長安から北京へ

感想です。

司馬遼太郎著、中央公論社刊「長安から北京へ」、昭和51年10月10日初版。「中央公論」昭和50年10月などに掲載したもの。街道をゆく、のシリーズではなかったんだ。昭和50年(1975)年5月に井上靖氏を団長とする日本作家代表団に参加した旅行記です。これは中国で文化大革命がまだ進行中で、帰国後に周恩来、毛沢東両氏が亡くなったような時代のことです。ですから、後ほど文化大革命四人組の一人として失脚した姚文元氏が代表団の帰国間際の中国側首脳として会ったりしています。
なお、wikipediaでの四人組 (中国史)によれば、『四人組は1977年7月の10期3中全会で、党籍を永久剥奪された。続く8月の11全大会では、1966年以来11年にわたった文革の終結と四人組の犯罪が認定され、また実権派として迫害・追放されていた党員の名誉は回復されて復職した。』ということのようです。
この当時の政治と色々との間柄についての司馬氏の見方、感慨、あるいは嘆きが全編にわたって散りばめられていると思います。

それはさておき、皇帝の権威の象徴というべき圧倒的な宮殿の豪華さなど、司馬氏の感慨はあるのだけれど、圧倒されるとかのことどもばかりで、私が期待した経済的にどうの、とかの些末なことは何も触れられていないのは残念でした。しかたないので、自分なりに長城の意味を経済的に見直すとすれば、近代経済学の発想を既に持った天才が実は居て、不況対策と失業対策としてフーバーダムではなくって、長城を作った、という仮説はどんなもんでしょうかねえ。

もう一つ、司馬氏は、中国が日本に対して軍事的に脅威だ、とかの最近言われるような事柄にはきっと、そんなことはないでしょう、未だかつてそんなことはなく、これからもない、と断言されるような気がします。それよりも、広大で多様な国内の統一を図るのと、しっかり生活させるのだけで精一杯です、とね。

主題とは離れると思いますが、この時代の日本人の老年者は、当然のごとく、軍事教練の経験者で、子供の空気銃を試し打ちして、練習なしで大人げなく命中させてしまう技量を保っていた、というエピソードは、実は私にとっては驚きなのです。身体に残るんですね。ぶっそうなことでも。

井川遥の紫禁城紹介

BS朝日の「ANAスペシャル 
日中共同制作
中国の至宝・大紫禁城のすべて 500年の謎とロマンと今
9/30(土)20:00?21:55
女優・井川遥が紫禁城の謎に迫る!テレビ初公開の貴重な映像が満載!!」
を今見ました。
私たちが遭遇した、鼓楼を紹介する場面は出ていましたが、後ろ姿を取った瞬間のカットはカットされていたようで、別の場面だけ少しだけでした。残念。私たちが見た時にはスタッフも少なくて、カメラマン一人しか見えなかったし、リハーサルの所だったのかもしれません。今のカメラなどが性能向上していて、たった一人でも大丈夫なのかもしれないですが、普通ならもっと大きなカメラと音声担当、ライト担当二人、とかで取り囲んで写すような気がしています。昔そんな取材場面を見たことがあるもので。

いずれにしても、あらためてじっくり紫禁城関係と京劇関係などを見られて良かったと思います。

イノベーションとオープン

技術革新の長期戦略としてイノベーション25とやらを2025年を予測しながら策定するんだそうです。すごいな、20年先なんだって。
まあ、言葉を散りばめたら中身が出来るわけではないので、中身次第なんですけどね。こんな類のことこそ、民間にゆだねるべき事柄だろうと思われます。
仮にそれをじゃまする事柄があれば国が盾になって守るという、役割分担がいいのでは? 国が方向を予測して進むのは、どうなんでしょうか。実例として、電子政府みたいにね。
いや別に今度の総理への文句ということではなくってです。もう一つの実例にすると、米国の情報ハイウエイですね。一番実現してしまったのは、日本の孫さんでしょう。これに国が何かしましたっけ。そうそう、随分と時期は違いますけど何かしたとすると、通信自由化かな。でも本当は外圧でしたよね。
20年先なんて、特に技術進歩の話しは、誰が分かるんでしょう。分かるという人がいたら、それは占い師でしょう。分かった、退陣した学者さんに代わって占い師が出るんだ。と、これが今日の占いでした。

