今日のリンク

首里城火災「分電盤」か 焦げた電気設備を回収、電気系統の不具合を視野に捜査(沖縄タイムス) – Yahoo!ニュース 正殿などが全焼した首里城火災で実況見分を進める那覇署対策本部は3日、火元とみられる正殿北側1階部分の焼け跡から分電盤とみられる焦げた電気設備を回収した。対策本部は火災発見当時の施錠状況や防犯カメラの解析から現時点で、外部侵入による事件性は低いとみており、電気系統の不具合も視野に捜査を進める。4日以降、回収した電気設備がショートを起こした可能性を含め火災との関連を詳しく調べる方針。


サンマ大不漁に回復の兆し 出足は戦後最悪→価格も安定(朝日新聞デジタル) – Yahoo!ニュース サンマの大不漁に薄日が差してきた。遠い公海にいた群れがやっと日本に近づき、10月下旬の水揚げ量は昨年の半分近くまで回復。価格も落ち着いてきた。

賃貸アパート 退去時の「原状回復」どこまで義務?(NIKKEI STYLE) – Yahoo!ニュース改正民法によると原状回復義務は借り手の不注意によって壁や床を汚したり傷つけたりする場合などが対象です。普通に暮らしていて生じる損耗や経年劣化は範囲に含めません。家主から請求されても負担する必要はありません。
もう一つが賃貸借契約上の「保証人」についてです。家主は家賃の滞納などに備えて保証人を立てることを借り手に求めるのが通例です。保証人は「借り手の一切の債務を引き受ける」という内容になっている例がよくあります。
十条王子法律事務所の弁護士、金ケ崎絵美さんによると「部屋で自殺や犯罪が起きた結果、次の借り手がつかなくなったとして多額の損害を保証人が請求されたケースがある」そうです。改正民法では保証人が負うべき責任の上限額(極度額)を定めていない場合、その契約は無効とされ、保証人の責任が限定されることとなっています。

台風ボランティア数に地域差 アクセス困難、準備遅れの自治体で人手不足も(毎日新聞) – Yahoo!ニュース 全社協は多くのボランティアの協力を求める自治体名を公表している。3日夕方時点で岩手県宮古、釜石市、山田町、普代村▽宮城県丸森町▽福島県いわき、郡山、南相馬市、川俣町▽栃木県佐野、栃木市▽長野市の12市町村で、被害の大きい地域や、交通網が分断されてマイカーを持つボランティアしか受け入れられなかった東北沿岸部の自治体などが含まれている。【奥山はるな、ガン・クリスティーナ】

【解説】「英語民間試験」20年度の実施”見送り”…欠けていたのは『地方の視点』(関西テレビ) – Yahoo!ニュース 十分な準備期間があったにもかかわらず、今になって問題点が次々と露呈し、突然発表された延期。一番の被害者は、すでに準備や対策を始めていた今の高校2年生です。これ以上受験生が振り回されることがないよう、文科省にはできるだけ早く次の試験の概要を決め公表することが、これまで迷惑をかけた受験生へのせめてもの償いになるのではないでしょうか。

ドクター江部の糖尿病徒然日記  電子書籍『糖質量&炭水化物量ポケットガイド』発売中。スマートフォンで使いやすいよう、レイアウトを設計してあるので、
ぜひ、買い物や外食時に役立てて頂けば幸いです。
糖質量&炭水化物量ポケットガイド 糖質の少ないランチ、おやつがすぐにわかる! | 江部 康二 | 医学・薬学 | Kindleストア | Amazonもう毎日のランチ選びで困らない!
コンビニやスーパーで選ぶべき市販食品、外食を実名で紹介!

教育の国際性向上に向けて――国際バカロレアへの期待とイギリスからの示唆 – 御手洗明佳/ 教育社会学、花井渉 / 比較・国際教育学 (1/2)皆さんは、「国際バカロレア(IB)(注1)」という大学入学資格および教育プログラムをご存知だろうか。筆者の勤務校の講義で尋ねると、手をあげるのはつねに2、3人である。IBとは、1968年にスイスで設立された非営利団体およびその団体が開発しているK-12向けのカリキュラムのことである。そして、IBの特徴の一つがその「国際性」である。IBのカリキュラムは国際的に広く認知されており、その卒業資格は各国の大学入学者選抜において大学入学資格として認められている。そのため、外交官やグローバル企業の子弟など、国際的に活躍する人材の子弟が多く学んでいる。

