ビットコイン関係

ビットコイン関係リンク

Bitcoin – Open source P2P money

Bitcoin P2Pベースの仮想通貨 – ビットコイン

ビットコイン – Wikipedia

bitcoin.pdf元の論文(pdf)
www.bitcoin.co.jp元の論文の仮和訳(pdf)

ビットコイン提唱者「サトシ・ナカモト」は誰か? 京大有名教授、米大学教授、欧州の金融機関関係者・・・ : J-CASTニュース

Bitcoin発明者「中本哲史」1000億円長者に | YUCASEE MEDIA(ゆかしメディア) | 最上級を刺激する総合情報サイト | 1

ビットコインの仕組みを知るためのサイト
Bitcoin・Bitcoin wiki
 ビットコインについての百科事典。仕組みや概念を知ることができる。HashとかNonceなど、かなり専門的な概念についての説明もある。
Bitcoin Block Explorer – Blockchain.info・Blockchain
 実際の取引がリアルタイムで表示されている。ブロックチェーンが形成される様を、実際に見ることができる。統計などもある。ここにある「マイウォレット」(この部分は日本語版がある)で財布を作れる。
Bitcoin – Open source P2P money・Bitcoin
 実際の利用などに関する手引き。ここでもワレットを作れる。
Hashcash.org・Hashcash
 ブロックチェーンをつなげる基本的技術について説明している。
Encyclopedia Index・Encyclopedia
 ITに関する一般的な用語の辞典(英語)
IT用語辞典 e-Words・IT用語辞典 e-Words
 ITに関する一般的な用語の辞典(日本語)

ビットコイン関係記事

こども版「ビットコインって何?」 – 大石 哲之ビットコインの技術の仕組みはお金以外にも応用がかんがえられています。デジタルな数字に置き換えられるものであれば、ぜんぶビットコインみたいに送れるんですよ。音楽や電子書籍みたいなデジタルコンテンツはコピーし放題でしたけど、ビットコインを応用すると、他人にあげたら消えちゃって手元にのこらない電子書籍も作れるんですね。
ほかにも、株券や債権、デリバティブ、ソフトウェアライセンス、ドメイン名、クーポン券、あらゆるデジタル所有物のやりとりにつかえるじゃないかって、シリコンバレーは興奮しています。

【新連載】ビットコインは社会革命である――どう評価するにせよ、まず正確に理解しよう|通貨革命か、それとも虚構か?「ビットコイン」を正しく理解する 野口悠紀雄|ダイヤモンド・オンライン

ビットコインは永遠のババ抜きか?供給量が制限されているが、価値の担保のないものが共同幻想として、貨幣になりえるのか、これがビットコインの壮大な経済的な実験でしょう。ビットコイン – Wikipedia

ビットコイン界の大物、次々訴追 成長を続けるには「過去」との決別必要かビットコインを扱う事業に投資するベンチャーキャピタリストのジェレミー・リウ氏は、ニューヨーク州金融サービス局の公聴会で、「過去数年間で、ビットコインに関心を持つ人のタイプが変化してきた」と証言。当初のビットコイン利用者は、犯罪に関わっていたり、政府に反対意見を持っていたりする人が多かったとし、ビットコイン・ビジネスにとって望ましいタイプではなかったと指摘。その上で、「ビットコインのコミュニティーは、合法性の高い取引に向かいつつある」との考えを示した。

ビットコインにまつわる5つの誤解

ビットコインが開いたパンドラの箱 新型犯罪の脅威  :日本経済新聞ラック 取締役最高技術責任者(CTO) 西本 逸郎
 ランサムウェアの制作者が支払い方法としてビットコインを指定したのは、銀行などに足がつかずに金銭をやりとりできるからだろう。犯罪に関わる資金をビットコインを介在して送金しあえばマネーロンダリングも難しくないことが問題なのだ。

 ビットコインは仮想通貨・仮想紙幣と表現するより、「仮想金貨」としたほうがしっくりくる。少し乱暴な言い方だが、ある数式に裏付けられた仮想的な金貨が埋蔵された鉱山がネット上に現れたようなものである。この鉱山は2008年、「中本哲史」を名乗る人物が公開したある論文によってこの世に現れた。その理論といい暗号の強度といい、取引の参加者全員で信頼を担保する仕組みといい、まさにデジタル社会の申し子と言えよう。

