「リンク」カテゴリーアーカイブ

今日のリンク

新橋のホーム跡でクリスマスイルミネーションのお目見え。音楽が良い。076

CSSで作るシンプルかつクールなボタンサンプル「Simply-Buttons v2」:phpspot開発日誌
Simply-Buttons v2 : p51 Labs

漢字物語 – 47スクール文化勲章を受けた漢字学者の白川静さん(故人)の研究を基にして、漢字の体系的な仕組みを楽しく伝える企画です。

オリンパス、Fotopus感謝祭で「E-P2」を披露 – デジカメWatch

路地裏雑居ビルという危険信号: 大石英司の代替空港 屋内射撃場は、誰か乱射を始めた時に逃げ場もなければ、応戦しようもないですから。
 昔、中国で開放政策が始まった頃、日本人にRPGを撃たせてくれる射撃場とか流行りましたが、ある時、そこに行ったら、壁に血糊みたいなのがべっとりと付いている。これは何だ? と聞いたら、「大丈夫、昨日突然暴れ出した奴がいたけど、みんなで蜂の巣にしてやったから」みたいな話こどこでも必ずありますから。

Webアプリの入力検証不備──4つの実例とその対策 - TechTargetジャパン
 ユーザーセッションを追跡し、ユーザーの再認証を経なければ、変数を変更するだけの入力操作を許さないこと。もっと良いのは、システム変数をURLに一切入れないことだ。
 URLパラメータを含めて入力が適切に検証、フィルタリングされ、アプリケーションが想定内の入力のみを受け付けるようにすること。
 提出されるフォームをフィルタリングするか、あるいは絞り込むこと。セッション管理やWAFなどによりそうする方法はいろいろある。シンプルさを優先するのであれば、この課題は、CAPTCHAを利用して解決するのが一番簡単だ。
クロスサイトスクリプティングとSQLインジェクションは、信頼できるWeb脆弱性スキャンツールでテストすることによってのみ、(少なくとも、現実的に)発見できるWebのセキュリティ上の重大な欠陥だ。修正するには、想定されている入力だけを受け付け、それ以外は一切受け付けないようにアプリケーションをコーディングしなければならない。簡単そうだが、アプリケーションによっては明らかに複雑な作業になる。いずれにしても、取り組んでいかなければならない。

富士通研・三浦フェローにシーモア・クレイ賞 日本人2人目 – ITmedia News同賞は世界で初めてベクトル型スーパーコンピュータを開発したクレイを記念し、IEEEが1997年に制定した。06年には、NECの「SX」シリーズや地球シミュレータの開発に貢献したNEC元支配人の渡辺貞氏が受賞している。渡辺氏は現在、理化学研究所と富士通が取り組む次世代スーパーコンピュータのプロジェクトリーダーを務めている。

「2位ではだめなのか」 次世代スーパーコンピュータを「仕分け」した議論 – ITmedia News政府の行政刷新会議の13日の仕分け作業は、次世代スーパーコンピューターの開発予算に事実上の「ノー」を突きつけた。議論の方向性を決定づけたのは「(コンピューター性能で)世界一を目指す理由は何か。2位ではだめなのか」という仕分け人の発言。結局、「科学技術立国日本」を否定しかねない結論が導かれ、文科省幹部は「日本の科学技術振興政策は終わった」と吐き捨てた。

Blog vs. Media 時評 | 仕分けで科学技術ばっさりなら本格政策をにわか「仕分け人」に、十分な過去と現状への認識を持ってもらうことは無理でしょう。本格的に仕組みを変えていくしか、本質的な改善は出来ないのですから、見直す、あるいは立ち止まって考える――ことにまで文句を付けるべきではないと思います。その代わりに民主党連立政権に本格政策を早急に立案するよう迫るべきです。

URCFバーチャルリアリティ国際ワークショップ日 時 平成21年 12 月 15 日(火) 13:00~17:30(開場12:45)
場 所 内田洋行 新川オフィス2階 

広域分散ストレージをリアルタイムに統合運用管理する基盤技術を開発~ 交通渋滞や災害などの最新情報をネットワーク経由で瞬時に共有可能 ~|NICT 独立行政法人 情報通信研究機構

今日のリンク

フリーミアム.jp [FREEMIUM.jp] クリス・アンダーソン著 『フリー <無料>からお金を生みだす新戦略』1万人限定『フリー』無料閲覧URLお知らせキャンペーンの終了につきまして
<フリー版>ウェブ書籍『フリー〈無料〉からお金を生みだす新戦略』の無料閲覧キャンペーンは終了いたしました。キャンペーン期間中アンケートにお答えいただいたかたには、 Twitterのダイレクトメッセージ、またはメールアドレス宛てに無料閲覧URLをお知らせしております。このURLはアンケートにお答えいただいた PCのWebブラウザでのみ2009年12月18日(金)18:00まで閲覧可能となっております。

2TB HDDの13,980円特価が8店に増加13,980円で販売されているのは、これまで同様の日立のHDS722020ALA330。14日(土)には、TSUKUMO eX.、ツクモパソコン本店、ツクモDOS/Vパソコン館、ツクモ12号店、ソフマップ 秋葉原 リユース総合館、ソフマップ 秋葉原 本館、T-ZONE. PC DIY SHOP、ZOA 秋葉原本店が13,980円での特価販売を実施。

livedoor ニュース – BLOGOS – 警察庁長官も死因究明についてコメント – 法医学者の悩み事「東アジアにも国際警察機構必要」 警察庁長官が講演(2009.11.6 産経新聞)
 警察庁の安藤隆春長官は6日、東京都千代田区の日本記者クラブで講演し、「日本を舞台にした犯罪のグローバル化が進んでいる」と指摘。将来的に、欧州連合(EU)加盟各国が情報交換などのため、1994年に設置した欧州刑事警察機構(ユーロポール)を例に挙げ、「東アジアでも同様の組織を設置する必要がある」と述べた。
 安藤長官は、犯罪のグローバル化に対応するため、日本警察として東アジア刑事警察機構の創設や諸対策について「国際社会に向け、従来以上に積極的なイニシアチブを発揮する」との考えを示した。
 また、埼玉や鳥取で相次いでいる連続不審死事件について、「死因究明のための資機材、人員などの態勢整備に加え、今回の一連の事件の捜査結果からも今後、教訓を得ていきたい」と述べた。

今日のリンク

活かす読書 人を助けるとはどういうことか「支援関係における7つの原則」
  1. 与える側も受け入れる側も用意ができているとき、効果的な支援が生じる。
  2. 支援関係が公平なものだと見なされたとき、効果的な支援が生まれる。
  3. 支援者が適切な支援の役割を果たしているとき、効果的な支援が生まれる。
  4. あなたの言動のすべてが、人間関係の将来を決定づける介入である。
  5. 効果的な支援は純粋な問いかけとともに始まる。
  6. 問題を抱えている当事者はクライアントである。
  7. すべての答えを得ることはできない。
本書では、この7つの原則に対し、
それぞれ実践するためのコツが示されています。

Webデザイナー&ブロガーのためのフリーアイコンセット40 | CREAMU

資料:薬価を下げると薬物の効用が下がる、という厚生労働大臣発言(足を踏まないでください) / 科学ニュースあらかると

http://journal.mycom.co.jp/articles/2009/11/14/navu/index.html

NASA、月に水の存在を確認 – スラッシュドット・ジャパン光の当たらない極地には太陽系の歴史に関する重要な手がかりが残されており、また水やその他の物質は将来の月調査・開発を支える資源になるとしている。

ソースネクスト、超字幕シリーズに「ハリー・ポッターと謎のプリンス」追加:ニュース – CNET Japan今回の製品では、再生機能をバージョンアップし、DVDと同様に映像を全画面で楽しめるようになった。全画面の再生機能は、発売済みの製品にも無料で随時アップデート配布する予定という。

書籍電子化の著作権で修正和解案 日本への影響なくなる – 47NEWS(よんななニュース)【ニューヨーク共同】米インターネット検索大手グーグルや全米作家協会などは13日深夜、書籍電子化をめぐる著作権集団訴訟の和解案に関し、対象を米、英、カナダ、オーストラリアの英語圏の出版物に限定することなどを盛り込んだ修正案を発表した。このため日本の出版物はほぼ対象から外れ、影響を受けない見通しになった。

射撃場火災で日本人客7人死亡か 韓国、計10人が犠牲  – 47NEWS(よんななニュース)日本人向けの旅行サイトによると、同射撃場では従業員が日本語で応対するなど、日本人観光客に人気があった。

<資料>オバマ米大統領演説全文(英語) – 47トピックスREMARKS BY PRESIDENT BARACK OBAMA

Suntory Hall

Tokyo, Japan

10:12 A.M. JST

PRESIDENT OBAMA: Thank you so much. Arigatou. Thank you very
much. (Applause.) Good morning. It is a great honor to be in Tokyo —
the first stop on my first visit to Asia as President of the United
States. (Applause.) Thank you. It is good to be among so many of you
— Japanese and I see a few Americans here — (applause) — who work
every day to strengthen the bonds between our two countries, including
my longtime friend and our new ambassador to Japan, John Roos.
(Applause.)

