nogami のすべての投稿

今日のリンク

「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?(ニューズウィーク日本版) – Yahoo!ニュース一方で米欧では、「鶏肉を洗って食中毒の原因菌を飛び散らせない」という啓発に熱心だ。これは、生肉が他の食品に接触したり、または生肉に触れた後に適切に洗わなかった調理道具や流し台などの調理場、手や服などとの接触により起きる汚染(交差汚染)への対策を重要視しているためだろう。鶏肉を洗った水が飛び散ったり、スパイス入れや生食するサラダに付着したり、というUSDA調査が想定したストーリーは、それが「よくあるケース」だからだ。

続きを読む 今日のリンク

今日のリンク

年金財政検証を公表、30年後に2割目減り(共同通信) – Yahoo!ニュース 厚生労働省は27日、公的年金の長期見通しを試算する財政検証結果を公表した。経済成長と就業が進む標準的なケースで約30年後にモデル世帯の年金は実質的に2割近く目減りする。給付水準は50%を維持し、経済成長が見込めれば制度は持続可能と示した。

続きを読む 今日のリンク

今日のリンク

GSOMIA終了が暗示する「不確実性の時代」:日経ビジネス電子版 第1に、残念ながら、日米韓の同盟・準同盟関係は既に傷付いている。「勢いと偶然と判断ミス」による政策決定が積み重なれば、とんでもない「新常態」が生まれる。そうなれば、政治指導者たちは新常態の下で再び「勢いと偶然と判断ミス」に基づく政策決定を繰り返すだろう。今こそ、各国の外交・安保の専門家は沈黙を破り、勇気を持って最高政策決定者に対し、常識的ながらも最も効果的な外交・安保政策を提言すべだろう。
 第2に、主要国の政治家が「勢いと偶然と判断ミス」による政治決断を繰り返す限り、個々の政治家の過ちをとがめたところで状況は元に戻らない。されば今後日本は、いかなる変化にも耐え得る、「直観的でなく熟慮と正確な判断」に基づいた政策の立案・実施のための新たな意思決定プロセスを作り上げ、来るべき「不確実性の時代」に備える必要がある。今回のGSOMIA事件は新時代の始まりを暗示していると見るべきだろう。
続きを読む 今日のリンク

今日のリンク

韓国大統領、教科書から「黒歴史」消してさらなる親日潰し「今年、小学校の社会の教科書から『漢江の奇跡』という文言が消えました。1960年代から1980年代の、韓国の経済成長を表わすフレーズですが、この時代を否定すれば、韓国の経済発展への歩みが理解できなくなりかねないのですが……」

与党を助けているのは、実は万年野党?!「国会という茶番劇」に、国民は飽き飽きしている【書評】 (1/2)「政局」という点では、本書で繰り返し述べられている重要なポイントが「だらしのない野党が、与党を延命させる手助けをしている」ということ。

続きを読む 今日のリンク

今日のリンク

ダイエット中でも食べたい! おいしい低糖質ピザの専門店が誕生 | MYLOHAS2019年8月8日にオープンした「SONOBON(ソノボン)」は、低糖質ピザの専門店。お店は表参道駅から徒歩5分ほど、伊藤病院とApple表参道店の間の道を抜けた先にあります。隣には神宮前三丁目児童遊園地があり、どこかのんびりした空気が漂うすてきな場所です。
「SONOBON」のピザ生地に含まれる糖質量は、1枚あたり約9g。2枚食べても18gと、糖質制限ダイエットの1食あたりの推奨量(糖質20~40g)を下回っています。
2ピースセット/マルゲリータ+お好きなピザ1種 1,404円(税込)
続きを読む 今日のリンク

今日のリンク

ベランダから見えた虹

「1日30品目食べる」が間違いだらけな理由 | 医者が教える食事術2 | ダイヤモンド・オンライン食の専門家と言われる栄養士たちでも「三大栄養素をバランスよく食べましょう」と言います。でも、これこそ不勉強な専門家が流布する「間違っている食の常識」だ。じつは多くの人は気づいていないが、厚生労働省も、かつては旗を振っていた「1日30品目食べましょう」という指針を、こっそり修正していた。今回は『医者が教える食事術2 実践バイブル』の中から、「バランスのいい食事」「1日30品目食べよ」という間違った常識について紹介する。
医者が教える食事術2 実践バイブル――20万人を診てわかった医学的に正しい食べ方70 | 牧田 善二 | 美容・ダイエット | Kindleストア | Amazon◆健康に必要なのは「知性」だ!
◆思い込み、都市伝説、企業論理に振り回されず、
◆嘘を見抜ける「食のリテラシー」を身に付ける!

