今日のリンク

青木まりこ現象 – Wikipedia青木まりこ現象(あおきまりこげんしょう)とは、書店に足を運んだ際に突如こみあげる便意に対して与えられた日本語における呼称である。この呼称は1985年にこの現象について言及した女性の名に由来する。書店で便意が引き起こされる具体的な原因については、渋谷昌三によると2014年の時点でまだはっきりとしたことはわかっていないという[1]。そもそもこのような奇妙な現象が本当に存在するかどうか懐疑的な意見もあり、一種の都市伝説として語られることもある。一方で生理学や心理学の知見をもってこの現象のメカニズムを解明しようと試みる識者もいる。

都心から1時間!まるでジブリの世界と話題の秘境 (読売新聞(ヨミウリオンライン)) – Yahoo!ニュース この滝があるのは、JR久留里線上総亀山駅から車で約10分の「清水渓流広場」。自家用車なら東京湾アクアラインを利用し都心から約1時間で行ける場所だ。ちなみに、濃溝の滝という呼び名は、近くの立ち寄り温泉(「濃溝温泉千寿の湯」)から来ているらしい。
続きを読む 今日のリンク