今日のリンク

Children's Nursery Rhymes, Action Songs, Finger Plays and Poems

(1) 『大人のフォニックス』won'tとwantの発音の違い 英語の音節 – YouTube

人はなぜ虚偽の自白をしてしまうのか 村山氏によると、被告人の2人が虚偽の自白をしてしまった背景には、ご多分に漏れず、警察による高圧的で時には暴力的な長時間の取り調べがあったことは間違いないが、同時に、身内や友人の嘘の証言を使って被告人の孤立感を高めたり、被告人の容疑が科学的な実験で裏付けられているかのようなデータを示したり、切り違え尋問を巧みに利用するなど、被告人を心理的に追い詰めて虚偽の自白に追い込むための様々な心理的な圧力が加えられていたことを指摘する。こうした心理的な圧力により、被告人はいくら弁解しても警察はまったく聞く耳を持たないことに対する諦めや、長時間に及ぶ高圧的かつ暴力的な取り調べから一刻も早く逃れたいという強い欲求、誰も味方をしてくれないという孤立感、あたかも被告人の犯行を裏付ける証拠が完璧に揃っているかのように思わされることからくる絶望感などで、虚偽の自白をしてしまう。警察や検察が自白を強要しているというよりも、被告人が自ら進んで自白調書を書くように仕向けられているというのが実情だと、村山氏は言う。
 法心理学者の立場から村山氏は、日本の司法は自白に対する基本的なルールを定めた「心理学的準則」を設ける必要があると語る。その内容は、不可解な行動の意味を一方的に犯行に結びつけない、自白が強要されたり、精神的に追い込まれた結果の自白もあり得る以上、自白の内容が具体的で詳細だというだけで信用できると考えるべきではないこと、一度有罪と受け止めてしまうと、それに反する情報をシャットアウトしてしまう「認知バイアス」により自覚的でなければならないなど、とても具体的だ。特に裁判所が「自白によって描かれた事件の全容と、犯行に関する自白内容が矛盾していないから、自白は信用できる」とする、小学生でもわかるようなトートロジーで自白の信用性を認めていることについては、再考の必要があるとしてこれを厳しく批判する。


警官襲撃で大阪府警「外出控え、施錠を」 (産経新聞) – Yahoo!ニュース警官が刺され、拳銃が奪われた千里山交番=16日8時20分、大阪府吹田市(須谷友郁撮影)

レジ袋、来年4月から有料義務化 対策迫られるコンビニ(朝日新聞デジタル) – Yahoo!ニュース 世耕弘成経済産業相が15日、スーパーなどで配られるプラスチック製のレジ袋の有料義務化(無料配布の廃止)について、来年4月1日の実施をめざすことを明らかにした。省令改正を念頭に関係省庁と調整するとともに、義務化の対象となるレジ袋の範囲や素材など具体的な検討を進める。流通業界では、レジ袋の利用が多いコンビニエンスストアなどがとくに早急な対策を迫られそうだ。

遺産の預貯金払い出し可能に 7月から、上限150万円(朝日新聞デジタル) – Yahoo!ニュース改正相続法は2018年に成立し、法務省が今年7月施行に向けて上限額など制度の詳細を詰めてきた。全国銀行協会も、手続きや必要書類の告知を始めた。

どんなチケット転売がアウトか 「今回はたまたま」も要注意、1円でも定価超えはNG(前田恒彦) – 個人 – Yahoo!ニュース【「定価<転売価格」であればアウト】

「勉強感」より面白さ 科学児童書がヒット、出版界の救世主となるか(産経新聞) – Yahoo!ニュース 科学絵本、図鑑、科学漫画…。出版不況が続く中で、科学を扱った児童書が健闘している。大人には苦手意識を持つ人も多い「科学」だが、ヒット作には子供の興味をひく工夫が満載で「勉強させられている感」がないのが特徴だ。出版界の救世主となるか。(加藤聖子)

結論!宝くじで1億円当たった人の末路は?:日経ビジネス電子版 おまけに、控除率(購入代金に占めるテラ銭の比率)は約50%と、競馬や競輪(約25%)も真っ青の高さ。召し上げられたテラ銭は、販売経費を差し引かれた後、地方自治体に分配されることから、経済学では「宝くじ=愚か者に課せられた税金」と定義する人もいます。

パチンコホールの売上減少つづく、倒産件数は前年を上回るペース 業績の悪化が続いているパチンコホールの足元の業況は、一部で底打ち感が感じられる。しかし、3か月後の業況悪化を見越している事業者も多く、厳しい経営環境は今後も続く可能性がありそうだ。

国内スマホ大手も参入、盛り上がる自動翻訳機は今後伸びるのか:佐野正弘のITトレンドウォッチ – Engadget 日本版富士通コネクテッドテクノロジーズは2019年5月23日に、自動翻訳機「arrows hello AT01」を発売。通信はWi-Fiのみの対応だが、国内スマートフォン大手からの参入は市場の潮目を大きく変える出来事でもある

スポット限定のモバイル通信「プライベートLTE」「ローカル5G」の可能性 – Engadget 日本版IIJのMVNO回線と「プライベートLTE」を連携させる実験は成功
プライベートLTEやローカル5Gは、一般ユーザーには縁遠い話ではありますが、工場のロボット化や自動運転、ドローン輸送など、少し未来を実現するための重要な一要素と言えるでしょう。

Huawei独自OS登場の真実味と虚構。Androidベースならば可能性はあるかもしれない(本田雅一) – Engadget 日本版現在の米中の状況を考えると”Androidを分岐させる”方が、長い目で見た時のリスクヘッジにもなり、中国企業にとっては合理的という判断もあるでしょう。さらに、中国の中央政府が、そうした動きを後押しする法規制案などを作り始めたら、Androidコミュニティ全体にとってはマイナス要因となり得る可能性もあるかもしれません。

コメントを残す