続きを読む 今日のリンク

今日のリンク

東京パラリンピックのチケット抽選申し込み開始(毎日新聞) – Yahoo!ニュース申し込み手続きは五輪と同様で、事前に「ID登録」が必要。第1、第2希望を合わせて60枚まで申し込めるが、当選枚数の上限は30枚。一般チケットはA~E席の5種類あり、開閉開式は8000~15万円、競技は900~7000円。12歳以下の子供や高齢者、障害者を含むグループが対象の企画チケット(500~2020円)もある。

東京ガス|新豊洲 サマーナイトフェス 頑張る人に、いいエネルギーを。2019年8月23日(金)~24日(土) 15:00 ~ 21:00
新豊洲Brilliaランニングスタジアム前新豊洲サマーナイトフェス特設会場
続きを読む 今日のリンク

今日のリンク

「重複指紋」が採取可能に 警察庁、年内に新装置導入(共同通信) – Yahoo!ニュース 犯罪現場での指紋の採取能力を高めようと、警察庁が年内に、早稲田大などが共同開発した撮像装置「ハイパースペクトルイメージャー」を導入することが20日、分かった。複数が重なる「重複指紋」はこれまで採取できなかったが、同装置を使えば採取可能になるという。警察庁は「捜査現場での重複指紋の検出方法確立は世界的にも初めて」としており、鑑識能力の飛躍的なレベル向上が見込まれる。
早大ら,ハイパースペクトル・イメージングを用いた指紋検出装置を開発 | OPTRONICS ONLINE オプトロニクスオンライン早稲田大学,JFEテクノリサーチ,科学警察研究所は共同研究で,建物の壁や,公共交通機関などの切符の磁気面などからの指掌紋検出,また重なった指掌紋の分離検出を可能とする,光スペクトル計測技術を応用した装置「ハイパー・フォレンシック・イメージャー」を開発した(ニュースリリース)。
見えなかった指紋が浮かぶ新装置 理工・宗田研、科警研などと開発 – 早稲田大学理工学術院・宗田孝之教授(先進理工学部)は、JFEテクノリサーチ㈱と科学警察研究所との共同研究で、建物の壁や、公共交通機関などの切符の磁気面などからの指掌紋検出、また重なった指掌紋の分離検出を可能とする、光スペクトル計測技術を応用した装置「ハイパー・フォレンシック・イメージャー」を開発しました。本装置は、現場に残されたヒト由来成分、すなわち指掌紋や体液等に含まれる脂肪やたんぱく質(アミノ酸)を非破壊かつ非接触に分析することが可能であり、またスーツケース程度にコンパクトに収納できるため可搬性にも優れています。 DNA型鑑定精度が飛躍的に向上した現在でも、「万人不同、終生不変」の指掌紋は、様々な犯罪・事故現場において被疑者等の特定につながる有力な現場鑑識資料となっています。本装置は鑑識能力の質を高め、被疑者特定・検挙に大いに威力を発揮する可能性があり、ひいては犯罪者に対する抑止力という波及効果をもたらし、安全・安心な社会の実現に資することが見込まれます。また、多数の犠牲者が出る自然災害でも、本装置にさらなる改良を加えれば遺体の指紋を正確に撮像し二次元展開することができ、指紋による身元確認時間を著しく短縮できると推測されます。さらに潜在指掌紋が発する蛍光スペクトルから、印象時期を特定できる可能性も秘めており、今後の挑戦課題といえます。 本装置は2014年10月末より、科学警察研究所などとの合同実証実験を開始しています。

続きを読む 今日のリンク

今日のリンク

勝ち組が威張る同窓会も60過ぎたら「ただの人」:日経ビジネス電子版 「若い時はあっちこっちに顔を出してネットワークを広げればいいけど、健康不安が高まるミドルになったら、健康な食事や運動と同じくらい信頼できる(親密な)友人は大切だよ。でもね、60歳過ぎたらいろんなところに行って、いろんな人と会った方が健康でいられるよ」

続きを読む 今日のリンク