今日のリンク

著作権侵害物写り込む「スクショ」はOK 文化庁が転換(朝日新聞デジタル) – Yahoo!ニュース インターネット上の海賊版対策のため、ダウンロードを規制する著作権法改正について、文化庁は、著作権侵害のイラストなどが一部に写り込んだスクリーンショット(スクショ)については違法としない方針に転換した。27日、有識者会議に素案を示した。


自動ブレーキ、新型車で義務化 21年度にも 政府方針(朝日新聞デジタル) – Yahoo!ニュース 政府は、国内で販売される新車に衝突被害軽減ブレーキ(自動ブレーキ)の取り付けを義務づける方針を固めた。歩行者に反応する自動ブレーキなど、国際基準を満たす性能を求める。新型の乗用車は早ければ2021年度から、既存の車種はその数年後から義務づける方向で調整している。

「贈答と接待原則禁止」関電が年内に規定 受領問題受け(朝日新聞デジタル) – Yahoo!ニュース 関西電力の役員らが福井県高浜町の森山栄治元助役(故人)から約3億2千万円分の金品を受け取っていた問題を受け、同社は26日、今後は役員と社員が社外から贈答や接待を受けることを原則、禁止すると発表した。年内に規定をつくり、グループ会社にも通知して対応を求める。

反社会勢力、入っていたのだろうと菅氏(共同通信) – Yahoo!ニュース 菅義偉官房長官は26日の記者会見で、首相主催の「桜を見る会」に反社会的勢力が出席していたとの指摘について「出席は把握していなかったが、結果的には入ったのだろう」と述べた。

小6女児誘拐事件、子供をスマホやネットの危険から守るための管理方法は?(篠原修司) – 個人 – Yahoo!ニュース 『Twitter』側は「13歳未満が使うと危ない」ことを認識しており、その対策も(システム的にですが)取っています。
子供は言うことを守らない(ことがある)
子供がどんな遊び方をしているのか知ることが一番大事

うその110番…警官から逃げる“ハイパーゲーム” 「悪質な犯罪行為」逮捕者相次ぐ(西日本新聞) – Yahoo!ニュース ホラー映画よりスリルがある-。うその110番をして警察官から逃げ回る「ハイパーゲーム」と呼ばれる“いたずら”が、福岡市西区で少年を中心に広まっている。管轄する福岡西署では今年、虚偽とみられる110番が76件(10月末現在)発生し、9月は19件もあった。背景には、スマートフォンの普及やインターネットの動画サイトの影響があるとみられる。署は「悪質な犯罪行為」として取り締まりを強化、逮捕者も相次いでいる。

米国が抱いた最大の恐怖「内部に潜む洗脳者」:日経ビジネス電子版押井:そう、赤狩りの恐怖というか、アメリカ人が内部に入り込んだ共産主義者、洗脳された人間をどれだけ恐れたか、だよね。それはハリウッド映画にいろんな影を落としてる。

ドクター江部の糖尿病徒然日記  朝日カルチャーセンター中之島教室・糖質制限食講座のご案内です。

老後のための不動産学不動産所有は実は金食い虫ということを認識する必要があります。

人的資源(HR)の国際化が遅れる日本に喝! – WEDGE Infinity 編集部この経験から大内さんは「外国人材と働くときには、誰が見ても、仕事の良い・悪いがわかる状態を示し、自分(日本)の当たり前を捨てなければならない」と、自覚したという。

核廃絶を「夢」と書くようではだめだフランシスコ教皇は被爆地の長崎と広島から「核兵器のない世界は可能であり、必要である。核兵器は安全保障への脅威から私たちを守ってくれない」と戦争の悲惨さと核兵器使用・保有の恐怖を訴えた、と