 肝心なのは「信頼できる数式」があれば、膨大な資産が眠る「鉱山」を発見でき、世界を支配できる可能性を証明したこと。パンドラの箱が開いてしまったのかもしれない。第2、第3のビットコインが誕生するたびに、莫大な富と支配を手に入れようと悪知恵を働かせるサイバー犯罪者との戦いを私たちは余儀なくされる。しかし絶対に負けるわけにはいかないのである。自分の財布は自分が守るように、ネットの財布も消費者一人一人が自ら守る姿勢で臨まなければならない。

なぜ中国人はビットコインを買い漁ったのか?ビットコインをつかった送金の具体的な手口ついでに、いったんビットコインを挟んでいるので出処も不明。初歩的なマネロンにもなります。

正直、これは、現在の金融の仕組みや国家の主権を脅かす、驚異の出来事だとおもいます。

実のところ、送金手段としてみれば、ビットコインの値段は100ドルだろうが、1200ドルだろうが、はたまた1万ドルだろうが、売り買いできればいいわけです。この観点からは、ビットコインの値段がバブルだとか価値があるのか、という話は的外れになります。

仮想通貨「ビットコイン」 の価格が一晩で半分に暴落、中国当局の規制により – インターネットコムビットコインが500ドルに急落したことが、一時的な価格調整によるなのか、衰退に向けた長期凋落傾向のはじまりなのかは、注視していく必要がある。今回の件は、仮想通貨が弾力性を保持しているかを試す良い機会となるだろう。ビットコインが無傷かどうかは、時間が経てばわかる。

ビットコインほとんどの取引所は詐欺だった・・#違うレートで決済されたり、詐欺的なことが起っているようです。

ビットコイン価格高騰で、関連不正プログラムやウォレット窃盗の被害拡大 – インターネットコムなお、ビットコインは「匿名性」をうたっているが、ビットコインの取引は公開されており、ユーザーのすべての取引は確認できるため、十分な状況証拠があればユーザーを特定することができるという。

仮想通貨と国家の戦いが始まった! ビットコインは生き残れるかビットコインは「決済手段」としては極めて優れているが、これだけ価格が乱高下すると、「価値の尺度」「価値の保存」という通貨機能を欠いていたのは明らかだ。

その意味で、「ビットコインは通貨として認めることはできない。投資資産の1つだ」というノルウェー当局の見方は的を射ていた。

グリーンスパン前FRB議長は4日、ビットコインについて米ブルームバーグ・テレビジョンで「1年で90倍近く上昇した価格を維持するのは不可能だ。仮想通貨は通貨足り得ない」とバブル崩壊を予告。

金本位制の時代は金の保有量が通貨の信認を裏付け、現在は各国の財政や経済力が通貨の安定を支えている。ビットコインの場合、コンピューター・プログラムだけが信用の源泉になっている。

ただ、バーナンキ議長は、仮想通貨は効率性や安全性などが求められるとはいえ、長期的な価値があるとその将来性に言及していた。

確かにビットコインのコンセプトは、第二次大戦後、経済学者ケインズが提案した幻の国際共通通貨「バンコール」に似ている。しかし、バンコールを実現するには世界中央銀行のような国際機関が必要で、ビットコインが求める自由とは相容れない。

ビットコインはバブルだ―暴落は絵に描いたように予想通りの展開 | TechCrunch Japan

ビットコインの採掘とは実際には何をしているのか?採掘と言うのは、完全なる比喩で、実際は、取引の承認作業をしています。そして、膨大なコンピューターパワーをつかって不毛なチキンゲームをしています。

このシステムでは平和は訪れません。軍備をみせつづけなくてはいけないのです。

そして、その軍備とは、膨大な計算能力・コンピューターパワーとそれを動かす電力です。電力は今年の4月の時点で、1日当たり982メガワットになっています。

世界最大の感染国は日本、Bitcoin発掘不正プログラムの狙いは高性能PC | TechCrunch Japan具体的な攻撃手法としては、外部から侵入したPC上でBitcoinマイニング用ツールをインストールしたり、不正プログラム自身がBitcoinマイニングの処理を行って金銭利益を得るという。トレンドマイクロが被害傾向を調査したところ、過去3カ月でBitcoin発掘不正プログラムに感染したPCは世界で1万2213台に上り、国別の内訳では日本(24%)と米国(21%)がとりわけ多く、世界の感染台数の4割以上を占めていた。

