今日のリンク

<五輪体操>男子個人総合 内村が逆転で44年ぶり2連覇 -リオオリンピック特集 – Yahoo! JAPAN リオデジャネイロ五輪第6日の10日、体操の男子個人総合決勝で、前回ロンドン五輪金のエース・内村航平(コナミスポーツ)は92.365点で2連覇し、団体総合に続く今大会2個目の金メダルを獲得した。五輪連覇は1968年メキシコ、72年ミュンヘン両五輪の加藤沢男以来、44年ぶり史上4人目。
柔道・田知本が今大会女子初の「金」  :日本経済新聞 【リオデジャネイロ=本池英人】柔道女子70キロ級が10日行われ、田知本遥(ALSOK)が決勝でアルベアル(コロンビア)に一本勝ちし、今大会の日本女子選手で初の金メダルを手にした。
柔道男子・ベイカーも金 90キロ級で初  :日本経済新聞【リオデジャネイロ=本池英人】柔道男子90キロ級が10日行われ、ベイカー茉秋(東海大)がリパルテリアニ(ジョージア)に優勢勝ちし、金メダルを獲得した。男子90キロ級は階級変更前の86キロ級を含め、日本選手の金メダルは初めて。今大会では73キロ級の大野将平(旭化成)に続く男子2個目の金メダルで、日本の柔道男子としては1964年東京五輪から通算50個目のメダルともなった。

第8回 性能テスト:ソフトウェアテスト基本テクニック|gihyo.jp … 技術評論社性能は「スループット」「レスポンスタイム」「リソース使用量」の3つの要素で評価されます。
第8回 性能テスト:ソフトウェアテスト基本テクニック|gihyo.jp … 技術評論社負荷生成ツールの例としては,オープンソースのツールでは「JMeter」や「ApacheBench」などが挙げられます。負荷生成ツールには一般的にはスループットとレスポンスタイムを計測する機能が備わっています。そのため,この機能を使用すればスループットとレスポンスタイムが確認できます。
厳密に言うと「性能テスト」はレスポンスタイムが性能目標に達しているかどうかを確認するテストで,「負荷テスト」はシステムがどこまでのスループットを出すことができるかを確認するテストです。しかし,両者を別々に実施するのは時間がもったいないので,一般的に「性能テスト」では両者を同時に実施します。
最後にリソース使用量ですが,これは一般的にはシステムのOSの機能を使用して確認します。Windowsであればパフォーマンスモニタ,UNIX系であればsar,vmstat,iostat,netstatなどを使用します。性能テストで一般的に確認されることが多いリソース使用量の種類を表1に挙げます。
表1 一般的に確認されることが多いリソース使用量の種類
種類
CPU CPU使用率
実行待ちプロセス数
ディスク ディスクビジー率
実行待ち要求数
メモリ メモリ使用量
スワップ使用量
ネットワーク 帯域使用量
第8回 性能テスト:ソフトウェアテスト基本テクニック|gihyo.jp … 技術評論社システムをカットオーバする前に必ず性能テストを実施し,性能問題への対応策をあらかじめ用意しておきましょう。また,システムの運用開始後も性能監視ができる仕組みを導入し,確実に性能問題を予防することができる体制を整えておきましょう。
Apache JMeter – Apache JMeter™
ab – Apache HTTP server benchmarking tool – Apache HTTP Server Version 2.2

IMG_20160811_070641IMG_20160811_180957
続きを読む 今日のリンク