両替

今回は幾つかの方法で両替しました。それぞれの為替のレートを詳細に記録してくれば良かったのですが、そこまではしてません。
一つは、国内での成田空港出国の荷物預け出口近くの地方銀行窓口ですが、多分、これが一番レートが悪かったかなという印象です。まあ、ごく少額だけ両替しました。係りの人に聞いてもレートをなかなか教えてくれないところが、うさんんくさかったな。日本なのに。
次が、ホテル内での両替窓口です。これも結構レートが悪い印象です。でも夜遅くまででもOKなのは助かりました。
それと、海外でも使えるキャッシュカードでの元の引き出しです。多分レートだけでは悪くないですが、一回100円だったか手数料がかかります。中国銀行のATMは一杯在ったので、場所が分かれば便利かな。ところが、これも事前の調べでないと、現地に入ってから地図を見るのは結構大変なのです。地図での表記が簡体字の関係で、読み方が分からないので、英語表記での検索が出来ず、地図だけでは極めて困難なのです。ガイドさんに聞くしかない。今回はたまたま絹の店の一階が中国銀行で、建物の端っこにATMがあるのです。それも道路から結構離れるのではありますが、安全のためなのか外から丸見えの場所なのです。使い方に戸惑っていると、ガイドさんが係りの人を連れてきてくれ、何とかなりました。もし使うなら、空港のATMを事前に調べておくと良いのかもしれません。空港では英語の説明もあるかもね。簡体字の説明は、何もないのと一緒です。
最後がクレジットカードです。これの額とレートが今日分かりました。一番レートが良さそうなのです。一元がほぼ15円みたいです。現金を必要とする場所に行く予定がなければこれだけでほとんど済みますし、一番便利ですね。でもね、現金しか使えない市場などもなかなか良かったので、一長一短ですね。

お祝いのアイデア

今日のお祝いに何が良いかなと思いながら、お昼にオリナスを見てみたところ、二階のGeorge’sでちょとした花飾り風の飾りと、お風呂に入れて溶かすハーブの香りの花びら型のが目に付きました。バラの花束とどっちかな、とも迷いながらも、それにしてみました。小さく透明の袋に包んでもらって、こんな時には雨に濡れないで買い物ができるのは便利だなと有り難たがりながら、他にも、二階でハーブの香水セットとか、岩塩セット、三階で水晶セットなども良いかなと見ながら、オリナス四階の接続ドア経由で職場に戻ってきました。来年には、これらから選ぶかもしれません。
仕上げで帰りのヨーカドーで小さなケーキに名前を入れるのに「ちゃん」か「さん」か聞かれて、つい、さん、と応えた後、ちゃんも良かったか、と迷いながら受け取り。風雨の中を無事帰着でした。
それから中高年でお祝いをささやかに行なったのでありました。

歩くのに良い季節です、飲んだら歩こう法案

今日朝は、門仲まで、帰りは、清澄白河から歩きでした。朝はいい天気でしたが、ちょっと汗が出ました。夕方は汗も出ずでいい感じでしたが、帰ってから汗が出ました。
世の中では新政権の話しみたいですが、川端までは影響してないみたいですね。でも若いのにのんべで有名な元大臣の方が役員みたいで、何となく親しみを感じています。
でも、のんべは、車を運転しないで下さいね。まあ、運転手の方は飲まないでしょうから大丈夫か。飲んだら乗るな、で、飲んだら歩こう、です。

