鄭和の大航海

NHKの特集番組を見ていました。
鄭和がコロンブスより何十年も前にアメリカ探検をしていたかも、
という新意見も紹介していましたが、鄭和がただの、
おおぼらふき、と思いこんでいた私の誤解を払拭する番組でした。
貿易圏を拡げた中国と、植民地化を進めようとした欧州、
その対比もしっかり表現していましたね。
だからアフリカで中国が好まれる、とも。
多分、これは中国びいき過ぎるとかの批判に明日からさらされるでしょう。
植民地化を今の中国がこうやってきた、とかね。
でもね、大航海時代と同じく、Webが人々の認識する世界を拡げ、
the world is flat を成し遂げているのに繋げる視点も欲しかったな。

いずれにせよ、ロマンっていいな。