今日のリンク

流域住民が困惑、中国のダムで激変「母なるメコン」 6000万人を育む巨大河川が危機的状況に(1/4) | JBpress(Japan Business Press) 2019年8月にタイ・バンコクで開催された東南アジア諸国連合(ASEAN)関連会議に出席したマイク・ポンペオ米国務長官は、「中国は上流でのダム建設ラッシュを通じてメコン川の流れを支配しようとしている」と警告した。
 メコン川の水位低下、水質の変化、水生植物・生物などへの影響などといった深刻なダメージが、メコンを母なる川として生活してきた流域住民の生活にまで大きな変化を与えている。その状況はポンペオ国務長官の「中国によるメコン支配」という警告が、早くも現実のものとなったことを示している。

(83) 英語のリスニングの鍵!Toの音声変化完結編《サマー先生の英語発音講座#14》 – YouTube
(83) 英語が聞き取れないのはToのせいだ!Toの4つの音声変化!《サマー先生の英語発音講座#13》 – YouTube
Gonna (ガナ) ?! 英会話ではBe going toをこう発音する!《サマー先生の英語発音講座#8》 – YouTube
(83) Want toではなく、Wanna!これを知らないと困る!《サマー先生の英語発音講座#10》 – YouTube
続きを読む

カテゴリー: リンク | コメントする

今日のリンク

桜を見る会再論 昔、東京地検に勤めていた友人から、推理ドラマはあれは嘘っぱちだという話を聴いたことがある。検察官に供述の矛盾を衝かれて、顔面蒼白となって、「もはやこれまで」と自白するのは「自分が知性的な人間である」ということにおのれの存在根拠を置いている人間だけだというのである。
「そんな人間は実はめったにいないんだよ。そんなのはね、ウチダみたいな『自分は頭がいい』と思っているやつだけなんだよ。そういうのは、落すの簡単なんだ。供述のわずかな矛盾を指摘しただけで、がたがたっと崩れちゃうから。」
自分の知性が健全に機能していないということを「切り札」にしている人間を「理詰め」で落とすことはできない。
 裁判において弁護人が被告の「心神耗弱」で無罪を勝ち取ろうとするのと同じである。
 この「愚者戦略」はこれまでのところ成功している。
 それは社会制度は世界どこでも「ふつうの人はわりと論理的にものを考える」ということを基準に設計されているからである。だから、その基準にはずれる人間については対処するマニュアルがないのである。
 これから後も首相は有罪を免れるために、あらゆる「申し開きのできない証拠」に対して、「論理的に思考できないふり、日本語がわからないふり」をしてみせるだろう。
 この成功体験が広く日本中にゆきわたった場合に、いずれ「論理的な人間」は「論理的でない人間」よりも自由度が少なく、免責事項も少ないから、生き方として「損だ」と思う人たちが出て来るだろう。
 いや、もうそういう人間が過半数に達しているから、「こういうこと」になっているのかも知れない。

EMSラベルの書き方と書ききれないときの対処法 | トリセドEMSを送る際は、EMSラベルを記入し荷物に貼り付ける必要があります。
このEMSラベルには書籍や書類を送るときのEMS書類用ラベルと、食料品や衣服など物品全般を送るときのEMS物品用ラベルの2種類があります。ご自身の送る荷物に合わせて適切な書類を入手してください。
どちらのEMSラベルも、入手方法は郵便局の窓口で直接もらうか、郵便局のHPから印刷することで入手することができます。土日祝日に直接もらいたい場合は、ゆうゆう窓口で入手することもできます。
ただし、簡易郵便局と呼ばれる、小規模な郵便局では多くの場合EMSを含めた海外郵便サービスの取り扱い自体がないため、入手できません。また、コンビニでも取り扱いはありません。
続きを読む

カテゴリー: リンク | コメントする

今日のリンク

臓器運んでいた福島県警のヘリが墜落 郡山、1人が重傷(朝日新聞デジタル) – Yahoo!ニュース 1日午前8時10分ごろ、福島県郡山市三穂田町下守屋の農地で、「ヘリコプターが墜落した」と、近くに住む女性から119番通報があった。福島県警によると、墜落したのは県警のヘリで、警察官と県警職員、医療関係者ら男性7人が搭乗していた。1人が重傷で、ほか6人は意識はあり、命に別条はないという。移植のための臓器を運搬していた。墜落場所は田んぼで、巻き込まれた人はいないという。