禁酒法、あるいは、飲んだら歩こう法案などはいかがでしょうか。もちろん、かつてのアメリカの轍を踏むのではなくって、飲酒運転が見つかったら、以後何年か禁酒、という罰を与えるのです。これには金持ちを救う抜け道を作ります。罰金として収入1年分を課すのです。収入一年分の罰金を払えば、飲むのを以後許します。収入1ヶ月分を払えば禁酒を1ヶ月で許します。もちろん飲酒運転を許すのではないです。これは、それだけ金に余裕のある人を優遇するのですが、その金を有益なこととか、飲酒運転被害者救済に回すのです。
あるいはこれに、運転免許とも組み合わせて、免許を一生返上すれば直ぐに飲酒を許します。免許を返上している期間だけ飲酒を許すのです。運転と飲酒を両立できないのなら、取り上げる、という理屈です。
いかがでしょうか。

学校見学会でした

急遽某専修学校を見学してきました。見学そのものは相当に手慣れている様子で、なかなかに行き届いた手配で、保護者の方も弁当用意しますとのお申し出だったですが途中で所用ですからと抜け出そうとしたら、ちょっとお待ち、と留められて、何かご相談があるでしょう、とお話を聞かれてしまいました。

・ミュージックの世界はやはり実力の世界ですから、学歴がどうなの、とかは重んじられないそうです。
・で、やはり実力の世界ですから、下積みを何年もやっている中でアピールして認められたら少しやらせてもらう、とかなんだそうです。
・んで、やはり実力の世界ですから、どこそこを出たとか出なかったとかは関係ないですけど、長い歴史で関係者も多数のこの学校をうまく卒業できないとなれば、もうこの世界では何なんでしょうね、とかだそうです。
・またまた、実力の世界ですから、認められたらその仕事を請け負いでやっていくのを繰り返していくみたいです。それとは同じ業界ではあっても、大会社の正社員は新卒から入るし、仕事も企画とか営業とかなのかな。それで、この学校の多くは、その請け負う仕事が大会社から来るのをもらう小さな会社に行くのかな。
・要するに、夢を追うのは大変ですね。全く違う業界でどこかの傘の下でぬくぬく、というのでも大変なストレスが有るわけだし、身体と頭がストレスに負けてはいけないし、どの業界が楽とは思えないです。その人が我慢できるか我慢しないか、が問題ではなくって、どんなことを我慢できるか、なんでしょうか。

「長安から北京へ」の地下都市とラスベガスもいいね

金曜日は飲み過ぎでした。

それはさておき、インターネットで頼んでおいた司馬遼太郎の「長安から北京へ」が古石場図書館で取り置いてくれているとメールが金曜日にあったので、借りてきました。頼んでから三日ぐらいだったでしょうか。こんなサービスを無料でしてくれるのは有り難いものですけど、区民税はしっかり払ってますからね。

この本で紹介されているのですが、長城に比するような事業として、北京市民が穴を掘って地下都市をつくってしまったんだ、との話しがあります。それもソ連の覇権に備えるのが、北方からの脅威に対抗する長城というのと似ています。「深く坑を掘り、食料を貯え、覇権を求めず」なんだそうで、「ほとんど瞬時に北京のすべての市民が地下に入りうるという」。ここらは他では出ていない話ではないかな。事実関係はどうなんでしょうか。これは長城どころでないかもね。(ちょっとだけ思い出しましたが、絹の店に行った時、地下3階地上5階だったか、地下の駐車場なのか工場なのか、変わった作り方だな、と思ったのです。こんなのが結構一般的であれば、地下都市というのもあるかな。)

ラスベガスの話しをNHKでやっていたのを見て、これは一見の価値ありと、思ってしまいました。機会があれば行ってみましょう。

タイのクーデターだって

関係ないか、というのが第一印象。もし、ドンパチがあったなら、そうも言ってられないのでしょうけど、前にもありましたよね。それで、王様に将軍がひざまずいて、終わりでしたよね。今回も静かなモノみたいだし、それはそれで良かった。でもね、いちいちクーデターでないと政権が変わらないというのも困ったモノです。折角の民主主義というのが、手間がかかって能率も悪いけど、みんながなびいてくるのは、選挙で無血で政権交代できる利点からでしょうに。まあ、日本みたいにちょっと若返っても、みんなが勝ち馬に乗ろうとして足並みを揃える傾向があるのも困りますけどね。

http://nogami1.net から https://moo-nog.ssl-lolipop.jp/blog に引越