安くて旨い最強ワインはどれだ!コンビニ・スーパーの激安ワイン11本をガチで飲み比べてみた | nomooo(ノモー) – 日本最大級のお酒専門メディアnomooo的、激安ワイングランプリ。「飲みやすさ」「コスパ」のNo.1に輝いたのは、セブンイレブンの「カップワイン」。
「フルーティさ」No.1:カルディの「レッドウッド 」
「甘さ」No.1:SEIYUの「ふくよかな果実味香る赤ワイン」
「飲みやすさ」「コスパ」「フルーティさ」の3冠!!:カルディの「レッドウッド シャルドネ」
「フルーティさ」No. 1:ローソンの「カーサスベルカソー シャルドネ」
「甘さ」No. 1:セブンイレブンの「カップワイン」

中国政府が発表「国民の2.4億人が精神疾患の患者」が呼んだ波紋(北村 豊) | 現代ビジネス | 講談社(1/4)倒れている老人を見付けても、救助した後で老人から「倒した加害者」にされて高額な医療費の負担を要求される危険を避け、老人が倒れていても救助せず、老人を放置したまま遠巻きにして眺めるだけの野次馬に徹するのが、中国で最も安全な保身術なのである。
14億人の人口中に2000万人の重症精神障害患者がいる割合は1.43%になる。すなわち、100人中に1.43人の重症精神障害患者がいる計算になる訳で、日々の生活は常に緊張を強いられることになる。
それにしても文頭に述べた小学4年生の羅希は不運であった。
犯人の馮〇華は恐らく重症の精神分裂症と鑑定されて、責任を負うことなく「医療の強制」が命じられることになろう。貧しい馮〇華の家族が民事の賠償請求に応じられるはずもなく、羅希の両親は大事な長男を殺されただけで、泣き寝入りするしかないのが現実なのではないだろうか。
それが、精神病者によって殺害されても補償を何一つ受けられないのが当たり前な中国の悲しい実態なのである。

刷り込まれた米神話、糖尿病の懸念から脱米食が拡大 インドネシア 写真4枚 国際ニュース:AFPBB News インドネシア政府は現在、数十年来の政策を転換して国民に米の消費を抑えるよう呼び掛けている。だが、消費量を世界平均水準まで引き下げるにはあと数十年かかると予想している。(c)AFP/Haeril HALIM

なぜ民主主義は「大衆による暴君への支持」に行き着くのか? – GIGAZINEプラトンの著作「ソクラテスの弁明」は、ソクラテスが自身に着せられた無実の罪に対する抗弁を聞きながらも、民衆が投票によって有罪を宣告し、その結果ソクラテスが死刑になるという物語です。トルチェッロ准教授は古代の例を挙げて、「かつてのアテナイで行われていた、『事実を軽視して、感情に訴えて他人に自分の主張を信じ込ませる』というのは今日でもよくみられます。トルコ、イギリス、ハンガリー、ブラジル、アメリカなどの民主主義国家で、国家主義的な誇りを訴えて感情をあおる『反エリート運動』の扇動工作が行われています」とコメントしました。

香港区議選:中国共産党は親中派の勝利を確信していた(今はパニック) | ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイトこの結果に中国の報道機関はパニックに陥った。なんとか中国共産党に有利なように情報操作ができないかと慌てたのだ。香港では民主派の勝利が予想されていたが、中国メディアの編集者たち(と背後の中国政府当局者たち)は、親中派の圧勝を確信していたようだ。自分たちが発信するプロパガンダに操られていたのだ。
大敗の結果を受け、考え方も変わるかもしれない。しかし今のところは、これまでの「信仰」をさらに強化する方向の報道ばかりだ。国有メディアはすべてをデモ隊と、アメリカの「選挙干渉」の責任とし、中国共産党の根深い外国スパイ恐怖症を悪化させている。いずれ誰かが詰め腹を切らされることになるのだろうが、それもきっと人違いである可能性が高い。

SDカードのファイルが削除できない | 手っ取り早く教えて2.パソコンの自動再生の設定の変更

「患者にも家族にも配慮がない」「誤解を招く」 厚労省の「人生会議」PRポスターに患者ら猛反発「人生会議」の普及啓発事業は、吉本興業に一括委託しており、今回のポスターや同時に作られた動画の画像や文言などは吉本側の提案を、課長、室長までがチェックして完成したといいます。外部の委員などには事前に見せていません。

コメントを残す