続きを読む

カテゴリー: リンク | コメントする

今日のリンク

政府、帰国者対応に苦慮 感染阻止策への不安顕在化 新型肺炎(時事通信) – Yahoo!ニュース 新型コロナウイルスによる肺炎が広がる中国湖北省から在留邦人が政府チャーター機で続々と帰国する中、政府が帰国者からの感染拡大をどう防ぐかに苦慮している。
新型肺炎影響、マスク注文殺到 静岡・島田の工場、フル稼働で生産急ぐ(@S[アットエス] by 静岡新聞SBS) – Yahoo!ニュース 新型コロナウイルスによる肺炎が拡大する中、マスクの国内生産で約7割のシェアを占める島田市の「サンエムパッケージ」に国内外から注文が相次いでいる。県内でも薬局やドラッグストアでマスクを買い求める客が後を絶たず、同社はフル稼働で生産を急いでいる。
伊クルーズ船内に新型ウイルス感染者か、乗客ら約7000人足止め(AFP=時事) – Yahoo!ニュース【AFP=時事】(更新)イタリアで30日、クルーズ船の中国人乗客2人が新型ウイルスに感染している恐れがあるとして隔離されたことを受けて、同船に乗っている観光客6000人以上が船内に足止めされている。
北朝鮮、最大のドル箱・対中貿易まで中断(朝鮮日報日本語版) – Yahoo!ニュース 東北3省を含む中国全域で「武漢肺炎」の感染が急速に拡大する中、北朝鮮当局は28日から中国との貿易をストップし、中国国内に駐在する北朝鮮領事館は入国ビザの発給を全面的に中断したことが29日までに分かった。制裁による経済難、通貨不足を克服するため北朝鮮としては必死の状況だが、その上中国との貿易まで中断するとなれば、これは「経済的自害行為」となる。それだけ「武漢肺炎の遮断」が緊急の課題になっているとの見方もある。
WHO、国際的な緊急事態宣言 渡航・貿易制限は勧告せず 新型肺炎(時事通信) – Yahoo!ニュース 【ベルリン時事】世界保健機関(WHO)は30日、中国を中心に拡大している新型コロナウイルス感染による肺炎について緊急委員会を開き「国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態」に当たると宣言した。

続きを読む

カテゴリー: リンク | コメントする

令和二年初メジロ

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

カテゴリー: 写真 | コメントする

今日のリンク

武漢からの帰国者 症状見られない人は警察大学校で受け入れへ | NHKニュース29日第1便で帰国した人のうち、症状が見られなかった人は千葉県勝浦市のホテルに滞在して経過観察が行われていますが、国は30日帰国する人について東京 府中市にある警察大学校で受け入れて、当面の間滞在してもらう方針を固めたことが関係者への取材で分かりました。
29日のチャーター便で帰国の3人、新型肺炎に感染(読売新聞オンライン) – Yahoo!ニュース 中国・武漢市を中心に新型コロナウイルスによる肺炎の感染が拡大している問題で、厚生労働省は30日、武漢市から29日に政府のチャーター便で帰国した日本人のうち、症状のない40歳代男性と50歳代の女性から、国立感染症研究所の検査で同ウイルスの陽性反応が出たと発表した。
 このほか、発熱の症状が見られた50歳代の男性も、感染していることが確認された。
【速報】大阪在住のバスのガイド女性 新型コロナウイルス感染確認(関西テレビ) – Yahoo!ニュース大阪市に住むツアーバスのガイドの女性が新型コロナウイルスに感染していることが確認されたことがわかりました。
大阪府によりますと、女性は28日に感染が確認された奈良県のバス運転手の男性とツアーで同行していたということです。
新型肺炎、中国本土全域で確認(共同通信) – Yahoo!ニュース 【北京共同】中国政府は30日、チベット自治区で新型肺炎の患者を確認したと発表した。中国31の省・自治区・直轄市全てで新型肺炎の患者が出たことになり、新型コロナウイルスの感染が中国本土全域に広がった。
検査待ち帰国者、千葉「勝浦ホテル三日月」が受け入れへ 医師常駐 新型肺炎(毎日新聞) – Yahoo!ニュース 県によると、ホテルには他の宿泊客は現在おらず、予約があれば他の宿泊施設を紹介している。県健康危機対策室は「受け入れは現在、症状のない人たち。周辺の住民には感染リスクが極めて低いということを理解していただきたい」としている。【秋丸生帆】
新型コロナウイルスについて知っておきたい20のこと(随時更新):日経ビジネス電子版

続きを読む

カテゴリー: リンク | コメントする

今日のリンク

Linuxとオープンソースのこれまでと展望–5つの要素にみる – ZDNet Japan Torvalds氏はかつて、「MicrosoftがLinuxアプリケーションを作ったら、私の勝ちだ」と言ったことがある。つまり、Torvalds氏は勝ったわけだ。
 それはLinuxとオープンソースの勝利でもある。今日では誰もがあらゆることにオープンソースソフトウェアを使っている。そして、これまで見てきたように、WindowsでさえLinuxやオープンソースとの親和性を高めている。2020年の物語は、Linuxとオープンソースが求められ、席巻するというものになるだろう。

