スマートドラッグ ストラテラ

スマートドラッグ – Wikipedia

集中力高まると中高生に蔓延のスマートドラッグ、怖い副作用|NEWSポストセブン 他にも脳内伝達物質のドーパミンやセロトニンを増加させる「コリン」「チロシン」、慢性疲労やうつ病に効果があるとされる「アーカリオン」、ADHDの治療薬として使用される「ストラテラ」等が流行しており、いずれも「頭が良くなる薬」という触れ込みの元、ネット上の輸入代行業者で販売されている。

スマートドラッグでぼくらの体と心に起きたこと──米大学生「5人に1人」の使用実態|WIRED.jp

【ADHD】服用当事者が語る、ストラテラ(アトモキセチン)を普通の人が飲んではいけない理由|【ゆるたぬ】ADHDの治療薬、ストラテラ(ジェネリックはアクセプタ他、アトモキセチン)は、スマートドラッグとして個人輸入の規制対象になった。

医療用医薬品 : ストラテラ
マンガで分かる【ADHD・注意欠如多動症】4回「ADHDの原因と治療!」マンガで分かる心療内科・精神科in池袋 | ゆうメンタルクリニック池袋院~心療内科・精神科
アトモキセチン – Wikipediaアトモキセチン(英語: Atomoxetine)はノルアドレナリン再取り込み阻害剤(英語版)の一種である[1]。日本では商品名ストラテラ。日本での適応は注意欠陥多動性障害(ADHD)である。医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律における劇薬である。

知的ドーピング「スマートドラッグ」の是非|ナショジオ|NIKKEI STYLE

「脳をブーストさせるドラッグ」を利用する人が世界的に増えている – GIGAZINE

“頭をよくする薬”の現実 | 日経サイエンス こうした薬を健康な人が日常的に使用した場合,どのようなリスクがあるのだろうか。最も心配されるのは依存症だ。メチルフェニデートはアンフェタミン類似化合物で,覚醒剤としての効果はアンフェタミンよりも弱いが,乱用の危険が高い薬物だ。さらに,健康な人が服用した場合,精神機能が高まるのではなく,逆に低下する可能性もある。認知症など特定の疾患では,リスクを上回る効果が期待できるかもしれないが,治療以外の目的で安全に服用できるというデータは今のところない。

薬物乱用・依存を知ろう|特定非営利活動法人アスク薬物は、さまざまな顔を隠れみのにして近づいてくることがあります。
「成績がアップする薬」
「集中できる」
「スマートドラッグ」
「お香」
「アロマオイル」
「バスソルト」
「きれいになる」
「やせ薬」
「大人にはナイショの秘密」
「タバコの一種」

第二章 脳ドーピングの時代 ここに存在しているのは、脳科学のテクノロジーとしての応用と社会的価値観のあいだの複雑な絡み合いであり、個人の自己責任や選択の自由だけにとどまるものではない。それは、現代社会に生きる私たち全員に関わる社会問題であって、脳科学者や倫理学者の議論に任せておくことはできない。

http://nogami1.net から https://moo-nog.ssl-lolipop.jp/blog に引越