今日のリンク

9時10分前を理解できない若手を生んだ日本語軽視のツケ:日経ビジネス電子版 ところが、これだけ日本語が理解できない大人が増えているのに、英語力の低さばかりに関心が集まり、揚げ句の果てに民間試験導入などどわけの分からない方向に進んでいる。
 実際には母語である日本語力の低下、具体的には語彙力の低下が背後にあり、それが英語力の低下につながっているのだ。

Global Warming Fraud Exposed In Pictures

平均年収1000万円超!局員の給料・人事を大解剖 | NHKの正体 | 特集 | 週刊東洋経済プラスまずは気になる待遇。決算資料にある総人件費を職員数で割ると、1人当たりの人件費が1098万円と算出される。これを年収と考えた場合、その水準は民放キー局より低い。

陸海空どこでも攻撃無力化…日本が「HPM武器」開発着手(中央日報日本語版) – Yahoo!ニュース日本がミサイル・無人機(ドローン)攻撃を効果的に遮断できる最先端武器、高出力マイクロ波(High Power Microwave=HPM)兵器の開発に本格的に入る。17日の産経新聞によると、日本防衛省は早ければ2021年度予算に装備開発費用を反映する方針という。開発から実戦配備までは5年ほどかかると予想される。

ガストの「1人席」はなぜ最高に仕事が捗るのか 三拍子そろった"極上"の使い心地 | PRESIDENT Online(プレジデントオンライン)筆者自身、ワークスペースとして、カフェやコワーキングスペースを利用することもあるが、最近ではガストの1人用ボックス席を利用することが増えている。もっといえば、日本屈指のヘビーユーザーではないかと自負している。「全席に電源がある」「個室で作業に集中できる」「充実したドリンクバーが飲み放題である」と三拍子そろっており、とにかく環境が抜群なのだ。
また、独身生活研究の第一人者として、テレビ・新聞・雑誌をはじめとする国内外のメディアで活躍中の荒川和久氏は自著『ソロエコノミーの襲来』の中で、「独身男性が外食に費やす費用は平均3〜4人の1家族分以上である」「全体的に食費をかけない独身女性であっても、外食費だけは1家族分以上を消費している」ことを指摘している。1人客の中で一定の割合を構成する単身世帯の消費ポテンシャルの大きさについても、1人客の取り込みを図る外食産業にとっては、無視できない要素といえるだろう。

「人類再び月へ」米計画に日本が協力…日本人飛行士の月面探査も視野に(読売新聞オンライン) – Yahoo!ニュース 月へ宇宙飛行士を送り込む米国の探査計画「アルテミス計画」について、日本政府は先月、正式に参加を表明した。実現すればアポロ計画以来の歴史的な出来事となるこの計画に、日本は物資補給などの得意分野で貢献する方針だ。宇宙開発での技術向上を目指すとともに、将来は日本人宇宙飛行士が月面探査に加わることも視野に入れている。(冨山優介)

【特集】“木“から車ができた!?環境に優しい『セルロースナノファイバー』がすごい 鉄の5倍の強度で重さは5分の1(MBSニュース) – Yahoo!ニュース2019年の東京モーターショーに出展され注目を集めたあるスーパーカー。実はこの車のボディは“木”でできています。といっても、木材をそのまま使ったわけではなく、木を使った「新素材」で、その強度は鉄の5倍以上とも言われていて、しかも5分の1の軽さです。この素材が我々の生活を大きく変えるかもしれません。

地球生命誕生の材料か 隕石から「糖」を初めて検出(朝日新聞デジタル) – Yahoo!ニュース この糖は「リボース」と呼ばれる物質。豪州などで見つかった隕石を粉砕し、特殊な方法で気体にして成分を分析したところ、見つかった。地球の生物由来の糖とは炭素の同位体の割合などが違っており、隕石が地球に落下してから混ざったのではなく、もともと隕石内にあって宇宙から飛来したと考えられるという。

「浮いた家具」避難阻んだか…1階浸水死者の半数、2階建て住まい(読売新聞オンライン) – Yahoo!ニュース 水難学会会長の斎藤秀俊・長岡技術科学大教授は「木製や内部が空洞の家具は少しの浸水でも浮いて動き回る」と、倒れた家具などで2階への避難が妨げられた可能性を指摘する。迅速な行動が困難な就寝時間帯に起きるなど、複数の要因が重なって被害が拡大したとみられる。
 斎藤教授は、避難所への早めの避難が大原則としつつ、「高い所に逃げることで命を守れる可能性が広がる」としている。

NTTのAI、センター試験の英語筆記で偏差値64突破 “試験対策”に工夫 「東ロボ」プロジェクトの一環(ITmedia NEWS) – Yahoo!ニュース 同社は、NTTグループのAI関連技術「corevo」の研究と、国立情報学研究所(NII)が主導する「ロボットは東大に入れるか」(東ロボ)プロジェクトの一環として、センター試験の英語筆記本試験にAIで挑んだ。過去3年分の本試験と追試験でも、偏差値60以上を安定して上回ったという。16年に行った模擬試験では200点中95点(偏差値55.5)にとどまっており、前回から大幅に点数を伸ばした。

