現代パチンコ文化考とタバコ考

現代パチンコ文化考 谷岡 一郎著 ちくま新書 1998年3月20日第一刷発行 660円
パチンコマニュアル 好奇心探求隊編 総和社発行 平成12年11月30日初版第一刷発行 1500円
を古石場図書館から借りた。谷岡氏のを見に行ったのだが、もう一つはたまたまである。谷岡氏によれば、この分野には良書が多いとのこと。この業界には全くの門外漢だったので、これから読ませて頂くこととしたい。
しかし、今日もパチンコ店の前を素通りしたのであるが、何メートルも離れた所からでさえたばこのにおいが鼻につき、よくこんなのでやっている、とあきれた次第である。こびりついたヤニの悪臭があれば、とても入る気にならない。禁煙のパーラーはどこにあるのだろう。
かく言う私も約5年前までヘビースモーカーであったのだが、やめてホンの数年でかくも感覚が違ってくるとは気が付かなかった。いやはや、吸わない方には大変なご迷惑をおかけしていて、済みませんでした。共存は大変なんですな。基本的に自分は差別主義者ではないと思っているのですが、喫煙者が被差別状態となり、ある意味で虐待されるのはやむを得ないと、今は思います。
そこで、思いつきでありますが、現在のパチンコ業界の斜陽化の原因はたばこである、との仮説を立てたのであります。が、これを追求する気力はありませんので、誰か考えてくれないかな、と人頼みモードなのです。

PLUTOの感想

昨日読んだPLUTOを今日もう一度読み直した。
私なりに主題をまとめると、ロボットと人間との差別問題と、それを悲しくも乗り越えていくアトム達の勇気ということになるだろうか。
でも、そう言うと何のことか、となるだろうから、更に説明しましょう。ロボットが進歩して人間並みの感情さえ持つものとなり、かつ、それを解決するためのロボット差別撤廃法制が確立した未来世界が想定され、その先端にアトムも在るし、多数のロボットも在る、という未来状況を想定する必要がある。問題はそのロボットの中に、アトムも含めて何人かはあまりに強力なパワーを持っていることにある。それをどう使うかは、常に問題となるのだ。その結果としての悲劇もある。
仏教的感性からか、人間だけが尊いとはせず、ありとあらゆるものに命を見いだす伝統が引き継がれているとも見て良いと私は思う。草木でさえ命であれば、ロボットならいやまして、ではないか。おっと、この漫画にはそこまでは描かれていないのは認めざるを得ない。でも、良いではないですか、勝手に自分の思いを写して見ても。
いずれにせよ、未来世界であっても、状況は大きく異なったとしても、現世と異ならない人の世の憎悪とか、理解と愛情の困難、その反面の、人と命の美しさと自己犠牲の麗しさが描かれるのである。
プロットだけを原作から受け継いだと見えるかもしれないが、原作の指向した方向性を真っ向から引き継いだ作品だと、私は思う。日本の漫画の質は、しっかりと受け継がれていますよね、手塚先生。

プルートウを読んだ

手塚治虫原作の鉄腕アトム・地上最大のロボットに出てくるプルートウなどのプロットを基にした浦沢直樹の漫画だそうで、三巻目までをおみやげに持って帰ってくれたので早速読んだ。
賞をもらった作品だというのは新聞で見ていた。
感想はいずれということで、貸本屋時代からの漫画ファンの一人としてのうんちくを少し。元来の主人公アトムは原子、妹ウランもウラン元素で、このように名前に元素名を使っている。手塚治虫は、別の漫画でもギリシャ神話系統の名前を多用しているが、それは別の話。本題のPLUTOは、ギリシャ神話のプルトンで冥府(めいふ)の神が元々であるが、天体名の冥王星の名前に使われ、プルートというミッキーマウスの愛犬名にも使われた、というのは辞書的な話しである。このPLUTOを語源としてプルトニウムが命名され、プルトニウムはご存じの核爆弾とか核燃料に使われるウランからの派生物で、極めて毒性が強いとされる。原作では死に神というよりも、死に神という語源をふまえながらも、このプルトニウム由来で使われたのだろうと私は思う。

エアロソアラ到着

amazonにいつ発注したのか忘れるぐらいの春に注文していたトミーのエアロソアラが到着した。単三アルカリ乾電池を今日買ってきて試運転は良好であった。まだ飛ばす要領が掴めずにいるが、あせらず練習してみるつもりである。
機体は軽く華奢で、子供用なのだろうが、子供が居るなら触らせない方がよい。さもないと10分も持たずに壊すだろう。

近所の火事を見た

これですkaji-yoko.JPG
開けられない窓から写したのですが、室内灯が写り込んで見にくいですが、手持ちがWZero3だけでして、ここまでです。
錦糸町のオリナスタワーの15階から両国に向けて、総武線の沿線で多分錦糸町と両国の中間だと思います。サイレンを鳴らしていく多数の消防車に気が付いて見たら、最初は白煙が上がっていて、次に少し黒煙に変わりました。30分は上がっていたでしょうか。
びっくりしました。

今日は雨歩き

帰りは僅かだったですが雨。電車にするかとも思ったのですが、折角雨仕様の靴などを用意した手前、歩いたわけです。ちょっとだけ時間がかかったかな。1時間5分でした。体重の変化見られず。帰って気が付くと、Yシャツまで汗でびしょびしょ。たまらずシャワーとなった次第です。

中年ウォーカーは結構いる

今日は朝は地下鉄、帰りにフル歩き。カバンを自転車用に持っていた大きめヒップバッグに換えて、水筒を横に差し、行きはショルダースタイルとし、帰りはヒップスタイルとか「おなか」スタイルにした。歩きに伴って結構揺らせる分のエネルギーロスは望むところではないのだが、カロリー消費増でもあるので、痛しかゆし。帰り際に気づいたのだが、中年のウォーカーが結構いて、錦糸町駅までの二百メートル程度の間で、軽い服装と白髪頭とリュックサックというスタイルを、少なくとも二人確認した。私を含めると三人似たのが歩いているのは、何とも気恥ずかしい光景ではあった。ただし、おなかが出ているのは私だけのように思えた。ぼちぼちで、頑張ろうね、と自分に言い聞かせたのであった。

クールビズ用下着調達

日曜日にヨーカ堂でグンゼのYG?Xシリーズのドライメッシュ素材深めのVネックラインと称するTシャツ、ポリエステル70?、キュブラ30?というので、タイ製1050円なり。同じくボクサーブリーフ、綿60?、キュブラ30?、ポリエステル20?、タイ製840円なりを試しに一枚ずつ買った。それを付けて、今日は朝は二駅歩き、帰りは四駅、つまりフルに歩いた。少なくとも下ははっきりと快適さが違った。べたべたにひっつく感じが無い。上は、クーラーの場所では寒さが身に染みる欠点があるのだが、それは元々の温度調整失敗によるものだから、問責はできない。その結果テスト良好ということで、上二枚と下三枚を買った。加齢に伴う諸事を安穏にするには、出来る部分の配慮はあらま欲しいのである。この上下は運動後の風邪予防用新素材装備である。(はは、何となく、旅行時に備えての漢字表現訓練也。)

http://nogami1.net から https://moo-nog.ssl-lolipop.jp/blog に引越