It is wonderful to be back in Japan. Some of you may be aware that
when I was a young boy, my mother brought me to Kamakura, where I looked
up at that centuries-old symbol of peace and tranquility — the great
bronze Amida Buddha. And as a child, I was more focused on the matcha
ice cream. (Laughter.) And I want to thank Prime Minister Hatoyama for
sharing some of those memories with more ice cream last night at dinner.
(Laughter and applause.) Thank you very much. But I have never
forgotten the warmth and the hospitality that the Japanese people showed
a young American far from home.

And I feel that same spirit on this visit: In the gracious welcome
of Prime Minister Hatoyama. In the extraordinary honor of the meeting
with Their Imperial Majesties, the Emperor and Empress, on the 20th
anniversary of his ascension to the Chrysanthemum Throne. In the
hospitality shown by the Japanese people. And of course, I could not
come here without sending my greetings and gratitude to the citizens of
Obama, Japan. (Applause.)

Now, I am beginning my journey here for a simple reason. Since
taking office, I have worked to renew American leadership and pursue a
new era of engagement with the world based on mutual interests and
mutual respect. And our efforts in the Asia Pacific will be rooted, in
no small measure, through an enduring and revitalized alliance between
the United States and Japan.

From my very first days in office, we have worked to strengthen the
ties that bind our nations. The first foreign leader that I welcomed to
the White House was the Prime Minister of Japan, and for the first time
in nearly 50 years, the first foreign trip by an American Secretary of
State, Hillary Clinton, was to Asia, starting in Japan. (Applause.)

In two months, our alliance will mark its 50th anniversary — a
day when President Dwight Eisenhower stood next to Japan’s Prime
Minister and said that our two nations were creating “an indestructible
partnership” based on “equality and mutual understanding.”

In the half-century since, that alliance has endured as a
foundation for our security and prosperity. It has helped us become the
world’s two largest economies, with Japan emerging as America’s
second-largest trading partner outside of North America. It has evolved
as Japan has played a larger role on the world stage, and made important
contributions to stability around the world — from reconstruction in
Iraq, to combating piracy off the Horn of Africa, to assistance for the
people of Afghanistan and Pakistan — most recently through its
remarkable leadership in providing additional commitments to
international development efforts there.

Above all, our alliance has endured because it reflects our common
values — a belief in the democratic right of free people to choose
their own leaders and realize their own dreams; a belief that made
possible the election of both Prime Minister Hatoyama and myself on the
promise of change. And together, we are committed to providing a new
generation of leadership for our people and our alliance.

That is why, at this critical moment in history, the two of us have
not only reaffirmed our alliance — we’ve agreed to deepen it. We’ve
agreed to move expeditiously through a joint working group to implement
the agreement that our two governments reached on restructuring U.S.
forces in Okinawa. And as our alliance evolves and adapts for the
future, we will always strive to uphold the spirit that President
Eisenhower described long ago — a partnership of equality and mutual
respect. (Applause.)

But while our commitment to this region begins in Japan, it doesn’t
end here. The United States of America may have started as a series of
ports and cities along the Atlantic Ocean, but for generations we have
also been a nation of the Pacific. Asia and the United States are not
separated by this great ocean; we are bound by it. We are bound by our
past — by the Asian immigrants who helped build America, and the
generations of Americans in uniform who served and sacrificed to keep
this region secure and free. We are bound by our shared prosperity —
by the trade and commerce upon which millions of jobs and families
depend. And we are bound by our people — by the Asian Americans who
enrich every segment of American life, and all the people whose lives,
like our countries, are interwoven.

My own life is a part of that story. I am an American President
who was born in Hawaii and lived in Indonesia as a boy. My sister Maya
was born in Jakarta, and later married a Chinese-Canadian. My mother
spent nearly a decade working in the villages of Southeast Asia, helping
women buy a sewing machine or an education that might give them a
foothold in the world economy. So the Pacific Rim has helped shape my
view of the world.

And since that time, perhaps no region has changed as swiftly or
dramatically. Controlled economies have given way to open markets.
Dictatorships have become democracies. Living standards have risen
while poverty has plummeted. And through all these changes, the
fortunes of America and the Asia Pacific have become more closely linked
than ever before.

So I want everyone to know, and I want everybody in America to
know, that we have a stake in the future of this region, because what
happens here has a direct effect on our lives at home. This is where we
engage in much of our commerce and buy many of our goods. And this is
where we can export more of our own products and create jobs back home
in the process. This is a place where the risk of a nuclear arms race
threatens the security of the wider world, and where extremists who
defile a great religion plan attacks on both our continents. And there
can be no solution to our energy security and our climate challenge
without the rising powers and developing nations of the Asia Pacific.

To meet these common challenges, the United States looks to
strengthen old alliances and build new partnerships with the nations of
this region. To do this, we look to America’s treaty alliances with
Japan, South Korea, Australia, Thailand and the Philippines — alliances
that are not historical documents from a bygone era, but abiding
commitments to each other that are fundamental to our shared security.

These alliances continue to provide the bedrock of security and
stability that has allowed the nations and peoples of this region to
pursue opportunity and prosperity that was unimaginable at the time of
my first childhood visit to Japan. And even as American troops are
engaged in two wars around the world, our commitment to Japan’s security
and to Asia’s security is unshakeable — (applause) — and it can be
seen in our deployments throughout the region — above all, through our
young men and women in uniform, of whom I am so proud.

Now, we look to emerging nations that are poised as well to play a
larger role — both in the Asia Pacific region and the wider world;
places like Indonesia and Malaysia that have adopted democracy,
developed their economies, and tapped the great potential of their own
people.

We look to rising powers with the view that in the 21st century,
the national security and economic growth of one country need not come
at the expense of another. I know there are many who question how the
United States perceives China’s emergence. But as I have said, in an
interconnected world, power does not need to be a zero-sum game, and
nations need not fear the success of another. Cultivating spheres of
cooperation — not competing spheres of influence — will lead to
progress in the Asia Pacific. (Applause.)

Now, as with any nation, America will approach China with a focus
on our interests. And it’s precisely for this reason that it is
important to pursue pragmatic cooperation with China on issues of mutual
concern, because no one nation can meet the challenges of the 21st
century alone, and the United States and China will both be better off
when we are able to meet them together. That’s why we welcome China’s
effort to play a greater role on the world stage — a role in which
their growing economy is joined by growing responsibility. China’s
partnership has proved critical in our effort to jumpstart economic
recovery. China has promoted security and stability in Afghanistan and
Pakistan. And it is now committed to the global nonproliferation
regime, and supporting the pursuit of denuclearization of the Korean
Peninsula.

So the United States does not seek to contain China, nor does a
deeper relationship with China mean a weakening of our bilateral
alliances. On the contrary, the rise of a strong, prosperous China can
be a source of strength for the community of nations.

And so in Beijing and beyond, we will work to deepen our strategic
and economic dialogue, and improve communication between our militaries.
Of course, we will not agree on every issue, and the United States will
never waver in speaking up for the fundamental values that we hold dear
— and that includes respect for the religion and cultures of all people
— because support for human rights and human dignity is ingrained in
America. But we can move these discussions forward in a spirit of
partnership rather than rancor.

In addition to our bilateral relations, we also believe that the
growth of multilateral organizations can advance the security and
prosperity of this region. I know that the United States has been
disengaged from many of these organizations in recent years. So let me
be clear: Those days have passed. As a Asia Pacific nation, the United
States expects to be involved in the discussions that shape the future
of this region, and to participate fully in appropriate organizations as
they are established and evolve. (Applause.)

That is the work that I will begin on this trip. The Asia Pacific
Economic Cooperation forum will continue to promote regional commerce
and prosperity, and I look forward to participating in that forum this
evening. ASEAN will remain a catalyst for Southeast Asian dialogue,
cooperation and security, and I look forward to becoming the first
American President to meet with all 10 ASEAN leaders. (Applause.) And
the United States looks forward to engaging with the East Asia Summit
more formally as it plays a role in addressing the challenges of our
time.

We seek this deeper and broader engagement because we know our
collective future depends on it. And I’d like to speak for a bit about
what that future might look like, and what we must do to advance our
prosperity, our security, and our universal values and aspirations.

First, we must strengthen our economic recovery, and pursue growth
that is both balanced and sustained.

The quick, unprecedented and coordinated action taken by Asia
Pacific nations and others has averted economic catastrophe, and helped
us to begin to emerge from the worst recession in generations. And we
have taken the historic step of reforming our international economic
architecture, so that the G20 is now the premier forum for international
economic cooperation.