ビットコイン取引価格が暴落 中国の投機マネー逃げバブル崩壊かビットコインは最近、バブルのような価格高騰を見せており、中国の投機熱がそれを支えているとの指摘もあった。

ビットコインで俺様の次のレコードを買えとスヌープ・ドッグがツイート最近、ビットコインの価格が急落したので「それ見た事か!」という「他人が損する様子を見てメシウマ」な記事がどんどん量産されています(笑)

でも現在進行中の社会の変化は、もっと深いと思いますゾ。

ビットコインの通貨価値は1BTC=13万円が妥当とバンクオブアメリカが発表 – GIGAZINE現時点で流通しているビットコインの総価値は12億ドル(約1223億円)で、この額はアメリカの金融機関の一つである「ウェスタン・ユニオン」の評価額である9億ドル(約918億円)を上回るものとなっており、既存の金融機関にとっては新たな競争相手となっている状況です。

国家への挑戦か単なる金儲けか?ネット通貨ビットコインの本質は金本位制 金の価値の源泉が投下労働量であるならば、一定の労働量が投下された普遍性のあるものであれば、本位制の中心となる正貨が必ずしも金である必要はない。かくして投下労働価値説と金本位制がインターネットを使って融合し、ビットコインが出来上がったわけである。

 ビットコインが政府や中央銀行が発行する通貨を駆逐して、世界通貨になれるのかという疑問の答えも実はここにある。ビットコインは投下労働価値説をベースにした金本位制である。つまり金本位制が持つ限界や欠陥はそのまま引き継いでいると考えて差し支えない。インターネットというグローバルな空間を流通しているが、その本質は極めて中世的なものである。したがって、いくらビットコインが普及したとしても、本質的に現代の通貨システムを代替する存在にはならないだろう。

ビットコインは経済に大変革を起こす「通貨」なのか?ビットコインに手を出すくらいなら、私はイギリス通貨のように本当に商取引が可能な通貨体制の下でインフレも受け入れる。実際に商取引をしている人達も同じようにするだろう。「ビットコインはこちらで受け付けています」という広告は結局のところマーケティングの手段でしかないし、それ以上のものではない。

「Bitcoinは失敗する運命にある」という主張 | スラッシュドット・ジャパン IT Bitcoinの開発者たちは、Bitcoinが一般的な紙幣と同様の価値があることを示そうとしている。しかし、エコノミストであるEdward Hadas氏は、その試みは必ず失敗する運命にあると予言した。同氏は失敗の根拠として、政府などの裏付けがなく法的地位が不明確であることを挙げている。こうした民間通貨はユーザーの信用を失った瞬間、容易に無価値になることが予想できるとしている(New York Times、本家/.)。

同氏によれば、Bitcoinは民間通貨の問題のいくつかを例示しているという。仮想通貨の持つ匿名性は犯罪行為に便利に使われる可能性が高い。また投機的すぎることから、闇金融や脱税などに利用されやすい。Bitcoinは軌道に乗り始めたが、問題が大きくなれば政府は禁止するか、システムを引き継ぐことを検討し始めるかもしれないと指摘している。

仮想通貨ビットコイン 便利さ、記者も使って実感  :日本経済新聞 インターネット上のみに存在する仮想通貨「ビットコイン」。低い手数料でネット通販の決済や国際送金に使うことができるため、海外では利用者が増えているが、日本ではまだ少ない。使い勝手はどうなのか、記者が実際に入手して利用してみた。

「仮想通貨」強盗にお手上げ ビットコイン1億円超被害 犯罪の温床+(1/3ページ) – MSN産経ニュース

仮想通貨ビットコイン メリットとデメリットは? (THE PAGE) – Yahoo!ニュース

仮想通貨「Bitcoin」とは一体何か、どういう仕組みかが一発で分かるまとめ – GIGAZINE

コメントを残す

http://nogami1.net から https://moo-nog.ssl-lolipop.jp/blog に引越