今日のリンク

最強級の台風、首都圏を直撃 千葉市に上陸、負傷者も(共同通信) – Yahoo!ニュース 強い台風15号は9日午前5時前、千葉市付近に上陸した。関東を通過して茨城県付近から東北沖に進む見通し。千葉県では10人以上が負傷し、多数の建物被害が出た。上陸直後の中心気圧は960ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は40mで、関東に上陸した台風としては統計開始以来、最強クラスとなった。

あおり運転、刑法を積極適用=警察庁、処罰規定の創設も検討(時事通信) – Yahoo!ニュース 一方、より罰則の重い刑法も積極的に適用している。昨年1年間では暴行24件、傷害4件、殺人1件の計29件。茨城県の常磐自動車道で起きた事件では、暴行よりもさらに罰則が重い強要容疑で容疑者を再逮捕した。
 あおり運転が後を絶たないことを受け、警察庁はあおり運転自体を処罰する規定の創設などについて検討を進めている。 

鬼怒川温泉に10年以上残り続ける「廃墟ホテル」、解体は「1棟2億円超」で身動き取れず(税理士ドットコム) – Yahoo!ニュース今問題になっている3棟のホテルも同じように整備しないのでしょうか。日光市企画総務部は「解体するには1棟につき、最低でも2億円かかり、市の財政負担を考えると、簡単にできることではありません」と説明します

他人事ではない!普通の生活でも起こり得る老後破産(JBpress) – Yahoo!ニュース

岩手知事に達増氏4選=野党共闘、自民推薦新人破る(時事通信) – Yahoo!ニュース 任期満了に伴う岩手県知事選は8日投開票され、無所属現職の達増拓也氏(55)=立憲民主、国民民主、共産、社民推薦=が、無所属新人で元県議の及川敦氏(52)=自民推薦=を破り、4選を果たした。
 及川氏は公明党県本部の推薦も受け、達増県政と距離を置く県議と連動し、知名度向上に努めた。県南部に独自の地盤を持ち、かつて小沢氏に近かった黄川田徹元衆院議員の支援も受けて巻き返しを図ったが、及ばなかった。 

京急衝突脱線事故、踏切異常時の自動ブレーキはなし:日経ビジネス電子版 JR東は京浜東北線や山手線で、自動列車制御装置(ATC)と連動させ、自動で減速する仕組みを導入。小田急電鉄では2015年から136カ所の踏切で、自動列車停止装置(ATS)によって停車できるようにした。西武鉄道でも「見通しの悪さなどを考慮して」、池袋線と新宿線の踏切2カ所ずつでATSとの連携を行っているという。
 対して、京急電鉄や京成電鉄では同様の仕組みは導入されていなかった。京成電鉄では駅での異常時に自動でブレーキをかけるシステムの整備は現在進めているという。原因究明はこれからだが、導入されていれば事故は防げた可能性がないとは言い切れない。

食べたら測る! 糖尿病予備群に広がる米社製機器:日経ビジネス電子版 血糖値測定器を巡っては、米グーグルや米アップルも商機を見出そうと開発を進めた経緯がある。医療機器大手のテルモも米デクスコムと組み、リブレとほぼ同様の仕組みで、血糖値を測定する新製品を2月28日に出した。今後もこうした参入企業が増えていけば、より多くの人が健康意識を高めるきっかけになりそうだ。

虐待死は児相機能強化や人員増では根絶できない (1/2)東京、千葉、札幌、鹿児島で、全件情報共有していれば救えるはずの命を救えなかった事件が続いており、それらの事件を教訓に、現在26自治体が全件情報共有をしているというのに、目黒区5歳女児を救えなかった東京都をどうするつもりなのですか。
この痛ましい虐待死事件を教訓に多くの他府県は全件情報共有したのに、肝心の東京は未だ警察との全件共有を先送りにするつもりなのでしょうか?!