Now, this shift to the G20, along with the greater voice that is
being given to Asian nations in international financial institutions,
clearly demonstrates the broader, more inclusive engagement that America
seeks in the 21st century. And as a key member of the G8, Japan has and
will continue to play a leading and vital role in shaping the future of
the international financial architecture. (Applause.)

Now that we are on the brink of economic recovery, we must also
ensure that it can be sustained. We simply cannot return to the same
cycles of boom and bust that led to a global recession. We can’t follow
the same policies that led to such imbalanced growth. One of the
important lessons this recession has taught us is the limits of
depending primarily on American consumers and Asian exports to drive
growth — because when Americans found themselves too heavily in debt or
lost their jobs and were out of work, demand for Asian goods plummeted.
When demand fell sharply, exports from this region fell sharply. Since
the economies of this region are so dependent on exports, they stopped
growing. And the global recession only deepened.

So we have now reached one of those rare inflection points in
history where we have the opportunity to take a different path. And
that must begin with the G20 pledge that we made in Pittsburgh to pursue
a new strategy for balanced economic growth.

I’ll be saying more about this in Singapore, but in the United
States, this new strategy will mean that we save more and spend less,
reform our financial systems, reduce our long-term deficit and
borrowing. It will also mean a greater emphasis on exports that we can
build, produce, and sell all over the world. For America, this is a jobs
strategy. Right now, our exports support millions upon millions of
well-paying American jobs. Increasing those exports by just a small
amount has the potential to create millions more. These are jobs making
everything from wind turbines and solar panels to the technology that
you use every day.

For Asia, striking this better balance will provide an opportunity
for workers and consumers to enjoy higher standards of living that their
remarkable increases in productivity have made possible. It will allow
for greater investments in housing and infrastructure and the service
sector. And a more balanced global economy will lead to prosperity that
reaches further and deeper.

For decades, the United States has had one of the most open markets
in the world, and that openness has helped to fuel the success of so
many countries in this region and others over the last century. In this
new era, opening other markets around the globe will be critical not
just to America’s prosperity, but to the world’s, as well.

An integral part of this new strategy is working towards an
ambitious and balanced Doha agreement — not any agreement, but an
agreement that will open up markets and increase exports around the
world. We are ready to work with our Asian partners to see if we can
achieve that objective in a timely fashion — and we invite our regional
trading partners to join us at the table.

We also believe that continued integration of the economies of this
region will benefit workers, consumers, and businesses in all our
nations. Together, with our South Korean friends, we will work through
the issues necessary to move forward on a trade agreement with them.
The United States will also be engaging with the Trans-Pacific
Partnership countries with the goal of shaping a regional agreement that
will have broad-based membership and the high standards worthy of a 21st
century trade agreement.

Working in partnership, this is how we can sustain this recovery
and advance our common prosperity. But it’s not enough to pursue growth
that is balanced. We also need growth that is sustainable — for our
planet and the future generations that will live here.

Already, the United States has taken more steps to combat climate
change in 10 months than we have in our recent history — (applause) —
by embracing the latest science, by investing in new energy, by raising
efficiency standards, forging new partnerships, and engaging in
international climate negotiations. In short, America knows there is
more work to do — but we are meeting our responsibility, and will
continue to do so.

And that includes striving for success in Copenhagen. I have no
illusions that this will be easy, but the contours of a way forward are
clear. All nations must accept their responsibility. Those nations,
like my own, who have been the leading emitters must have clear
reduction targets. Developing countries will need to take substantial
actions to curb their emissions, aided by finance and technology. And
there must be transparency and accountability for domestic actions.

Each of us must do what we can to grow our economies without
endangering our planet — and we must do it together. But the good news
is that if we put the right rules and incentives in place, it will
unleash the creative power of our best scientists, engineers, and
entrepreneurs. It will lead to new jobs, new businesses, and entire new
industries. And Japan has been at the forefront on this issue. We are
looking forward to being a important partner with you as we achieve this
critical global goal. (Applause.)

Yet, even as we confront this challenge of the 21st century, we
must also redouble our efforts to meet a threat to our security that is
the legacy of the 20th century — the danger posed by nuclear weapons.

In Prague, I affirmed America’s commitment to rid the world of
nuclear weapons, and laid out a comprehensive agenda to pursue this
goal. (Applause.) I am pleased that Japan has joined us in this
effort, for no two nations on Earth know better what these weapons can
do, and together we must seek a future without them. This is fundamental
to our common security, and this is a great test of our common humanity.
Our very future hangs in the balance.

Now, let me be clear: So long as these weapons exist, the United
States will maintain a strong and effective nuclear deterrent that
guarantees the defense of our allies — including South Korea and Japan.
(Applause.)

But we must recognize that an escalating nuclear arms race in this
region would undermine decades of growth and prosperity. So we are
called upon to uphold the basic bargain of the Nuclear Non-Proliferation
Treaty — that all nations have a right to peaceful nuclear energy; that
nations with nuclear weapons have a responsibility to move toward
nuclear disarmament; and those without nuclear weapons have a
responsibility to forsake them.

Indeed, Japan serves as an example to the world that true peace and
power can be achieved by taking this path. (Applause.) For decades,
Japan has enjoyed the benefits of peaceful nuclear energy, while
rejecting nuclear arms development — and by any measure, this has
increased Japan’s security and enhanced its position.

To meet our responsibilities and to move forward with the agenda I
laid out in Prague, we have passed, with the help of Japan, a unanimous
U.N. Security Council resolution embracing this international effort.
We are pursuing a new agreement with Russia to reduce our nuclear
stockpiles. We will work to ratify and bring into force the test ban
treaty. (Applause.) And next year at our Nuclear Security Summit, we
will advance our goal of securing all the world’s vulnerable nuclear
materials within four years.

Now, as I’ve said before, strengthening the global nonproliferation
regime is not about singling out any individual nations. It’s about all
nations living up to their responsibilities. That includes the Islamic
Republic of Iran. And it includes North Korea.

For decades, North Korea has chosen a path of confrontation and
provocation, including the pursuit of nuclear weapons. It should be
clear where this path leads. We have tightened sanctions on Pyongyang.
We have passed the most sweeping U.N. Security Council resolution to
date to restrict their weapons of mass destruction activities. We will
not be cowed by threats, and we will continue to send a clear message
through our actions, and not just our words: North Korea’s refusal to
meet its international obligations will lead only to less security —
not more.

Yet there is another path that can be taken. Working in tandem
with our partners — supported by direct diplomacy — the United States
is prepared to offer North Korea a different future. Instead of an
isolation that has compounded the horrific repression of its own people,
North Korea could have a future of international integration. Instead
of gripping poverty, it could have a future of economic opportunity —
where trade and investment and tourism can offer the North Korean
people the chance at a better life. And instead of increasing
insecurity, it could have a future of greater security and respect.
This respect cannot be earned through belligerence. It must be reached
by a nation that takes its place in the international community by fully
living up to its international obligations.

So the path for North Korea to realize this future is clear: a
return to the six-party talks; upholding previous commitments, including
a return to the Nuclear Non-Proliferation Treaty; and the full and
verifiable denuclearization of the Korean Peninsula. And full
normalization with its neighbors can also only come if Japanese families
receive a full accounting of those who have been abducted. (Applause.)
These are all steps that can be taken by the North Korean government if
they are interested in improving the lives of their people and joining
the community of nations.

And as we are vigilant in confronting this challenge, we will stand
with all of our Asian partners in combating the transnational threats of
the 21st century: by rooting out the extremists who slaughter the
innocent, and stopping the piracy that threatens our sea lanes; by
enhancing our efforts to stop infectious disease, and working to end
extreme poverty in our time; and by shutting down the traffickers who
exploit women, children and migrants, and putting a stop to this scourge
of modern-day slavery once and for all. Indeed, the final area in which
we must work together is in upholding the fundamental rights and dignity
of all human beings.

The Asia Pacific region is rich with many cultures. It is marked
by extraordinary traditions and strong national histories. And time and
again, we have seen the remarkable talent and drive of the peoples of
this region in advancing human progress. Yet this much is also clear —
indigenous cultures and economic growth have not been stymied by respect
for human rights; they have been strengthened by it. Supporting human
rights provides lasting security that cannot be purchased in any other
way — that is the story that can be seen in Japan’s democracy, just as
it can be seen in America’s democracy.

The longing for liberty and dignity is a part of the story of all
peoples. For there are certain aspirations that human beings hold in
common: the freedom to speak your mind, and choose your leaders; the
ability to access information, and worship how you please; confidence in
the rule of law, and the equal administration of justice. These are not
impediments to stability, they are the cornerstones of stability. And
we will always stand on the side of those who seek these rights.