永らく物理学の、いや自然科学の根本を築いた金字塔として君臨してきた著作―アイザック・ニュートン『プリンシピア 自然哲学の数学的原理』村上 陽一郎による書評(ALL REVIEWS) – Yahoo!ニュース訳者がこの大著を翻訳されるに当たっては、通常の翻訳以上の困難があったはずである。その中には純粋に原理的な問題がある。例えば最初に書いた通り、ニュートンの時代に、組織化された物理学という学問体系は存在せず、今では日常言語にさえなっている「加速度」や「運動量」(つまり質量と速度の積)という概念を表す言葉もなかった。また通常この書の最大の功績の一つと考えられている「運動の第二法則」は、高等学校の教科書でもf=maという式で表され(fは物体に加えられた力、mは物体の質量、aは加速度)であり、かつ加速度aは速度の時間微分として定義される。しかし、本書では、こうした式は一切使われず、ただ文章で述べられているだけである。

Amazon.co.jp: 時間は存在しない eBook: カルロ・ロヴェッリ, 冨永 星: Kindleストア●きわめて独創的。現代物理学が時間に関する私たちの理解を壊滅させていく様を紹介している。――「ニューヨーク・タイムズ」紙
●わかりやすく目を見開かせてくれるとともに、われわれの時間・空間・現実の見方を覆すような読書体験をもたらす。――「タイム」誌
●時間の本質へと向かう、実に面白くて深い探求。この作品を読む人すべての想像力をとらえて離さない詩情と魅力がある。――「フィナンシャル・タイムズ」紙
●スティーヴン・ホーキングの『ホーキング、宇宙を語る』以来、これほどみごとに物理学と哲学とを融合した著作はない。――「ガーディアン」紙
“時間の正体”はどこまで明らかになったか(倉田幸信)|翻訳書ときどき洋書|note倉田幸信 「翻訳者の書斎から」第2回
“The Order of Time”(イタリア語原題:L’ordine del tempo)
Carlo Rovelli 2018年5月出版
『時間は存在しない』
著:カルロ・ロヴェッリ 訳:冨永 星
NHK出版 2019年8月29日発売
Amazon.co.jp: The Order of Time (English Edition) 電子書籍: Carlo Rovelli: Kindleストア

武蔵小杉タワマン停電、売却の動き出始める…豊洲など湾岸タワマンの危険性指摘も 首都圏では、豊洲やお台場、晴海、みなとみらいなど海沿いのタワーマンションが人気を集めてきた。だが武蔵小杉の一件で、こうしたマンション群の危険性を指摘する報道もある。影響は今後、どこまで広がるのか。タワーマンションの防災機能と合わせて、榊マンション市場研究所の榊淳司氏は次のように解説する。
「今回、武蔵小杉で起きた内水氾濫はかなり予想不能な事態であったと思います。また、被害に遭った2棟が他の9棟とどう違ったのかが検証できていません。同じことが豊洲や晴海で起こる、というのは乱暴な議論かと思います。確かに湾岸は高潮や津波があり得ます。いずれも想定は3メートル程度で、マンションによっては1階が冠水して電気室やEVが使用不能、あるいは停電状態になる可能性は十分に考えられるでしょう。ただ、これは土嚢などで防げる範囲かと思います。
 武蔵小杉での売り出しは、私が不動産流通推進センターの不動産流通標準情報システム(レインズ)で確認した限り増えていません。そもそも武蔵小杉の人気のピークは、2018年にJR武蔵小杉駅の朝の通勤ラッシュが問題になるまでだったと思います。価格は台風前から天井感があったので、今後は徐々に下がるでしょう。しかし、一般消費者が暴落と感じるレベルにはなりにくいと思います。『3年経ったら2割下がっていた』は十分にあり得ます。
 今回、私の予想以上に武蔵小杉のタワマン浸水の話題が取り上げられています。被災したタワーマンションの住民らが情報を統制した影響も大きいでしょうね。タワマンや武蔵小杉は今後、懐疑的に見られやすくなります。でも、そんなに長くは続かないと思いますよ」

「一瞬」で海が酸性化…小惑星は海洋生物も絶滅に追い込んだ | BUSINESS INSIDER JAPAN大質量の小惑星が6600万年前、現在のメキシコ、ユカタン半島に衝突した。この衝突で恐竜を含む地球上の生物の75%が絶滅した。
小惑星の衝突は、大津波と大規模な山火事を引き起こし、大気圏に放出された数十億トンの硫黄が太陽光を遮ぎったことで地球は寒冷化し、多くの陸上生物が死に絶えた。
新たな研究で、海洋生物も大きな被害を受けたことが明らかとなった。衝突が引き起こした酸性雨と大気圏からの降下物が「一瞬」にして世界中の海を酸性化させ、当時の海洋生態系は崩壊した。

コメントを残す