今日のリンク

「アンビエント」は日本発祥?グラミー賞2020に昭和の日本音楽がノミネート (1/2)ところでグラミー主要候補の裏で、「日本」に注目が集まっているのはご存知だろうか。過去の音源のリイシュー・再編集盤を対象にした最優秀歴史的アルバム賞の候補に「kankyo ongaku: japanese ambient, environmental & new age music 1980−1990 」という作品がノミネートされている。同コンピレーション・アルバムには、坂本龍一、久石譲、細野晴臣、清水靖晃、吉村弘、イノヤマランドといったアーティストたちが、主に1980から90年代にリリースした楽曲25曲が収められている。

Amazon | Bluetoothスピーカー ポータブルミニ ワイヤレス Bluetooth スピーカー IPX7防水防塵 耐衝撃、ラジオ機能、大音量、TWS対応/車載、風呂用、アウトドア/マイク内蔵、AUXケープルポート、USB充電、TFカード、ハイパワー | KIYEDAM | ポータブルスピーカープライム限定価格: ¥1,799
アンビエント – Wikipediaアンビエント(ambient)は、英語で「周囲の」、「環境の」という意味。
環境音楽のこと。


ドクター江部の糖尿病徒然日記  糖質制限の大百科(洋泉社)【監修】江部康二。2019年6月刊行です。2019/6/19(水)発売開始です。
おかげさまでそこそこ売れています。
『食品別糖質量ハンドブック』などと合わせて、シリーズ累計で37万部突破なので、
なかなかの売れ行きで、嬉しい限りです。

神戸事件は氷山の一角 「札付き教師」放置する教育現場の闇 (1/2) 神戸市の小学校で起きた教師間のいじめに端を発し、次々と表面化する教師による度を超えたハラスメント事件。教育現場の崩壊は目に余るレベルにまで達しているが、その背景には、次々と問題を引き起こす“札付き教師”を放置する管理者の「事なかれ主義」が横行していた。教育評論家の石川幸夫氏が、全国から寄せられた具体的な相談事例を挙げながら糾弾する。
【葛飾の小学校で起きた“授業をボイコットする教師”】
【ベテラン教師が“札つき”のパワハラ体質】
【スクールセクハラ教師を管理する副校長も“同罪”だった】
【わいせつ保育士の告発が“モンペ”扱いされる羽目に】

李栄薫氏「韓国人の自己批判書だ」 発言全文 (1/7ページ) – zakzak:夕刊フジ公式サイト 最後に、本『反日種族主義』の日本語版の出版をしていただいた文芸春秋様には感謝の気持ちを申し上げたいです。また、韓国に対するご愛情と憂慮のお気持ちでこの本を購入していただいた日本の読者の皆さまにも御礼申し上げます。以上です。

コメントを残す