That truth, for example, guides our new approach to Burma. Despite
years of good intentions, neither sanctions by the United States nor
engagement by others succeeded in improving the lives of the Burmese
people. So we are now communicating directly with the leadership to
make it clear that existing sanctions will remain until there are
concrete steps toward democratic reform. We support a Burma that is
unified, peaceful, prosperous, and democratic. And as Burma moves in
that direction, a better relationship with the United States is
possible.

There are clear steps that must be taken — the unconditional
release of all political prisoners, including Aung San Suu Kyi; an end
to conflicts with minority groups; and a genuine dialogue between the
government, the democratic opposition and minority groups on a shared
vision for the future. That is how a government in Burma will be able to
respond to the needs of its people. That is the path that will bring
Burma true security and prosperity. (Applause.)

These are steps that the United States will take to improve
prosperity, security, and human dignity in the Asia Pacific. We will do
so through our close friendship with Japan — which will always be a
centerpiece of our efforts in the region. We will do so as a partner —
through the broader engagement that I’ve discussed today. We will do so
as a Pacific nation — with a President who was shaped in part by this
piece of the globe. And we will do so with the same sense of purpose
that has guided our ties with the Japanese people for nearly 50 years.

The story of how these ties were forged dates back to the middle of
the last century, sometime after the guns of war had quieted in the
Pacific. It was then that America’s commitment to the security and
stability of Japan, along with the Japanese peoples’ spirit of
resilience and industriousness, led to what’s been called “the Japanese
miracle” — a period of economic growth that was faster and more robust
than anything the world had seen for some time.

In the coming years and decades, this miracle would spread
throughout the region, and in a single generation the lives and fortunes
of millions were forever changed for the better. It is progress that
has been supported by a hard-earned peace, and strengthened by new
bridges of mutual understanding that have bound together the nations of
this vast and sprawling space.

But we know that there’s still work to be done — so that new
breakthroughs in science and technology can lead to jobs on both sides
of the Pacific, and security from a warming planet; so that we can
reverse the spread of deadly weapons, and — on a divided peninsula —
the people of South can be freed from fear, and those in the North can
live free from want; so that a young girl can be valued not for her body
but for her mind; and so that young people everywhere can go as far as
their talent and their drive and their choices will take them.

None of this will come easy, nor without setback or struggle. But
at this moment of renewal — in this land of miracles — history tells
us it is possible. This is the –America’s agenda. This is the purpose
of our partnership with Japan, and with the nations and peoples of this
region. And there must be no doubt: As America’s first Pacific
President, I promise you that this Pacific nation will strengthen and
sustain our leadership in this vitally important part of the world.

Thank you very much. (Applause.)

    (ホワイトハウス発表)

今日のリンク

古石場文化センターまつり – 東京都江東区の物産展 – Yahoo!地域情報 2009年11月14日~2009年11月15日
財団法人 江東区地域振興会杉山兄弟スーパーシャボン玉ショー(写真1)(古石場文化センターの窓口で10月10日午前9時から入場整理券を配布します。)や殺陣のワークショップ、各種体験教室、どなたでも楽しめるロビーコンサートなど多彩な催しをご用意し、皆さまのご来場をお待ちしております。


人を助けるとはどういうことか 本当の「協力関係」をつくる7つの原則 – 情報考学 Passion For The Future支援者の役割は3つあると著者は話す。
1 情報やサービスを提供する専門家
2 さらに突っ込んだ診断と処方まで行う医師
3 クライアントとの関係を最適化するプロセスコンサルタント
である。そして、3を上手にこなすには、双方の本当のニーズを明らかにするための問いかけが大切だという。純粋な問いかけ、診断的な問いかけ、対決的な問いかけ、プロセス指向型の問いかけの4つがある。これらのツールを使って関係性を壊さずに社会経済をバランスさせることが支援学の秘訣なのだ。

次世代スパコン開発事業、限りなく予算計上見送りに近い予算縮減に – スラッシュドット・ジャパン。NEC、日立が離脱し、富士通主導のスカラー単独となって何とか命脈をつないでいた次世代スパコン事業であるが、予算縮減という一番きついダメ押しをくらったようだ。これでほぼ京速計算機はしばらく不可能になったということだろう。「1位でなければ駄目なのか」、「国民生活にどう役立つのかが分かりにくい」という仕分け人の意見から推測すると、科研費あたりも相当削られる可能性がありそうだ。

パスワード管理の秘策は? – スラッシュドット・ジャパン

Googleの新言語「Go」、10年前に同じ名前の言語が開発されていた? – スラッシュドット・ジャパン

Inter BEE Online11月18日(水)~20日(金) 幕張メッセ

2009国際ロボット展2009年(平成21年)11月25日(水)~11月28日(土)
会場 東京ビッグサイト
開催時間 午前10時~午後5時(最終日は午後4時30分まで)
入場料 一般:1,000円  学生・団体(15名以上):500円 ※事前登録者および招待券持参者は無料

計測展2009 TOKYO|開催概要2009年11月18日(水)~11月20日(金) 3日間 (10:00~17:00)
東京ビッグサイト(有明・東京国際展示場) 西ホール
1,000円(消費税込み)
※事前登録者・招待券持参者は無料

事業仕分けという人民裁判 – 池田信夫 blog特に問題なのは、どういう政策を廃止するのかという戦略もなく、何が無駄なのかという基準も決めずに、いきなり個別の事業仕分けをやっていることだ。これは先日の記事でも郵政省の元高官が指摘したように、ソフトウェアの設計を決めないでデバッグをやるようなもので、問題点を論理的に洗い出せないので、多数決でバグを決めるという乱暴な結果になる。当然、各官庁は「本番」の査定までに財務省に「復活折衝」をやるだろうから、最終判断は主計官がやることになる。

秀逸なWEBデザインの注目すべき細部デザイン色々:phpspot開発日誌

三重県沖、フェリーから救助要請 乗客7人は全員救助 – 47NEWS(よんななニュース)乗員21人は依然船内に残っている。

日米のエネルギー共同文書判明 次世代送電網開発で連携 – 47NEWS(よんななニュース)文書案は、米ハワイ州と沖縄県で次世代送電網の共同研究に着手すると明記。両国の政府系研究機関による最先端の環境・エネルギー技術開発の協力加速を盛りこんだ。
 原子力分野では「平和利用の世界的な拡大」を強調。核燃料サイクル技術の向上、耐震性に優れた原発開発などで協力を強化する。
 電気自動車などの次世代自動車の共同研究開発拡大や二酸化炭素(CO2)の回収、貯蔵技術の開発でも協力する。

警察に通報があだ、取引停止も 市橋容疑者勤務の建設会社 – 47NEWS(よんななニュース)建設会社関係者によると「社員の身元もきちんと調べない会社とは取引できない」と契約解除を通告される例が続いた。この関係者は「通報すれば、取引停止もあるだろうと事前に話し合った。だが社会人の義務として通報した」と打ち明ける。

福島民報:福島県の新聞社=福島民報社のニュースサイト|福島のニュース犬が不明児童を発見 出動から3分で

秘書が弘前市長に傘差し伴走/Web東奥・ニュース20091111200208市長は「あくまで善意の行為。私は傘など不要と言った」と強調したが、自らの参加は公務でないと説明する一方、秘書の伴走を公務と考えているか否かは明言しなかった。

英語で言えた! : 47スクール – 47NEWS(よんななニュース)
英語で言えた!(31)居場所と出番のある社会  : 47スクール – 47NEWS(よんななニュース)「一人ひとりが「居場所と出番」を見いだせる(略)日本を実現するため全力で取り組む」
“I will…(dedicate) all my strength to bringing about a Japanese society…in which each person can discover a “place he or she belongs” and his or her own “role to play.”