続きを読む

カテゴリー: リンク | コメントする

今日のリンク

「指定感染症」閣議決定 新型肺炎、強制入院可能に 政府(時事通信) – Yahoo!ニュース
新型ウイルス、世界リスクを誤評価 WHO「高」に訂正(AFP=時事) – Yahoo!ニュース【AFP=時事】世界保健機関(WHO)は27日、中国の新型コロナウイルスが世界に及ぼすリスクを「中程度」と評価したことは誤りだったと認め、「高い」に修正したことを明らかにした。
新型ウイルス、北京で初の死者 カナダ・ドイツでも感染確認(AFP=時事) – Yahoo!ニュース【AFP=時事】(更新)中国で新型コロナウイルスへの感染が広まっている問題で、首都北京の当局は27日、同市で初の死者が出たと発表した。また同日、カナダとドイツの当局も同国で初の感染者が確認されたと発表した。
「バナナ食べると感染」急速に広がる新型肺炎のデマ(産経新聞) – Yahoo!ニュース 急速に感染が広がる新型コロナウイルスによる肺炎をめぐり、インターネット上では誤った情報や真偽が不確かな情報が飛び交っている。「患者が逃げた」などと不安をあおるような誤情報もあり、専門家は「確認が取れない情報は安易に広げないでほしい」と注意を促している。

日本語にない6つの英語の母音(無料リスニング用MP3付き)
続きを読む

カテゴリー: リンク | コメントする

今日のリンク

新型肺炎 武漢の病院で実習の日本人男性が証言 | NHKニュース当初から感染者の数は当局の発表よりもはるかに多いと感じていたということで、「報道されている数は実態より少ないのではないかと思う。私は呼吸器の部門にいなかったため詳しくはわからないが、周囲のみんなは『そんなに少ないかな』という感じだった」と話していました。
「指定感染症」に28日指定 新型肺炎、衆院予算委で首相表明(産経新聞) – Yahoo!ニュース 衆院予算委員会は27日午前、安倍晋三首相と全閣僚が出席して令和元年度補正予算案の基本的質疑を行った。首相は、新型コロナウイルスによる肺炎について、28日の閣議で「指定感染症」に指定する方針を明らかにした。指定感染症は、患者の強制的な入院や就業制限などの措置が可能となる。
28日にも武漢にチャーター便 在留日本人帰国、全日空が担当(産経新聞) – Yahoo!ニュース 安倍晋三首相は26日、新型コロナウイルスによる肺炎が発生した中国湖北省武漢市に滞在する邦人について「中国政府との調整が整い次第、チャーター機などあらゆる手段を追求して希望者全員を帰国させる」と言及した。首相公邸前で記者団に語った。政府関係者によると、チャーター機は28日にも、成田-武漢間に定期便を飛ばす全日本空輸が運航する見通し。
武漢からの邦人救出 ただそれほど簡単ではない 受け入れるということはリスクを拡大するということただミサイルなどの普通の戦争が行われている危険な地域からの救出とは違う難しさがあります。だって救出して日本に現地の日本人を受け入れるということは感染を拡大するリスクをわざわざ背負い込むことと同じなのですから。

続きを読む

カテゴリー: リンク | コメントする

今日のリンク

「組員6000人の顔写真を入手済み」警察vs.山口組「特定抗争」指定をめぐる水面下の暗闘 – 尾島 正洋 (1/2)「6代目(山口組)側の4400人と、神戸(山口組)側の1700人のほぼ全員の顔写真の画像データはすでに入手済みだ。顔写真だけですぐに、どの傘下組織のどういう役職のどの人物と特定できる体制になっている」
 さらに、今後の捜査手法について、次のように自信をのぞかせる。
「全国に捜査員を張り付かせて、5人以上で集まったかどうか、尾行や張り込みで組員の行動を細かく確認する訳には行かない。物理的に無理。しかし、『抗争事件に備えた動きがあったようだ』などとする情報に基づき、全国の主要地点に設置されている防犯カメラの画像を分析し、顔写真データと照合して5人以上で集合していた状況が確認されれば、即座に逮捕するなど強制捜査に乗り出し弱体化を図る。未設置の主要地点には防犯カメラを随時、増設していく」

わずか15分で海外の大学留学に必要な英語力を調べる方法!EFSETを受けてみた! | ドイツドットウェブ
https://go.efset.org/jp/O2LC92/
「本当に英語ができない日本人はいない。」世界最大規模の語学学校EFが掲げるミッションとは:朝日新聞デジタル※EFは東京2020オリンピック・パラリンピックオフィシャル語学トレーニングパートナーです。
受講してひどく凹んだ…オリンピックField Cast E-learningその③。 | ヒトリデ倶楽部

続きを読む

カテゴリー: リンク | コメントする