柔道練習中に小5男児、頭打ち死亡…全柔連「1日の活動上限2時間」に(読売新聞オンライン) – Yahoo!ニュース 指針では1週間の活動日数についても一定の制限をかけるよう促し、子どもの体力や体調への配慮を求めている。全柔連・重大事故総合対策委員会の磯村元信委員長は「中学校や高校では部活動のガイドライン(指針)ができており、小学生にも対応が必要」と話している。

ドクター江部の糖尿病徒然日記  インフルエンザ流行。インフルエンザワクチンの効果は?インフルエンザワクチン注射を希望する患者さんがこられたら、
私はこのことを説明して、
「手洗いやうがい、人混みを避けるなど、基本的なことが感染防御には大事なので、
ワクチンを接種したからといって油断しないでくださいね。」
と付け加えます。

食肉を解体する「屠畜」 作業 その担い手に向けられ続ける理不尽な差別 (1/3)第二次世界大戦の終戦当時、貧しかった地域の人々の主な職業は、下駄や雪駄の表作りに、靴や下駄の修理が主だった。廃品回収を営む女性も多かった。そして、北出さん一家のように屠畜業。被差別部落としてよその地域と切り離され、発展や生活環境の改善も随分と遅れた。無病息災や豊作を祈願する特別な行事でもあるだんじり祭り。それへの参加も認められない時期もあったという。
「人の世に熱あれ、人間に光あれ」で知られる水平社宣言。差別に苦しまされ続けた被差別部落の人に団結を呼びかけながら、人権の尊さを示し、日本初の人権宣言ともされる。
TOP – ある精肉店のはなし牛の飼育から屠畜解体まで、 いのちが輝いている、 前代未聞の優しいドキュメンタリー。 ーーー鎌田慧(ルポライター)

経済対策、学校パソコン1人1台実現したい=西村再生相西村再生相によると、安倍晋三首相は13日の経済財政諮問会議で『パソコンが1人1台は当然ということを国家意思として明確に示すことが必要』と発言しており、「首相の発言も踏まえ、環境整備を進めるべく、経済対策のなかで実現したく、調整している」と説明した。

ムードは盛り上がるか、掉尾の一振に向けた株式市場ラリー疑心暗鬼であれ、何であれ株式市場の上昇は全体のトーンを明るくします。私は中学2年生の時から相場と向き合って来ており、市場の動きは私のDNAに刺激を与えるのです。特に年末のラリーでは盛り上がることが経験則で十分わかっています。

「ホテル側主催」であれば、安倍首相・後援会関係者は会費を支払ったのかこの疑問に、安倍首相は、どう答えるのであろうか。

「科学的に間違っていても宗教上正しければ学校は減点できない」法案がアメリカで通過wwwww : ユルクヤル、外国人から見た世界この法律は、生徒が課題などで科学的に誤った答えを出してもそれが信仰に基づく限り減点してはならないというルールを盛り込んだもの。
例えば「地球は1万年前にできた」や「第二次世界大戦は空飛ぶスパゲッティモンスターにより始まった」と生徒が言えば、それが科学的事実や論理に反していたとしても、宗教上の理由から「不正解」には出来なくなる。

「日本語教育基本法」オリンピックに向け東京都江東区をモデル地区に区内で初めて、日本語を母語としない外国人児童のための補習教室「日本語クラブ」が設けられたのは、枝川と近隣地域の子供たちが通う「深川第8中学校」で、1984年の開講。現在も4名の先生方が、中国、韓国、フィリピン、タイなどから来た約20名の児童の日本語学習を支援しています(ウェブサイト)。
目標・計画 – 江東区立深川第八中学校 ●■ 日本語クラブ ■●
 中国や韓国、フィリピン、タイ等の外国から日本に来て、まだ日本語ができない生徒が国語や社会等の授業中に日本語クラブの教室に来て、日本語を中心に学習しています。放課後も日本語クラブで学習しています。
 江東区内の他の中学校には日本語クラブがないので、通学が可能な生徒は、必要な手続きをして深川八中に入り、日本語クラブで学習することもできます。
 日本語クラブは、33年前にできました。日本語クラブでは、4人の講師の先生が中心となって教えています。
 夏休みの父母主催ボランティアキャンプやクリスマス会、卒業生を送る会はみんな楽しみにしています。

LVCについて | 特定非営利活動法人 外国語ボランティア・コートークLVCについて
■LVC(英語名:Language Volunteer Co-talk 日本名:外国語ボランティア・コートーク)
LVCは、江東区をメインに活動している外国語ボランティアグループです。
2020年の東京オリンピック・パラリンピックを目標に、来日する外国人と日本に滞在の外国人の懸け橋となるべく、さまざまなイベントを通じて国際交流や異文化共有を行っています。

東京日本語ボランティア・ネットワーク

コメントを残す