「オリンパス・ペンE-P2」が国内で正式発表 – デジカメWatchオリンパス、「E-P2」「E-P1」の購入でオリジナルグッズなどをプレゼント – デジカメWatchオリンパス、「E-P2」をオリンパスプラザで先行展示 – デジカメWatchなお、11月14日に限り土曜日もショールームおよびギャラリーを開館する。
E-P2は、オリンパスが12日に発表したマイクロフォーサーズ機。4/3型有効1,230 万画素ハイスピードLive MOSセンサー、約23万ドットの3型液晶モニターを搭載。別売で視野率100%、約144万ドットの外付けEVFを用意する。店頭予想価格は、「M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6」を同梱した「オリンパス・ペンE-P2レンズキット」が11万5,000円前後、「M.ZUIKO DIGITAL 17mm F2.8」が付属する「オリンパス・ペンE-P2パンケーキキット」が12万5,000円前後、ボディのみが10万5,000円前後の見込み。

今のウィルコムだから作れた大胆すぎるスマートフォン「HYBRID W-ZERO3」 モバイル-最新ニュース:IT-PLUS 誰もが満足できるスマートフォンを実現するため、初期のW-ZERO3シリーズユーザーから要望の声があったブルートゥースやGPS(全地球測位システム)にも対応した。500万画素のカメラも実装した。
 気になる月額料金は後日発表となる予定だが、「既存のW-ZERO3シリーズを使っているユーザーが乗り換えても高くはならない設定にする」(須永氏)という。つまり、PHSとW-CDMAの両方を使っても、単純に2つの料金プランの合算とはならないようだ。

カシオ、ゴルフのスイングチェックができるデジカメ – デジカメWatchEX-FS10は、ハイスピード撮影を利用した滑らかなスローモーション再生機能を搭載している。一例として、210fpsで録画すれば、1秒間撮影した動画を7秒間に引き伸ばして再生できる。

キヤノンギャラリー、山本弘之写真展「食彩」 – デジカメWatch * 会場:キヤノンギャラリー銀座
* 住所:東京都中央区銀座3-9-7 トレランス銀座ビルディング1階
* 会期:2009年11月19日~11月25日
* 開館時間:10時~19時(最終日15時まで)
* 休館日:日曜、祝日
* 入場料:無料

mixiでスパムコメント出回る、感染でログイン情報盗まれる恐れ -INTERNET Watchミクシィによれば、投稿されたURLをクリックするか、リンク先でダウンロードしたファイルを開くと、オンラインゲームや「mixi」のログインメールアドレス・パスワードの情報を盗むトロイの木馬に感染する可能性もあるという。

12日間で100万PV突破。漫画でニュースを配信する「漫画の新聞」 -BB Watch

窓の杜 – 【REVIEW】初心者にもお勧めのスクリプト言語“Perl”向け統合開発環境「Padre」

http://journal.mycom.co.jp/articles/2009/11/13/teeth/index.html

http://journal.mycom.co.jp/news/2009/11/13/012/index.html

金融危機は過ぎ去った=米著名投資家バフェット氏 | Reuters [ニューヨーク 12日 ロイター] 米著名投資家のウォーレン・バフェット氏は12日、米経済の苦闘は続いているものの、昨年世界を揺るがした金融危機は過去のことになったとの見解を示した。

米中活況の陰でたそがれの日本株、リスクマネーは米大型株へ | Reuters[東京 12日 ロイター]  米株式市場は連日の年初来高値更新、中国株式市場も堅調地合いが続くなか、日本株の「一人負け」が顕著になっている。

ソマリアの海賊が新たに2隻乗っ取り、人質は計230人余に | ワールド | Reuters

PHPとFlex作法の違いをずばり解説(1/2) ─ @IT

LOOX Cのスペックはどの程度なのか

グーグルの新プログラミング言語「Go」–精鋭チームが切り開く新たな可能性:スペシャルレポート – CNET Japan

エグゼモード、最大50倍ズームを備えたフルHDビデオカメラ「YASHICA ADV-1025HD」:ニュース – CNET Japan

歩行者用信号機手動「青」化装置向け電子タグへの、現時点での疑問:電子政府パブリックコメントの抜粋 – CNET Japan

クリス・アンダーソン氏著書『フリー』全文を発売前に無料公開:ニュース – CNET Japan

今日のリンク

銀座ミキモトでクリスマス飾りがお目見えでした。
091112-180831[1]

経済学で「正しい選択」を行うことは可能なのか?――経済学の最先端「マーケットデザイン」に刮目せよ! | 若手学者が激論する!-経済学・政治学・社会学のコラボレーションで日本を変える | ダイヤモンド・オンラインゲーム理論の立役者は、アカデミー賞映画『ビューティフルマインド』でもおなじみのジョン・F・ナッシュです。彼の考えた、ナッシュ均衡という概念は、ゲーム理論に革命的なインパクトをもたらしました。
 もしも、今注目している結果がナッシュ均衡ではなかったとすると、ゲームの参加者の中に少なくとも一人は、戦略を変えて今より得できる人間がいるんですね。そういった戦略を変えるインセンティブを持つ参加者がいる場合には、結果は安定的だとは言えないでしょう。
 逆に、結果がナッシュ均衡であれば、誰も自ら進んで戦略を変えようとはしないわけです。この意味でナッシュ均衡は、社会で実現する安定状態を記述する、非常にもっともらしい概念なのですね。
安田洋祐(やすだようすけ) (yyasuda’s website)
ECONO斬り!! : オリジナル・バージョン – livedoor Blog(ブログ)【市場を創る経済学:マーケット・デザインが切り開く新地平】昨年のノーベル経済学賞受賞で注目を集めたメカニズム・デザイン理論は、既に現実の市場設計(マーケット・デザイン)に応用されている。米国での成功例や最新の研究動向を紹介すると共に、マーケット・デザインの将来性について考えたい。

表彰式問題、制裁なく厳重注意「賞金は地域貢献などに限定」/川崎フロンターレ:ローカルニュース : ニュース : カナロコ — 神奈川新聞社Jリーグの鬼武健二チェアマンは10日、ヤマザキナビスコ・カップ決勝後の表彰式で非紳士的な態度を取った1部(J1)川崎を厳重注意した。クラブ側が返上を申し出ていた準優勝賞金は受理せず、使途を地域貢献などに限定するよう指示した。

http://journal.mycom.co.jp/news/2009/11/11/039/index.html

【武蔵野電波のプロトタイパーズ】第22回「プロ並み写真をすぐ撮れるLEDライトセイバー」ともあれ、少しの工作で作れるLEDライトセイバー。数度の試行錯誤で信じられないほど表現力豊かな静物写真を撮れますので、ぜひチャレンジしてみてください。 LED-1 Page

【小寺信良の週刊 Electric Zooma!】第437回:録画対応地デジチューナ「ハイビジョンロクラクSlim・NEO」 -AV Watch少なくともテレビ録画に関して、PC・IT系の技術を使った低価格の選択肢がでてきたという点では、明るい要素だといえる。

tb photo – Japan bombs CaliforniaJapanese WWII historic fighter plane bombs unmanned desert area in California.

本日11/11発表!新型スマートフォン「HYBRID W-ZERO3」・・・の動画 – WILLCOM|ウィルコム社員ブログ
ウィルコム、PHSとW-CDMAに対応したHYBRID W-ZERO3を発売–2010年1月より:モバイルチャンネル – CNET Japan
速報:ウィルコム HYBRID W-ZERO3発表、PHSとW-CDMA 両対応(※画像追加)ハードウェア面ではQWERTYキーボードがなくなり、縦スライド式のテンキーに。あまり好評とはいえなかったイルミネーションキーではなく懐かしの Xcrawlが復活しています。液晶タッチパネルは3.5型、解像度は480×854。そのほかオートフォーカス・手ぶれ補正つき500万画素カメラ、 Bluetooth、IEEE802.11b/g、GPS、赤外線通信、microSDカードスロットと、さすがにゴージャス。用途不明の「モーションセンサー」なる表記もあります。CPUはQualcomm MSM7200A ARM11(528MHz)。

三洋電機、ハンディ電源「eneloop stick booster」–eneloop2本を利用:ニュース – CNET Japan三洋電機は11月11日、単3形充電池「eneloop」2本を利用したハンディ電源「eneloop stick booster」を発表した。USB経由で携帯電話やオーディオプレーヤーなどを外出先でも充電できる。発売は12月1日から。価格はオープンだが、店頭想定価格は2000円前後となる。

簡易型緊急通報装置「シルバーホンあんしんS V(エスファイブ)」の販売開始について ~ 初めてひかり電話に対応した緊急通報装置 ~本商品は本体の「非常」ボタンを押すだけで、あらかじめ登録した最大9か所へ順次自動通報できる簡易型の緊急通報装置です。高齢者や介護を必要とされる方のご自宅へ設置いただくことにより、非常時に簡単な操作で家族の携帯電話や任意に設定した緊急通報先(自治体の相談センタ等)に通報することが可能です。

NTTアイティ ダイジェスト映像生成システム「EasyDigest」を販売開始ダイジェスト映像生成システム「EasyDigest」 ソフトウエア価格 340万円~

ASCII.jp:「使えない電子政府」の責任はどこにあるのか|池田信夫の「サイバーリバタリアン」各省庁にCIO(最高情報責任者)が置かれるようになった。それなのに「全体の2割が利用率1%」という状態になるのはなぜなのか。
民主党はマニフェストで「所得の把握を確実に行うために、税と社会保障制度共通の番号制度を導入する」と公約しているので、これを早急に実施し、システムを統一することが第一歩だ。その場合、新規に番号を振る必要はなく、現在の住基データを使えばよい。また各省庁のレガシーシステムは捨てて官邸主導でPC ベースのオープンシステムに切り替え、ERP(統合型情報システム)で統一すべきだ。

