今日のリンク

【英語の一般動詞とは】三単現・過去形の解説&不規則変化動詞一覧 | Studyplus(スタディプラス)【一般動詞の主な特徴まとめ】
・三単現の s には4つのパターン
  1.殆どの動詞 ⇨ 「-s」
  2.「-s」「-o」「-x」「-sh」「-ch」で終わる動詞 ⇨ 「-es」
  3.「母音以外+ y 」で終わる動詞 ⇨「y」を消して「-ies]
  4. have は例外的に has になる
・疑問文では Do[Does] を文頭に置く
・否定文では do not[does not] を一般動詞の前に置く

貧しい人ほど「割増金」を払い、中・上流は「無料特典」を享受する | コリン・ジョイス | コラム | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト<イギリスの富裕層は貧困層より10年長生きして、年金を長く受け取り医療保険を長く利用する>

稼ぐ高齢者の年金減額、見直しへ ただし原資は1兆円超(朝日新聞デジタル) – Yahoo!ニュース 厚労省は、夏の参院選後に社会保障審議会(厚労相の諮問機関)で具体的な議論を始め、来年の通常国会への関連法改正案の提出を目指す。ただ、完全に減額をやめれば年金支給額は年1兆円以上も増えるため、財源の手当てなどが課題となる。今後の年金制度改革の焦点の一つになりそうだ。

10人に1人は「東京っ子」 14歳以下の子どもが一極集中、増えたのは東京だけ(NIKKEI STYLE) – Yahoo!ニュース東京で暮らす子どもは155万人います。18年より8千人増えました。子どものうち、およそ10人に1人は「東京っ子」というわけです。東京都の推計では01年から増え続けています。

ベネズエラ難民、400万人に 国連発表「驚異的ペース」(共同通信) – Yahoo!ニュース 【ニューヨーク共同】国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)などは7日、政情不安が続く南米ベネズエラから脱出した難民と国外移住者が計約400万人に達したと発表した。過去7カ月間で100万人増加しており「驚異的なペースだ」と指摘した。多くは中南米諸国が受け入れているという。

最高級コーヒー豆、利益は1杯2円以下 価格暴落に苦しむ農家 コロンビア(AFP=時事) – Yahoo!ニュース【AFP=時事】コロンビア西部の緑豊かな山岳地帯では最高級のコーヒー豆が栽培されているが、地元の生産者は不公正な価格にいら立ちを募らせている。コーヒー豆の価格を決めるのは、ここから遠く離れた米ニューヨーク証券取引所(NYSE)。業界に打撃を与える値崩れが起きているのは、市場最安値にまで価格を押し下げている投機家のせいだと農家は非難する。

携帯「2年縛り」の途中解約、違約金は上限1千円に(朝日新聞デジタル) – Yahoo!ニュース 携帯電話の2年契約を途中で解約した時の違約金について、総務省は上限を1千円とする方針を決めた。携帯大手3社の今の違約金は9500円で、大幅な引き下げとなる。利用者が携帯会社を乗り換えやすくし、競争を促す狙いだ。また端末代の値引きは2万円を上限とする方針で、ともに今秋に実施する。

「沖縄で手押しの方いますか?」10代の大麻汚染、捜査を阻むSNSと暗号化アプリ(沖縄タイムス) – Yahoo!ニュース 短文投稿サイト「ツイッター」で大麻を意味する隠語の「野菜」、手渡しを指す「手押し」など特定のキーワードを入れて検索すると、大麻販売をほのめかす投稿が出てくる。
 販売人を名乗る人物のツイッターでは、通信内容が暗号化され秘匿性が高いアプリ「テレグラム」を使うよう誘導している。一般にはなじみが薄いが、県警関係者によると、薬物売買の多くは暗号化技術が使われた通信アプリが使われるという。高校生ら未成年10人が大麻取締法違反容疑で摘発された事件でも、SNSでのやりとりで大麻が広がっていった。

「散歩諦め」「仕事にならず」G20で厳戒の福岡、市民戸惑いも(西日本新聞) – Yahoo!ニュース 8日開幕したG20財務相・中央銀行総裁会議の主舞台となった福岡市。警察官約4700人による厳戒態勢が敷かれ、会場付近では大規模な交通規制や検問もあり、終日、緊張感に包まれた。大きなトラブルはなかったものの、暮らしへの影響もあり、戸惑う市民の姿もあった。

寛容な多文化主義政策が頓挫した国、オランダで何が起きたのか(Forbes JAPAN) – Yahoo!ニュースしかし、オランダのディッシュシティの場合、外来者を拒むように孤立し、オランダ国民から疎まれる存在になってしまった。
さらには、若者層(移民の2世たち)の中にはラディカルな宗教観やテロ思想に傾倒する者が出てきて、国民に不安を抱かせている。
中でも、2004年11月、アムステルダムの公園で、映画監督テオ・ファン・ゴッホ(画家ゴッホの子孫でイスラム教徒を敵視していた)がモロッコ系2世に暗殺された事件は社会を震撼させた。犯人の残虐な手口もさることながら、西洋を敵視する宗教的動機に、世論は「言論の自由(イスラム教による女性抑圧を映画化したゴッホ監督の表現の自由)」への挑戦と受けとった。また、「マイノリティ保護」の立場から、国内のイスラム過激派にも弱腰な政府への不信感を強めた。
移民たちの社会統合を促すという本来の目的とは裏腹に、オランダの多文化政策はかれらの孤立を深める一因となってしまった。さらには、反グローバリゼーション・外国人排斥を叫ぶ新興右翼の恰好の標的となっていく。

コメントを残す