今日のリンク

南アフリカ、エディー・イングランド破り3大会ぶり3度目の優勝(スポーツ報知) – Yahoo!ニュース◆ラグビーW杯 ▽決勝 イングランド12―32南アフリカ(2日・横浜国際総合競技場)
【動画】表彰式でリーチ マイケルが運転手としてサプライズ登場
 世界ランク3位の南アフリカが同1位のイングランドを破り、3大会ぶり3度目の優勝を果たした。前半から強力FWでスクラムでの反則を誘発。得たPGをSOポラードが確実に決めて加点した。後半25分にはウィングのマピンピが左中間にトライ。南アフリカにとって3度目の決勝にして記念すべき初トライをマークし、知将エディー・ジョーンズ監督率いるイングランドを振り切った。
南アV エラスムス監督感謝「まるで本国で試合を」(日刊スポーツ) – Yahoo!ニュース▽南アフリカ代表ラシー・エラスムス監督の話 チームのメンバーを信じて戦った結果。イングランドの素晴らしい戦いに感謝している。またラグビーを支えてくれたすべての人の感謝したい。とにかくプレーヤーを信じ、(選手の)インテリジェンスを信じ、国の人々のサポートを信じていた。しっかり努力したことが実を結んだ。W杯で勝ててこんなに素晴らしいことはない。まるで本国で試合をしているようだ。素晴らしい試合だった。
準優勝イングランド エディー監督「このW杯は1番素晴らしい大会」 : スポーツ報知 後半の巻き返しも2本のPGに抑え込まれ、観戦するために緊急来日したヘンリー王子も落胆の色を浮かべた。自身3度目の決勝で敗北を味わった知将は「準備を失敗したとは思わない。選手はプライドと情熱を持って戦ってくれた。ただ、勝つのには少しだけ足りなかった」と言い訳はしなかった。
ラグビーW杯が閉幕 浮き彫りとなった「天候リスク」の課題 – ライブドアニュース 大会全体を通して警備面で目立った混乱は見られなかったが、台風の影響でW杯史上初めて試合が中止に。来年の東京五輪・パラリンピックに向け、「天候リスク」という課題が浮き彫りになった。


災害ごみの処理切迫=受け入れ休止の施設も-台風19号3週間(時事通信) – Yahoo!ニュース 布団や家具などの災害ごみが膨大なことに加え、浸水で故障し再開が見通せない焼却施設もあるためだ。生活ごみへの対応に追われ、災害ごみまで手が回らないという自治体は多く、「通常に処理できる量ではない」(担当者)との悲鳴が上がる。

慰安婦映画、一転上映へ 中止に反対相次ぎ、川崎(共同通信) – Yahoo!ニュース 川崎市で開催中のKAWASAKIしんゆり映画祭の主催団体は、上映を中止にした従軍慰安婦をテーマにした映画「主戦場」(ミキ・デザキ監督)を最終日の4日に上映すると公式ツイッターで発表した。

日本の核廃絶決議案を採択=軍縮に焦点、賛成減-国連(時事通信) – Yahoo!ニュース 一方、オーストリアが提出した核禁止条約への加盟を求める決議案は賛成119、反対41、棄権15で採択された。日本は反対した。 

「IS団体は東アジアにも」 米報告書、テロ拡大に警鐘(朝日新聞デジタル) – Yahoo!ニュース ISの系列団体が東アジアやソマリアにも確認されたとし、「(シリアやイラクにいた)外国人戦闘員はISの支部組織に入るために母国や第三国に向かった。また、シリアやイラクに足を踏み入れたことがない自国育ちのテロリストも攻撃を実行した」と語った。

近大、ウナギ完全養殖に挑戦=人工ふ化成功、1000尾以上成長(時事通信) – Yahoo!ニュース マグロの次はウナギ。クロマグロの完全養殖に世界で初めて成功した近畿大学水産研究所が1日、絶滅が危惧されるニホンウナギの人工ふ化に成功したと発表した。飼育期間は最長50日に達し、体長約2センチまで成長したという。今後は完全養殖と量産を目指す。

首里城火災で実況見分 大量のがれきで作業難航(テレビ朝日系(ANN)) – Yahoo!ニュース 2日の実況見分は警察と消防130人態勢で午前10時すぎに始まりました。消防などによりますと、警備員への聞き取りから火元は正殿の中とみられています。このため、1日の実況見分では正殿の北側部分を重点的に調べたということですが、火災で焼け落ちたがれきの撤去などで作業が思うように進まなかったということです。首里城では出火の約1時間前までイベントの準備作業が行われていて、警察や消防は今後、業者の立ち会いを求めて作業手順などを確認することにしています。現場には焼け落ちた瓦や木材が大量に残されているため、出火原因の解明などにはかなりの時間がかかりそうです。

神戸・加害教員の給与差し止めは「世論に流されすぎ」 悪しき先例となる恐れ(弁護士ドットコム) – Yahoo!ニュースまた、最も問題だと思うのは、市議会の付帯決議でも恣意的な運用を防ぐため諮問が必要とされ、市教育委員会が諮問した職員分限懲戒審査会で、4人の加害行為には軽重がある、起訴される蓋然性が高いとまではいえないとされ、改正条例の適用は不相当であるとの結論が出たにもかかわらず、市教育委員会が、審査会の結論を無視して、独自に改正条例の適用を決定した点です。

チームワーク至上主義の誤解と「ONE TEAM」の奥義:日経ビジネス電子版 人から信頼されている、愛されている、見守られている、認められていると認識できたとき初めて、人は安心して目の前の難題に全力で取り組むことができる。自らの行動に責任を持ち、自分の力を極限まで引き出す胆力が育まれる。
 ラグビー日本代表はそんな人の本質を教えてくれたのだ。
 そういえば、かの松下幸之助氏は、「和の精神とは、人と対立することを避けて、表面的に仲良くやっていくという意味での和ではありません。私たちが考える和の精神とは、まず皆が自由に正直に話し合い、お互いの意見や価値観に違いがあることを認め、その違いを尊重したうえで、共通の目標のために協力し合うという、相違や対立の存在を前提とする和なのです」と説いたが、これも真のチーム力の言葉ではないか。

ドクター江部の糖尿病徒然日記  『糖質制限食と耐糖能』に関しての考察。従って、150g/日の糖質を3日間摂取して、準備期間をおけば
β細胞はしっかりインスリンを分泌するので、本来の耐糖能に戻ると思います。

日本マイクロソフト 週休3日実施で生産性4割向上/効果測定結果を公開週休3日制を導入したことにより労働生産性が+39.9%も向上したというのは、非常に良い報告ですね。労働時間が長ければ生産性が上がる訳ではないということは誰もが分かっていることだと想いますが、週休3日制を導入してもここまで生産性が上がるとは驚きです。

科学の古典・名著が無料で読める!ウェブ「科学図書館」驚異の充実度 | ビジネスを強くする教養 | ダイヤモンド・オンライン
科学図書館

「底辺校」出身の田舎者が、東大に入って絶望した理由(阿部 幸大) | 現代ビジネス | 講談社(1/4)
大反響「底辺校出身の東大生」は、なぜ語られざる格差を告発したのか(阿部 幸大) | 現代ビジネス | 講談社(1/5)それは、前回も書いたが、日本では地域格差という問題が、とにもかくにも圧倒的に放置されてきたからなのだろう。それがなぜなのか私にはわからないが、この問題を指摘することは、ほとんどタブー視されているようにさえ見える。大きな声で主張する人が誰も居なかったのだ。

コメントを残す