ASCII.jp:横浜立てこもり事件、Twitterで中継|まなめの「週刊Twitterなう!」なお、事件を実況している裏で、もうひとつの小さな事件が起こっていた。Twitterではフォローをメールで知らせてくれる機能があり、彼女はケータイのアドレスを設定していたため、実況中の数十分で100通以上のメールが届いていたのだ。「フォローしましたメールがたてつづけに飛んできて写真がUPできないのよおお」「フォローメールがスパム状態」と悲鳴をあげ、肝心の中継ができない状態になっていたという。

米グーグル、データ保存サービスを大幅値下げ インターネット-最新ニュース:IT-PLUS20ギガ(ギガは10億)バイトのデータを年間5ドルからの料金でグーグルのデータセンターに保存できる。

出版社50社100誌、雑誌デジタル化の実験 10年1月から インターネット-最新ニュース:IT-PLUS同日、都内で「雑誌コンテンツデジタル推進コンソーシアム」の総会を開き、実験の名称は「parara(パララ)」とした。出版社が提供する雑誌コンテンツは「週刊現代」(講談社)や「MORE」(集英社)など12分野の100誌。

今日のリンク

過去の日本株回復局面が示唆 上昇局面終了のメドは来年春 | 株式市場透視眼鏡 | ダイヤモンド・オンラインこうしたファンダメンタルズの改善や海外市場の上昇を背景に、日本株もここから反転、来年春にかけて上昇を続けると予想している。

「株を守る」 | 梶井厚志 コトバの戦略的思考 | ダイヤモンド・オンライン 調べてみると、右で述べたQwerty開発に関する通説については、文字コードやキー配列の専門家からの批判がある。それによれば、バーが同時に押されると絡まって動かなくなるということはたしかに事実であるが、少なくとも、Qwertyがあえてタイプの速度を遅くするようにデザインされたという確固たる証拠はない。また、Qwertyが他の配列に比べて、はっきり劣っていることを示した客観的データも存在しないというのである(*1)。
*1安岡孝一「QWERTY配列再考」(『情報管理』Vol.48, No.2,(2005), pp. 115 -118)および、安岡孝一/安岡素子『キーボード配列QWERTYの謎』(NTT出版、2008年)。
歴史的には、こういうことらしい。ある一人の経済学者が、非効率なものにロック・インされる例としてQwertyを持ち出し、論文に書いた。例としては非常に面白いので、何人かの偉い先生方がこの例を引用した。それに続く私を含めた凡人たちが、偉い先生方の説だからとろくに調べもせずに引用し始めたものだから、いつのまにかどの本にも登場する確固たる通説になってしまった。つまり、時間や労力という費用をかけて真理を探求するよりも、通説をそのまま引用するほうが楽なため、Qwerty非効率説へのロック・インが起こったのである。してみると、株を守る態度は、学者の間にも存外蔓延しているようだ。

ユーザーの行動を分析するドコモのGPS連動サービスの可能性 | デジトレwatch | ダイヤモンド・オンラインこの機能は「リアル行動ターゲティング情報配信」といい、ユーザーごとの行動パターンの分析を、曜日や時間帯ごとに実施して、ユーザーの現在位置と進行方向によって、これから向かう場所を推定するもの。

新型インフルエンザをめぐる疑惑の数々 – livedoor ニュースところで、ここに「前橋レポート」というワクチンの業界では有名なレポートがある。このレポートによって、1990年代前半に、インフルエンザの集団接種が中止された、という経緯がある。前橋レポート:ワクチン非接種地域におけるインフルエンザ流行状況

Googleで郵便番号検索。Google マップでは多機能トイレの検索も -INTERNET Watchグーグルは9日、ウェブ検索で郵便番号検索機能を追加した。また、「Google マップ」では全国の多機能トイレの検索にも対応した。

「Internet Week 2009」の見所は? JPNICの前村昌紀氏に聞く -INTERNET Watch 「Internet Week 2009」が11月24日から11月27日までの4日間、例年通り東京・秋葉原の秋葉原コンベンションホールで開催される。

窓の杜 – 【REVIEW】透かし挿入や暗号化などの機能をもつ無償のPDF作成ソフト「Bullzip PDF Printer」印刷時に特定ファイルを結合する機能やBMP/JPEG/PNG形式などで出力する機能も搭載Bullzip.com – Free PDF Printer

知的財産権の強化は、知識の創造や蓄積を阻害するか – スラッシュドット・ジャパン * 知的財産権による知識の独占を正当化する根拠には、(1)「新たな知識を生み出すには一定の固定コストが必要」、(2)「生み出された知識は、低コストでコピーされる」という前提がある
* しかし、現実には一定の固定コストの投入で急に新知識が出現するわけではなく、(1)’「知的革新の生産量は既存の知識と労働力をパラメータとした連続関数で表わせる」である
* 前提条件を(1)から(1′)に変更すると、知的財産に対する独占権は新知識を十分に磨き上げる前に拙速に市場に投入するインセンティブを与え、研究開発活動を十分に行うインセンティブを阻害し、社会的に最適な水準よりも過少の研究開発活動しか行われない、という結論となる

電波腕時計のバグ対応 – スラッシュドット・ジャパンシチズンから電波時計ワールドタイムのソフトウェア書換のお知らせが出ている

果物に低出力レーザーでラベルを刻印 – スラッシュドット・ジャパン米国ではフロリダの一大産業であるグレープフルーツ産業での導入が期待されているという。そのうちブランドや産地だけでなく、広告などが刻印されたフルーツが見られるようになるのかもしれない。

南極観測船しらせ(初代)の行き先決定 – スラッシュドット・ジャパン引き取り手を募集していた南極観測船しらせが気象予報会社ウェザーニューズに譲渡される事が決まった(ウェザーニューズのプレスリリース)。
環境情報の発信基地「SHIRASE」として使用するほか、首都圏をカバーする小型レーダーを増設してゲリラ豪雨の予報などに使用するとの事。現時点では同社のグローバルセンターがある千葉県内の港に係留する予定で、当面は船橋港に置かれる。2代目しらせはこの11月10日に東京港を出港予定ですが、発表のタイミング狙ってたんですかね(笑)

HP vs. Cisco――対極的なデータセンター戦略 (1/3) – ITmedia エンタープライズ賭け金は高い。新世代のデータセンターの施設1カ所当たりのコストは数十万ドルから数百万ドルにも上るとみられる。この市場争奪戦では、ブランド戦略と顧客忠誠心の確立が大きなポイントになりそうだ。

冬のボーナスが過去最大減、酷寒の年末商戦に不安 – ITmedia エグゼクティブシンクタンクによる今冬のボーナス予想が出そろった。過去最低の36万円という金額に、年末商戦を迎える小売業界は戦々恐々としている。

写真で解説する「オートGPS」とiコンシェルの連携サービス – ITmedia プロフェッショナル モバイル今いる場所で役立つ情報をケータイにプッシュ配信――。こんなサービスを可能にするのが、ドコモの携帯電話向け新機能の「オートGPS」だ。

それでも9万円台:CULVでは物足りない──それなら、標準電圧版CPU+外部GPUの「HP Pavilion Notebook PC dm3i」はどう?(前編) (1/3) – ITmedia +D PC USER

NTTドコモがフェムトセルを使う新サービス「マイエリア」を発表 – ニュース:ITproドコモがユーザー宅に,ブロードバンド回線につながった「フェムトセル小型基地局」を設置して(写真)自宅専用のFOMAエリアを構築。ここを介して通信や通話ができるようにするというものだ。

基本情報技術者試験に表計算の問題は必要か? – 記者の眼:selfup危惧するのは,長年築き上げてきたITエンジニアの登竜門資格としての価値が下がることである。バランスが取れたITエンジニアの登竜門資格としては基本情報くらいしかないだけに,この資格の価値がもし下がるとしたら,非常にもったいないと思うのだ。

第4回 ユーザーの利便性を損ねない仕組みを作る – 技術に頼らないセキュリティ:ITpro
重要なのは,厳格なパスワード・ポリシーを規定すると同時に,そのポリシーの範囲でどのようにしたらうまく忘れにくいパスワードを設定できるかを,きちんとユーザーにアドバイスしてあげることです。
例えば積極的に声を掛け合うオフィス環境を作ることが解決策の一つになります。見ず知らずの人物が一人でオフィスに入室すれば,すぐにそれと分かるからです。こうした環境づくりには,まずコミュニケーションを重視し,初めて見かける人の顔と名前は早く覚えて一致させるよう従業員に奨励することが必要です。入退室時について言えば,もし自分と一緒に見知らぬ人が入室してきたら,首からさげているIDを確認するか,隣席の人に知っている人か確認するぐらいは徹底すべきでしょう。
例えば鍵をしまっておくのではなく,就業時間中は誰もが見えるところに設置し、鍵を持ち出すときには必ず他の誰かがそれを見ている仕組みを作ります。
セキュリティと言うと,どうしてもルールを厳しくすることや,IT面で制御することを考えがちですが,少し視点や発想を変えるだけでもセキュリティは高められます。職場のリーダーやマネージャーの方々は,ぜひ,こうした取り組みを考えてほしいところです。