日韓関係をここまで悪化させた日本の「親韓政治家」たち 嫌韓記事で批判された週刊ポストは、反省の意を込めてこう締めくくっている。
 「安倍首相と文大統領の双方が、彼我の外交政策を振り返り、両国の関係を見直すことに気づいてこそ、新たな外交が始まるのではないか」

戦後の日韓外交はカネありき、これが後に大きな禍根を残した「この経済協力に強い影響力を持っていたのが日韓協力委員会で、日本側の会長は岸さん、椎名さんもメンバーでした。日本の経済協力には戦後賠償という意味に加え、親韓派の政治家たちによる補償金の利権化という狙いがあった。それが日韓の関係を歪めてしまったといえる」(前出・前川氏)
 岸氏は1987年に90歳で亡くなるまで日韓協力委員会の会長を務め、その後、会長は福田赳夫・元首相、中曽根康弘・元首相へと引き継がれた。現在は麻生太郎・副総理が会長だ。そうした“カネありき”の日韓外交は大きな禍根を残す結果になった。

「U18敗北」でわかる日本型経営の“致命的欠陥”マスコミの批判を許さず、「独善」と「驕り」に満ちた高野連は球児たちの無償の奉仕をもとに「純資産17億円」を貯め込み、国民の批判などどこ吹く風だ。来年も、実績を無視した不透明な選考で監督が選ばれ、また左打者ばかりを集めて不慣れなポジションを守らせるU18がつくられるだろう。
一人の人間の意向だけですべてが決められ、独善に陥るのは日本企業の特質でもある。U18が選手たちの奮闘にも関わらず敗れ去ったのは、選手たちではなく、一人の権力者がすべてを牛耳る「日本型経営」の致命的欠陥ゆえかもしれない。

毎日新聞はもうすぐ、日経に「追い越される」 部数が示す「朝毎読」の終焉 : J-CASTニュース 日本ABC協会がまとめた2019年上期(1~6月)の平均販売部数によると読売新聞が809万9445部(前年同期比4.9%減)、朝日新聞が557万9398部(同6.3%減)、毎日新聞が243万5647部(同13.8%減)、日経新聞が233万3087部(同4.2%)、産経新聞が138万7011部(同7.7%減)。純減数は読売が一番大きいが、減少幅が最も大きいのが毎日だ。日経新聞の減少幅が4.2%にとどまっていることを踏まえると、あと1年程度で毎日と日経の部数が逆転し、いわゆる「朝毎読」の枠組みが、今以上に実態に合わなくなる可能性もある。

ムン大統領 疑惑のチョ氏 法相に任命 | NHKニュース韓国のムン・ジェイン(文在寅)大統領は、娘の名門大学への不正入学などの疑惑が出ていたチョ・グク氏を法相に任命しました。チョ氏は、国会での聴聞会などで一貫して疑惑を否定していて、ムン大統領としては、説明責任は果たされたと判断したものとみられますが、野党などが激しく反発するのは確実で今後も混乱が続くことが予想されます。

日本のODAに現地から「NO!」(TBS系(JNN)) – Yahoo!ニュース プロジェクトが「土地の収奪につながる」と懸念を示し、以来、モザンビーク最大の農民組織の代表として4回にわたり来日。計画の事業主体であるJICA=国際協力機構を訪れ、中止を訴え続けてきました。今回のアフリカ開発会議にあわせて来日したエステバンさんは・・・
 「私たちは、なぜ日本政府がこの事業をモザンビークでやりたいのか理解できないのです」(コスタ・エステバンさん)
 一方、JICAは・・・
 「事業に賛成している農民も多数いらっしゃいますので、皆さんにご理解いただきながら、農民の所得が向上するように努めてまいりたい」(JICAの担当者)
 エステバンさんは、JICAの態度が農民を分断していると主張。まずはプロジェクトを中止し、話し合いをと求めましたが、JICA側は「意見は聞く」としたものの事業を止める考えはないと繰り返しました。
 「いったいどの地域のどの人たちが賛成しているのですか。プロサバンナ事業に賛成している農民など1人もいません。今の日本政府と私たちとの対話は理想的なものではありません。私は日本の皆さんに訴えたいのです。モザンビークでのプロサバンナ事業を中止してほしいのです」(コスタ・エステバンさん)
(07日16:53)

常磐道あおり男を再逮捕 懲役刑しかない強要容疑の適用は極めて異例 – ライブドアニュース あおり運転に強要容疑が適用されるのは極めて異例。県警は悪質性を重くみて、罰金刑の可能性がある道交法違反や暴行ではなく、懲役刑しかない強要容疑で立件したとみられる。

コメントを残す