今日のリンク

目立つとテロ標的に…女子マラソン集団観戦中止 -リオオリンピック特集 – Yahoo! JAPAN 【リオデジャネイロ=吉田健一】在ブラジル日本大使館やリオデジャネイロの日系団体などで作る「リオデジャネイロ五輪・パラリンピック連絡協議会」は15日、フランス南部ニースで起きたテロを受け、8月14日の女子マラソンを集団で観戦する計画を中止することを決めた。

プノンペン発!お得な航空券付きシェムリアップ日帰り/1泊2日観光パッケージプラン | カンボジア旅行 スケッチトラベル カンボジア/クロマーツアーズ
アプサラダンスやクメール伝統芸能ショーをプノンペンで楽しもう!(プラエパカア) | カンボジア旅行 スケッチトラベル カンボジア/クロマーツアーズ

トルコ首相「反乱制圧」 将校ら2800人拘束、260人死亡  :日本経済新聞【イスタンブール=シナン・タウシャン】トルコで軍の一部勢力が15日夜(日本時間16日未明)から16日にかけてクーデターを試み、最大都市イスタンブールや首都アンカラの主要道路や国営テレビ局を一時占拠した。クーデター勢力と治安部隊の交戦で、市民を含め260人以上が死亡した。ユルドゥルム首相は16日の記者会見で「反乱は鎮圧された」と宣言。関係した将校ら2839人を拘束したと明かした。
トルコ政権また難題 軍反乱の対応急務 テロ多発、掃討にも影響 判事ら2700人更迭・拘束 (産経新聞) – Yahoo!ニュース
<トルコクーデター>「多くの国民死んだ」非合法手段に怒り (毎日新聞) – Yahoo!ニュース 【イスタンブール(トルコ西部)大治朋子】夜霧に紛れて戦車が街中に繰り出すと、身の危険もかえりみず、市民らが砲口の前に立ち塞がった。中東の大国トルコで軍の一部が試みたクーデターは、鎮圧された。「多くの国民が死んだ」--。1600人以上の死傷者を出した反乱劇から一夜明けた16日午前(日本時間同日午後)、国民の怒りと混乱が伝わってきた。
<トルコクーデター>大統領、スマホから必死の発信「外へ」 (毎日新聞) – Yahoo!ニュース 【イスタンブール(トルコ西部)大治朋子】「国民の力より強い力はない。通りに出よう。空港や広場に集まろう」。スマートフォンの小さな画面から、トルコのエルドアン大統領は訴えた。16日午前0時26分。国軍の一部反乱勢力の蜂起が始まって約2時間後だ。制圧された国営テレビ局でなく、米系放送局「CNNトルコ」を通じた必死の発信だった。女性アナウンサーが手にした液晶画面に映し出されたエルドアン氏は、ビデオ通話で熱弁を振るった。エルドアン氏の後ろに見えるのは、白いカーテンだけだ。どこにいるのかさえ分からない。民衆の行動を促す言葉とは裏腹に、一国の指導者でありながら居場所すら明かせないエルドアン氏の姿は、事態の深刻さを象徴していた。
トルコのクーデター、失敗の理由は「二・二六事件」 EUや中東に深刻な影響も (BuzzFeed Japan) – Yahoo!ニュースクーデター失敗の原因について、内藤教授は「二・二六事件 と同じ、一部の将校たちによる反乱だったから」と指摘する。

完全ケーブルレスなイヤホン「Gear IconX」が電池持ち以外は良好な試用感で将来のスタンダードになりそう – Engadget Japanese

その点、サムスンのGear IconXは、完全ケーブルレスを実現したBluetoothイヤホンです。イヤホン内に4GBのメモリ(音楽だけで700曲が入る)を内蔵しているので、スマートフォンなどとペアリングしなくても、単体で音楽を再生できます。また、心拍センサーや加速度センサー備えるため、フィットネスの用途にも活用できます。

競合となる完全ワイヤレスイヤホンは、日本ではEarinが3万2000円ほどで発売されています。それと比べたGear IconXの特徴は、本体内にメモリを内蔵し、単体で音楽再生が可能なこと。これには次のような利点があります。スマートフォンとペアリング不要で音楽を再生できるため、Bluetoothイヤホンの弱点である駆動時間の短さを改善できるのです。単体再生の場合は公称3.5時間の連続再生が可能。スマートフォンに繋いで再生する場合は連続1.5時間と短くなります。

『嫌われる勇気』誕生秘話!岸見一郎×古賀史健【特別対談】|今週の週刊ダイヤモンド ここが見どころ|ダイヤモンド・オンライン

若者のビール離れが深刻!大手3社の生き残る道は|今週もナナメに考えた 鈴木貴博|ダイヤモンド・オンライン アメリカの大手を買収したサントリー、欧州に進出しようとしているアサヒ、そして新興国を狙うキリン。10年後、他社に差をつけているビール会社はどれだろうか?戦略の違いが明確に出ているだけに、その結果がどうなるのか興味津々の気持ちである。

トルコのクーデタにおける先進国の綱渡り:「民主主義」と「外交」の狭間 (1/2)

コメントを残す