第28回 温暖化のウソとホント – 環境思想で考える:ITpro温暖化対策も,それのみに焦点を当てるのではなく,大きな枠組みの中の諸政策が,自ずと温暖化を抑止する方向をとるのであれば間違いないのである。温暖化なのか温暖期なのか,主要因は二酸化炭素なのか否かといった点で意見が分かれても,大規模発電で化石燃料を燃やすことが良くないことでは,ほとんどの人の意見は一致するだろう。ならば,二酸化炭素を減らすことを主目的にするのではなく,自然エネルギーの効率的利用を主目的にして,その副次的効果として二酸化炭素の排出量を減らす方策を取ればよいのである。

仮想環境「XPモード」に過度な期待は禁物 Windows 7講座(3) PC&デジタルカメラ-最新ニュース:IT-PLUSXP対応の特殊な業務ソフトをやむを得ず使い続ける必要があるといったケースを除けば、日常的にWindows XPモードを使うのは現実的ではないだろう。

市橋容疑者逮捕 懸賞金1000万円支払い 警察庁初適用(毎日新聞) – Yahoo!ニュース1000万円の支払先を巡っては、最終的に大阪市内のフェリー乗り場で「似た男がいる」と大阪府警に110番した人物のほか、▽1年2カ月間の潜伏先だったことを通報した大阪府茨木市の土木会社関係者▽整形手術をしたことを通報した名古屋市中村区のクリニック--などが対象となるとみられる。

今日のリンク

NIKKEI NET(日経ネット):社会ニュース-内外の事件・事故や社会問題から話題のニュースまで男性喫煙率、最低の36% 肥満は5年ぶり減、厚労省調査

NIKKEI NET(日経ネット):社会ニュース-内外の事件・事故や社会問題から話題のニュースまで米大統領来日控え警戒 警視庁、最大1万6000人動員

アゴラ : 後悔を最小化する人生 – 池田信夫80歳になったとき「あのとき起業しておけばよかった」と後悔しないように人生を選ぶというのは、行動ファイナンス理論と合わないようにみえますが、これは短期的な決定か長期的な決定かの違いでしょう。目先の判断では人々は失敗を恐れるが、そういうリスク回避的な人生を続けていると、年をとってから後悔することになる。マーク・トゥウェインもこう言っています:「20年たてば、したことよりもしなかったことを嘆くようになる」

http://journal.mycom.co.jp/articles/2009/11/09/gf1ep12/index.html

日経平均が続伸、精密機器に積極的な買い | ビジネスニュース | Reuters東京株式市場で日経平均は続伸し、9900円を回復した。前日の米株高を受け、東京市場も幅広く買われている。オリンパス(7733.T: 株価, ニュース, レポート)やニコン(7731.T: 株価, ニュース, レポート)など精密機器に積極的な買いが入っている。

地デジ専用B-CASカードのユーザー登録制度を廃止 – ITmedia News地上デジタル放送専用B-CASカード「青カード」のユーザー登録制度が廃止される。3波共用受信機用「赤カード」の登録制は続ける。

日経BP知財Awareness -日高賢治の中国知財最前線-第6回 特許庁が進める50年ぶりの大改革-迫られる日本の知財への「本気度」米国でのやくざまがいの言いがかり的な侵害訴訟,韓国への先端技術の流出,中国によるおびただしい数の模倣品被害の問題解決こそ,日本産業界の最大の課題ではないか。生き残りをかけたグローバルな市場の現実は,倫理や道徳のないルールを無視した行為はあまた存在しても,「友愛精神」などありえないと考えるべきだ。日本企業の最大の経営資源である知財を世界でしっかりと保護するためには,「濫用」と「盗用」を決して許さない知財制度の確立が求められる。

経産省の「アイディアボックス」を他省庁も含めて本格導入してほしい – 記者の眼:ITproまずはこのサイトを訪ねていただき(URLはhttp://www.open-meti.go.jp/)、ウェブページ上部にある「アイディア一覧」というタブをクリックして、どのような仕組みであるのかを確認していただきたい。

秋はシステム障害の季節か:ITpro先ほど、システム障害の情報を共有する仕組みが整備されていないと書いたが、実は少しずつではあるが、情報共有の動きが出てきている。日本情報システム・ユーザー協会(JUAS)と情報処理推進機構(IPA)、経済産業省が協力して進める「重要インフラ情報システム」の信頼性向上に向けた取り組みだ。重要インフラ情報システムとは、銀行のオンラインシステムや証券取引所のシステム、交通機関のシステムなど社会インフラシステムを指す。

行動経済学 とは – 知っておきたいIT経営用語:ITpro「人は必ずしも合理的に物事を判断して行動するわけではない」という前提に基づいて消費者心理を分析し、人の購買行動や意思決定を研究する学問のこと。

今日のリンク

livedoor ニュース – BLOGOS – 速水健朗「観光立国の活路はどこにある?」 – ビジスタニュース彼らが行く場所はショッピングモールである。件のガイドには、ららぽーとに始まり、はては東京を離れ、栃木や御殿場のアウトレットモールへの行き方がていねいに示されている。しかも、御殿場まで行かせるくせに、「近くに富士山があるよ」とすら書いていないあたりが本気である(笑)。

国際競争力を落とした日本のエレクトロニクス産業の明日 | シリコンバレーで考える 安藤茂彌 | ダイヤモンド・オンライン 「最近の若者には後進国で一旗揚げようといったガッツのある若者が少なくなってきた」という経営者の声を聞く。「苦労しても同じ給料なら誰も希望しない」。苦労を買って出る者には大きく報いなくてはならない。海外市場を開拓する「サムライ」には社長の2倍の給料を払ったらどうだ。そして成功したらドカンとボーナスをだしたらどうだ。グローバル競争時代には、大胆な経営手法を取り入れなければ「生き残り」は難しいように思う。

OSは変わった:ITproつまりクラウド時代においてアプリケーションが実行される場は、グーグルやマイクロソフトが運営するデータセンターであり、パソコンや携帯電話機、テレビといったクライアントは、アプリケーションの実行結果を表示する画面(スクリーン)なのだと、あのマイクロソフトのバルマー氏が言うのだ。

TLSとSSLにゼロデイ脆弱性–セキュリティ研究家が明らかに:ニュース – CNET Japan

生態系壊す秋芳洞の照明、LED化で“緑化”対策 – ITmedia News国内最大のカルスト台地「秋吉台」の地下で、幻想的な世界を織りなす大規模な鍾乳洞「秋芳洞」(山口県美祢市)。学術的価値の高さから国特別天然記念物に指定される一方、中国地方屈指の集客力を誇る観光資源でもある。しかし、この名勝で深刻な問題になっているのが洞内の“緑化”。観光用の照明が、本来存在しない植物を育ててしまっているのだという。「環境」と「観光」という一見、相反する命題に悩んできた地元・美祢市は今年度、洞内の照明を“エコの光”として注目されるLED(発光ダイオード)に全面的に切り替える事業に着手する。(山口支局 小林宏之)

スモールビジネスに必須の「情報セキュリティ対策10カ条」 - TechTargetジャパン情報セキュリティプログラムに「絶対に必要な」10カ条
1. ウイルス、スパイウェアなどの悪質なコードによる損害から情報、システム、ネットワークを守る
2. インターネット接続にセキュリティを掛ける
3. 会社の全システムにファイアウォールソフトをインストールし実行する
4. OSとアプリケーションにパッチを当てる
5. 大切な会社のデータ/情報はバックアップを取る
6. コンピュータとネットワークコンポーネントへのアクセスを物理的にコントロールする
7. 無線アクセスポイントとネットワークにセキュリティをかける
8. 基本的なセキュリティの原則について従業員に教える
9. 業務用コンピュータと業務用アプリケーションは、各従業員に個別のユーザーアカウントを割り当てる
10. 従業員によるデータと情報へのアクセスを制限し、ソフトウェアをインストールできる権限に制約を掛ける

セキュリティ問題の要因となり得るユーザー行動10態
1. 知らない相手から届いた電子メールの添付ファイルを開いたり、重要な情報を聞き出そうとする電子メールに返信する
2. 電子メールやインスタントメッセージのリンクをクリックする
3. ポップアップ画面などの手口にだまされて「OK」をクリックする
4. オンラインショッピングとオンラインバンキングを使う
5. 採用予定者の犯罪履歴などに関する身元調査を怠る
6. Webサイト閲覧
7. ソフトウェアのダウンロード
8. 必要なときに専門家の助けを求めない。サービス事業者はBetter Business Bureau、商工会議所、中小企業開発公社(Small Business Development Center)などで紹介してもらえる
9. 古いコンピュータやメディアの廃棄
10. ソーシャルエンジニアリングの手口に乗る
http://csrc.nist.gov/publications/drafts/ir-7621/draft-nistir-7621.pdf

