今日のリンク

紅白ひばりさんの次は“AI裕次郎”!?NHKの4K・3Dホログラム技術に期待(東スポWeb) – Yahoo!ニュース「毎年の目玉にすれば、“今年はどの歌手がAIとしてよみがえるんだろう?”と、視聴者も興味をそそられる。本番まで名前を隠して“あの歌手が紅白に帰ってくる”とやれば、予想合戦なども盛り上がることになるでしょうね。“AI美空ひばりさん”も権利の問題などで非常に難しい調整が必要だったが、実現できるとしたら、潤沢な資金があるNHKと国民的歌番組の紅白の舞台しかない」(前同)


ウイグル人に「情け容赦は無用」、中国政府の内部リークで新事実明らかに 米報道(AFP=時事) – Yahoo!ニュース【AFP=時事】中国・新疆ウイグル自治区(Xinjiang Uighur Autonomous Region)の少数民族ウイグル人に対する弾圧の新たな事実が、中国政府関係者が米紙ニューヨーク・タイムズ(New York Times)にリークした大量の内部文書によって明らかになった。NYタイムズ(New York Times)が16日付の紙面で報じた文書によれば、習近平(Xi Jinping)国家主席はウイグル人の取り締まりに「情け容赦は無用」とハッパを掛けていた。

公文書のコンマ「,」なぜ? 半世紀以上、見直し検討(共同通信) – Yahoo!ニュース 公文書の読点に使われている「,」(コンマ)について、文化庁が見直しの検討を始めた。民間では広く「、」(テン)で記載されているが、中央省庁では1952年の通知に従い、コンマで書くようルール化されている。ただ、半世紀以上を経て、省庁でもテンを使う文書が増加。公文書だけ一般常識から離れているのではないか―。お役所文化の象徴とも言えるコンマを巡り、専門家会議で議論が進んでいる。

中国初の国産空母、台湾海峡を航海 香港デモを意識か(朝日新聞デジタル) – Yahoo!ニュース 台湾海峡を通過したのは旧ソ連の空母を改修した「遼寧」に続く2隻目の空母で、昨年5月から試験航海を始めている。東シナ海から台湾海峡に入り、南へ向け航海したという。台湾メディアは、台湾で来年1月に行われる総統選や、香港の抗議デモを意識したものとの見方を報じている。(台北=西本秀)

韓米合同訓練の延期決定 米国「善意の措置」=北に対話再開求める(聯合ニュース) – Yahoo!ニュース【バンコク聯合ニュース】韓国国防部の当局者は17日、タイ・バンコクで開かれた韓米国防相会談で、今月の開催を予定していた韓米両空軍による合同訓練の延期が決まったと伝えた。

豪グレートバリアリーフでサンゴが一斉産卵、過去5年で最大規模か(AFP=時事) – Yahoo!ニュース【AFP=時事】オーストラリアにある世界最大のサンゴ礁、グレートバリアリーフ(Great Barrier Reef)で、サンゴの一斉産卵が始まった。今年の産卵は近年最大規模のものとなる可能性がある。現地の海洋生物学者らが17日、明らかにした。

若者の間でエクスタシーとも呼ばれる/MDMAメモ(日刊スポーツ) – Yahoo!ニュース◆MDMA 覚せい剤と似た化学構造をした合成麻薬の一種。錠剤型で「エクスタシー」「バツ(×、罰)」「タマ」とも呼ばれる。1989年に麻薬に指定され、覚せい剤のような興奮作用とLSDのような幻覚作用を持つ。摂取すると、不安感、不眠から精神が錯乱状態になったり、記憶障害を起こしたりする。乱用を続けると、心臓や肝機能の障害のほか、ショック症状から死ぬこともある。

沢尻エリカ、麻薬で逮捕の無慚10年ほど前、彼女はイカサマ療法のホメオパシーにハマって詐欺師のカモになっていた。その前には「口八丁」高城さんと結婚して宣伝塔に祭り上げられてた。それで今回麻薬だろ。どうにも、理性的な判断力の弱さがあるように思える。だから毎度毎度利用されるのだ。
なにせ今回逮捕を主導したのは、警視庁組織犯罪対策部だ。つまり沢尻エリカの背後に暴力団などの反社会的勢力がいることになる。
彼女は反社と関係があったわけだ。社内にコンプライアンス規定があるまともな企業は、もう沢尻エリカを使うことはできないだろう。その意味で、周囲に後見人的な常識人を配置できなかった事務所側の問題もある。

薄さわずか38mmでジャケットを着たまま背負える超極薄バックパック「INVIRU」 – Engadget 日本版重さ:450g

Amazon.co.jp: 神社で拍手を打つな! 日本の「しきたり」のウソ・ホント (中公新書ラクレ) eBook: 島田裕巳: Kindleストア神社に掲げられる「二礼二拍手一礼」は伝統的な作法なんかじゃない! 初詣は鉄道会社の営業戦略だった! 郊外の墓参りはバブルが生んだ年中行事! 結婚式のご祝儀もお葬式の半返しも伝統なんかじゃない! そもそも、クリスマスはキリスト教に関係がない! 日本人が「しきたり」と思っている行事には、ごく最近生み出されたものが少なくない。私たちは「しきたり」とどう向き合えばいいのか。「しきたり」の概念を根底から覆す一冊。

コメントを残す