、日付を印字する。直射日光や高温高湿など、食品に負担のかかる条件を避けて正しく保管してあれば、賞味期限を過ぎても日持ちする可能性は大きいのだ。
続きを読む 今日のリンク