世界で勝つ 強い日本企業のつくり方:大前研一の辛口ニッポン応援談(前編) (1/5) – ITmedia エンタープライズもっと短期的に面白い市場はインドネシアだ。極めて有望で親日的。日本企業もたくさん進出していて、成功確率もインドや中国に比べると非常に高い。人口は2億4000万人、消費も非常に活発になってきている。

ASCII.jp:PND? パソコン? クラリオン「MiND」ってナニモノだ|オレ達はPNDをとことん楽しみたいんだ!日本国内でもクルマをインターネットにつなげようという流れは出来つつあった。カーウイングス(日産)やG-BOOK(トヨタ)などの例があったが、まだユーザーの欲しがるコンテンツを作れていなかった。便利に使えるサービスにまで行っていないのが現状だった。
実質の持ち時間は1時間程度しかない。

ラジコンをネットから操作可能にする「Joker Racer R/Cサーバー」:ニュース – CNET JapanJokerWorksはブラウザからラジコンを遠隔操作できるサービス「Joker Racer」を提供している。今回発表したJoker Racer R/C サーバーはラジコン専用に開発された小型、省電力のLinuxサーバで、ラジコンに搭載されているサーボモーター、スピードコントローラーと市販のウェブカメラを接続するだけで、ブラウザ上からラジコンを操作できるようにするもの。
Webブラウザからラジコンカー遠隔操作 世界初の専用サーバ – ITmedia Newsイベントなどでの利用に限り、レンタルを始める。

http://journal.mycom.co.jp/articles/2009/11/08/disaster/index.html

http://journal.mycom.co.jp/news/2009/11/09/006/index.html

自分が失敗をしたときのユーモアレトリック | 達人のテクニック失敗したときは小さな自尊心を捨てて率直、謙虚に頭を垂れることだ。それも西郷とは違って、意識的かつクールにやらなければならない。

世界のコンセント事情 – スラッシュドット・ジャパン

ニセ科学フォーラム2009、大阪にて開催 – スラッシュドット・ジャパン今年のプログラムは
* 「ニセ科学のある風景」 菊池誠(大阪大学サイバーメディアセンター)
* 「教育の世界にはびこるニセ科学」 左巻健男(法政大学生命科学部)
* 「ニセ科学を巡る批判的言論における不法行為責任 名誉毀損訴訟の報告」 天羽優子(山形大学理学部)
* 「大学で扱う科学とニセ科学」 飯島玲生(大阪大学 scienthrough(学生団体))
* 「脳の迷信」 藤田一郎(大阪大学生命機能研究科)
* 全体討論

「初のiPhoneワーム」をセキュリティ企業が発見 – ITmedia Newsセキュリティ企業F-Secureは11月8日、初のiPhoneワームを発見したと報告した。

「Google Earth」の3Dモデルはすごいことになっている(第111回):深川岳志「Google探検隊」

NIKKEI NET(日経ネット):特集 新型インフルエンザ(11/6)新型インフル、全国で「警報レベル」 1医療機関の患者数33人
NIKKEI NET(日経ネット):特集 新型インフルエンザ(11/4)新型ワクチン、高齢者も1回接種で免疫 英製造元の臨床試験

http://journal.mycom.co.jp/news/2009/11/09/009/index.html

中小企業のための セキュリティツールライブラリ | キャリワカ:トレンド | nikkei BPnet 〈日経BPネット〉

文化の日に起こった「文化の問題」 | キャリワカ:ライフデザイン | nikkei BPnet 〈日経BPネット〉

MS、Visioで使える警察・消防テンプレートの無償配布を開始 -INTERNET Watch

今日のリンク

livedoor ニュース – BLOGOS – 身の回りの不審死 – 法医学者の悩み事一方、一連の事件で、解剖されていない事例が含まれていることについて、日本の警察官に感想を聞くと、「こういう事例は、状況から犯罪性が疑われないから解剖しないのも仕方がないだろう」と答えるのが普通だ。確かに、今の解剖や薬物検査などを行う法医学的な機関の貧弱ぶりを見れば、彼らの言うとおりなのだが、このままの状態を続ければ、この種の事件の見逃しはあとを絶たないだけでなく、冤罪を作り出す危険性さえある。一方では、画像診断を入れれば死因究明が改善するのではないかとの意見もあるようだが、薬物検査や病理検査を伴わない検査で、雑に遺体を扱っている限り、同じように、犯罪見逃しや冤罪発生を防ぐことはできない。総合的な法医学的診断を、一例一例で丁寧に実施できる環境を作っていかなければならない。

サンコーレアモノショップ 【USB極細なんでもマイクロスコープ】マイクロスコープなのに、遠くまで撮れて、WEB CAMERAにもなります!販売価格 12,800円(税込)
サンコーレアモノショップ 【マイクロスポーツMP3プレーヤー】わずか8グラム。世界最小&最軽量クラスのイヤホン一体型・肩耳Mp3プレーヤー! 4,980円(税込)

アフガニスタンで日本がすべきこと、やってはいけないこと – http://www.jimbo.tv/ そして、伊勢崎氏が一番やってはいけないと指摘するのが、現在日本が計画しているアフガン警察への支援だ。訓練目的で8万人の警察官の給与の半分を日本が肩代わりするというものだが、日本の資金が本当にそのような目的で使われることを責任を持って最後まで日本が確認しない限り、その資金は警察の腐敗構造の中に消えていってしまうことは必至だと伊勢崎氏は言う。
 むしろ日本が一番貢献できる分野は、テロとの戦いの名目でアフガンに侵攻したまま抜けられなくなっている米軍と米軍に支えられたカルザイ政権、そしてタリバンとの間の和解の推進ではないかと、伊勢崎氏は言う。依然としてアフガニスタン人の日本に対する国民感情は良好で、日本は欧米諸国に比べてアフガニスタンにいろいろ提案できる立場にある。実際今月末には、ノーベル平和賞受賞者のアハティサーリ・前フィンランド大統領を議長とするアフガン和平会議が東京で開催され、アフガン情勢の打開策が模索される予定だ。

インターネットで読み解く!#「また米国地方紙が廃刊、百紙が同じ運命に」 

らばQ:睡魔と戦うミーアキャット、派手にズッコケる(動画)

今日のリンク

新しくてかっこいいWordPressテーマ40 | CREAMUspeckyboyで、新しくてかっこいいWordPressテーマがたくさん紹介されています。

米国の大物経済学者が警鐘! 「世界経済危機の第二波が近づいている」 | DOL特別レポート | ダイヤモンド・オンラインまず、日本経済がなぜ今のような停滞に陥ったのか、もう一度きちんと考えるところから始めるべきだろう。金融危機のせいにするのは簡単だが、それは間違いだ。

Robot-ニュース–「東京国際航空宇宙産業展」が初開催

フォトレポート:大規模災害でも通信網を確保–ドコモと陸自が共同訓練:ニュース – CNET Japan

デルAdamo XPSは11月18日発売、17万4000円から発表によると、日本での発売日は11月18日、価格は17万4000円より。Atomベースの VAIO X (11.1インチで14mm)どころか iPhone 3GSをも凌ぐ極端な薄さを誇る一方、重量はしっかり1.44kgあったり、バッテリーが標準 2時間36分・オプションの大バッテリで最大5時間17分だったりと、徒歩で持ち歩いて電源のない場所で使ういわゆる日本的な「お仕事モバイル」用途のほうはあまり向いていないAdamoらしいバランスとなっています。

MODx Evolution 1.0.2リリース | MODx 日本公式サイト11月6日、MODx Evolution 1.0.2がリリースされました。本家版・日本語版同日リリースです。
http://code.google.com/p/modx-ja/downloads/detail?name=modx-1.0.2J.zip
日本語版ダウンロードはこちら。

なお、早速アップグレードしてみましたが、次の状況でした。
通常の、ダウンロード、解凍、上書きアップロード、/install/ の呼び出し、アップグレードで・・、それからinstallディレクトリの自動削除で、管理画面に入る、というところでした。
で、英語の管理画面になるんですね。で、ログインが失敗する。さらに、トップページも無反応。再度やって、再再度やって、まだ駄目。
ブラウザも再立ち上げ、慎重にIDとパスワード入れ、表示が崩れた管理画面が出てきました。多分ここの、日本語指定などの設定が有効になっていないと思われ、特に変更はせず日本語設定条件などが以前のままのを確認して、保存。で、やっと元通りでした。
アップグレード後の最初のところがちょっと変ですね。

FireShot :: Add-ons for Firefox
Make Link :: Add-ons for Firefox
Morning Coffee :: Add-ons for Firefox