画像処理ソフトは一杯あります

たくさん有りすぎて、どれを選べばいいのか探すのが大変です。
とりあえず、eVision とかいうののお試し版を頼んでいたのが着きましたので、お試し開始です。どこまで簡便に作り上げられるかが競争になっているような印象があります。というのは、画期的なアルゴリズムとかが新たに出てくるのよりも、色んな組み合わせで相当なことが出来るようになってきたように思われるのです。例えば、インテルがOpenCVとして画像処理と認識のライブラリが数年前からオープンになっています。つまり、基本的な道具立ては既に問題になる段階は過ぎていると見られるように思います。だから、アプリケーションに簡単に作れます、が勝負になってきたのかもしれません。でも、まずは、試してみてからの話でしょうから、この件もいずれ触れることにします。。