「リンク」カテゴリーアーカイブ

今日のリンク

【PC Watch】 コンピュータ将棋が女流王将に勝利10月11日、東京大学本郷キャンパスにおいて、一般社団法人情報処理学会が開発した「トッププロ棋士に勝つ将棋プロジェクト 特製システム あから2010」と、清水市代女流王将との対局が行なわれ、コンピュータが女流王将に勝利した。
松原仁 トッププロ棋士に勝つためのコンピュータ将棋プロジェクト副委員長は、「ちょうど35年くらい前、1975年頃からコンピュータ将棋はスタートした。当初 15年間は弱いプログラムしか開発できずに、アマチュア初段にも勝つことができなかった。『一体、何のために開発をしているのか』という声も上がっていたほどで、今日、ここまで強いコンピュータ将棋が開発できたことを素直に喜びたい」と、今日の勝利以上に、プロと互角に戦うことができるようになった喜びを吐露した。

将棋プログラム「あから 2010」、女流王将に勝利序盤から慌しく駒が行き交いする中、時折あらわれるコンピュータならではの差し手に清水女流王将が長考、持ち時間を失う頃合から「あから2010」に攻めきられるという展開でした。細かい分析はこれから行われるはずですが、綺麗な囲いが残っていることからも分かるとおり「あから2010」からしてみればほぼ攻め込まれる機会のない、危なげない勝利。将棋プログラムはすでにアマチュアトップレベルにあると言われていましたが、今回の戦いでさらにその能力を証明して見せたことになります。

電動車椅子(電動車いす)電動カート・スクーターのイーコムライフ㈱~よくあるご質問1

あなたに合う電動カート|電動カート(電動車椅子)のレンタル専門店。東京都 台東区の丸大自動車

はがき通信-41号電動車イスの試乗報告

無料試乗申し込み – 電動カートのショップライダージャパン

電動カート・電動車いすの販売/レンタル専門[株式会社セリオ] 全国営業所のご案内

電動カート 専門会社 | 株式会社サイテック

スズキセニアカー ET-own (イー・タウン)今回は東京・警察博物館にて行われた「電動車いす体験コーナー」をご紹介します。

PHOTO

タウニィジョイエックス – 電動車イス | ヤマハ発動機製品サイト

電動車椅子の速度と安全性? – その他(福祉) – 教えて!goo

続きを読む 今日のリンク

今日のリンク

朝日新聞グローブ (GLOBE)|サイバー戦争:それは脅威なのかあふれる警告、正体は
世界を結び「国境なき空間」をもたらしたインターネット。そこがいま、国家の生命線を握る「戦場」として意識され始めている。「サイバー・ウォー」(Cyberwar)が現実味を帯びる時代になったのか。実体のない脅威に踊らされているのか。

Cyberwar: The meaning of Stuxnet | The EconomistA sophisticated “cyber-missile” highlights the potential—and limitations—of cyberwar
続きを読む 今日のリンク

今日のリンク

秋元康プロデュース OJS48「OJS」=「おじさん」の略。メンバーは、昨年話題となった元大阪府警刑事という異色の経歴の歌手、中谷満男とその仲間達。全員が元刑事や警察官OBという超異色のチームは、眼光鋭くも人間味溢れた男達ばかり。歌うのは、秋元康作詞・プロデュースによる感動的なメッセージソング。
「川の流れのように」や「サライ」を彷彿とさせる味わいの歌は、聴く人をホロリとさせます。これからの同窓会、冠婚葬祭の定番となる事必至の名曲です。

スポーツナビ|試合速報/詳細|日本 対 アルゼンチン -キリンチャレンジカップ2010-日本、アルゼンチンに初勝利!
続きを読む 今日のリンク

今日のリンク

鈴木、根岸氏にノーベル化学賞 有機化合物の合成法開発  – 47NEWS(よんななニュース)【ストックホルム共同】スウェーデンの王立科学アカデミーは6日、2010年のノーベル化学賞を、製薬や電子産業などの幅広い分野で使われる有機化合物の合成技術を開発した鈴木章・北海道大名誉教授(80)と、根岸英一米パデュー大特別教授(75)、リチャード・ヘック米デラウェア大名誉教授(79)の3人に授与すると発表した。

 授賞理由は「有機合成におけるパラジウム触媒クロスカップリング」。3氏は金属のパラジウムを触媒として炭素原子を結合させ、天然物と同じくらい複雑な有機化合物を簡単に作る方法をそれぞれ開発した。

 日本人の受賞は益川敏英京都大名誉教授ら4人が受賞した08年以来、2年ぶりの快挙で、化学賞では下村脩・米ボストン大名誉教授に続き計7人に、ノーベル賞全体では計18人となる。

ノーベル化学賞発表、「革新的な有機結合法を発見した」として日本人2名を含む3名が受賞 – スラッシュドット・ジャパン

Blog vs. Media 時評 | ノーベル化学賞らしい地味な研究に日本人2人 鈴木さんについては日経新聞が昨年の記事「新合成反応、30年経て脚光――有機ELや医薬、日本の技術貢献(日曜版)」を掘り起こしています。「鈴木名誉教授は、クロスカップリング反応に関して特許を出願しなかった。米国の研究者仲間からは『もったいないことをした』と指摘されるが、『当時、大学の教官が特許を出す雰囲気は全くなかったから』と振り返る」「仮に特許を出願していれば、企業はこの方法を回避する道を選んだかもしれない。『特許にしなかったので使いやすかったのでしょう』(鈴木名誉教授)。応用が広がった隠れた要因といえそうだ」
続きを読む 今日のリンク

今日のリンク

Afternoon Cafe 競争の教育=減点方式の教育は自己否定感を育てるフィンランドの教育のどこが優れていると思うかと聞かれた前出のエヴェ先生は
「先生の質が高いことと、義務教育を9年一貫制にしたことだと思う」
「義務教育を9年生の一貫教育にしたことによって、中学の段階で将来の職業に繋がる選択を迫られることがなくなり、それによって子ども達が競争に晒されることが少なくなったことも学力レベルが上がった主要因だと思う」
と答えています。
Amazon.co.jp: 受けてみたフィンランドの教育: 実川 真由, 実川 元子: 本
続きを読む 今日のリンク