今日のリンク

アメリカの「フェイクミート」市場が大盛り上がりな理由 その背景には最近注目を集める投資手法がある。「ESG投資」、すなわちE(Environment/環境)、S(society/社会)、G(governance/企業統治)を指標として行う投資手法のことだ。フェイクミートはまさしくE(環境)とS(社会)にかなう投資先であり、Governance(企業統治)が担保できるならば、両社がアメリカで企業規模を拡大してきたのも当然と言えよう。


デジカメ販売、8年で7割縮小 岐路に立つカメラメーカー(BCN) – Yahoo!ニュース さらに細かくデータを見てみると、最も販売台数が多かった10年の販売台数を100.0とした際、18年の市場規模は30.2まで落ち込んでいる。19年は、10月までで21.2になっている。30.0を超えることはなさそうだ。カメラ映像機器工業会のデジタルカメラ統計でも、出荷台数が1億2146万3234台(10年)から1942万3371台(18年)へと減少し、約16.0%規模にまで落ち込んでいる。

イランで大規模な油田発見、原油埋蔵量が30%超増加か(AFP=時事) – Yahoo!ニュース【AFP=時事】イランのハッサン・ロウハニ(Hassan Rouhani)大統領は10日、同国南西部フゼスタン(Khuzestan)州で新たな油田が見つかったと発表した。原油埋蔵量は530億バレルに上り、イラン国内の確認埋蔵量が30%超も増加する可能性がある。

聖域に入らないで 〝神の島〟 ルール違反の観光客に苦悩 インスタ目的で立ち入り絶えず 久高島 勝手にプライベートビーチに(琉球新報) – Yahoo!ニュース 【南城】県内の聖域として知られ、年間約6万人が訪れている南城市の久高島で、立ち入り禁止の御嶽や海に入る観光客が続出し、古来からの歴史や伝統を守り続けてきた島民らが頭を抱えている。インターネットや会員制交流サイト(SNS)には立ち入り禁止区域内で撮影した写真の投稿や、プライベートビーチがあると誤解を招くような投稿が散見される。島内ガイドをしている島民らは「島の特性や文化を正しく理解してから観光や投稿をしてほしい」と訴えている。

ドクター江部の糖尿病徒然日記  糖質制限食に肯定的な信頼度の高いエビデンスあり、否定派論文にはなし。糖質制限食に肯定的なエビデンスとなる信頼度の高い論文を取り上げてみました。
エビデンスレベルのもっとも高い
「エビデンスレベル1+」と「エビデンスレベル1」
の論文で、糖質制限食の有効性を示すものを列挙してみました。
集めてみると、多数ありました。
一方、糖質制限食に否定的な、
「エビデンスレベル1+」と「エビデンスレベル1」の論文は皆無です。
この時点で、「糖質制限食是非論争」に
エビデンスレベルで、明白な決着がついたと言えます。

アルバイトで食いつなぎ、論文執筆もままならない日々…“国策“が生んだ、行き場を失う博士たち (1/2) 取材に対し、大学改革推進室の平野博紀室長は政策の趣旨について「当時の欧米に比べて大学院生が少ないということで、研究者のみならず、社会の様々な所で活躍できる人材を大学院から輩出できるよう、量的な整備と質的な整備を進めることを目的に始められたものです」とした上で、「平成3年に中央教育審議会に答申した当時は企業等へのアンケートも行った上で、その程度の数を増やしても受け入れる社会的な余力があると判断をし、その方針に従って各大学が量的に増やしてきたというところがある。ただ、産業界の受け入れが思ったよりも進まなかった」と説明。また、見込み違いだったのか、との問いには「増やす時に多くの修了者が社会の各層で活躍していくという姿を描いたということはおそらく事実。そこと今の現状の間にギャップがあることもまたその通りだ」とコメントした。
 国もここ数年、研究者が民間企業でも活躍できるよう様々な策を講じてはいる。しかし大学教員以外の職に就けるポスドクは1割にも満たないのが実情だ。

【年金をめぐる“故意”の空騒ぎ③】「グリーンピアで4000億円損失」という空騒ぎ(海老原嗣生) (1/2)実損失は報道額の4分の1以下

秋吉 健のArcaic Singularity:FOMAが生んだもの、iモードが残したもの。2026年3月末終了を受け、その歴史を振り返りつつモバイルの未来を考える【コラム】 (1/2)iモードの成功要因はいくつもありますが、1つは「インターネットではなかった」ことです。2000年当時の通信技術と端末性能では携帯電話の小さな画面にインターネットサイトを表示することは難しく、よりデータ容量が小さく処理負荷の軽い記述方式による「閉鎖的なネット環境」の構築が必要でした。
そこでiモードでは、汎用的なHTTPやHTMLのサブセット規格であるcompact HTMLを採用することで開発環境の構築を容易にし、インターネットサイトと互換性を持たせつつ、多くの開発者とコンテンツ事業者を集めることに成功したのです。
iモードの成功は、携帯電話事業と集約課金型エコシステムとの相性の良さを世界に認知させる格好の材料でもありました。当時Apple(アップル)のCEOだった故・スティーブ・ジョブズ氏は、App Storeのエコシステムについて「日本のiモードを模倣した」と明言しています。
iPhone(iPhone 3G)が日本で発売された2008年、iモードは基本システムの構築から10年近くが経過し、端末性能の向上にシステムが追いつかなくなりつつありました。そこにフルインターネットデバイスでもあるiPhoneと、iモードを模倣したモダンなエコシステムとして新規に作られたApp Storeが登場してきたことは、単なる偶然ではなかったはずです。
前述の通り、現在の通信業界は日本のみならず世界中が5Gへと邁進している最中です。超高速・超大容量・超多接続通信の世界は、もはや「電話」というレガシー機能を置き去りにしている感すらあります。
かつて携帯電話を「電話」の呪縛から解き放ったFOMAとiモードは、その役目を終えようとしています。忘れてはいけないのは、これらの技術やサービスがあったからこそ、今があるのです。

雅子さま パレードでも涙ぬぐわれ…もらい泣きする人も続出《祝賀パレード見て泣いた 雅子さまの涙につられた》
《雅子さまが涙ぐまれてハンカチで涙を拭いてるのを見てもらい泣き》
《天皇皇后両陛下が嬉しそうにしていらっしゃってこっちも嬉しかったし、雅子さまが涙を拭われているのを見てこっちも感動して涙が出てきたよね…》

【東京五輪後の日本悲観論】ジム・ロジャース氏の「日本衰退論」に欠けているもの日本全体は、世界の中で地盤沈下していきますが、日本国内では東京への一極集中が進んでいます。
東京の人口流入は年間8万人と圧倒的で、外国人留学生・就労者の増加も東京が図抜けています。東京オリンピックは東京の再開発を加速させ、インフラの整備が更に東京の魅力を高めるというスパイラルを引き起こしています。
そんな東京の懸念は、オリンピック後ではなく、震災です。大地震や台風のような自然災害が発生した時に、どこまで被害を食い止めることができるのか。建物の耐震構造や、火災発生時の延焼の防止策など安全性を確保しておくことが重要になります。

H.I.S.社員が自社商品でも行きたくない旅行先 バンコクやセブ島 – ライブドアニュース■行きたいツアー先
1位 ハワイ
2位 ウラジオストク(ロシア)
3位 ハウステンボス(長崎県)
■行きたくないツアー先
1位 香港
2位 バンコク(タイ)※ドンムアン空港発着プラン
3位 セブ島(フィリピン)

コメントを残す