今日のリンク

都税 クレジットカードお支払サイト

「ここにいてはダメ」と言い切った江戸川区の水害ハザードマップの真意 | 日経 xTECH(クロステック) 東京都江戸川区は2019年5月20日、11年ぶりに改訂した水害のハザードマップを公開した。洪水や高潮による被害を「最大で10m以上の深い浸水」「1~2週間以上浸水が続く」と明言。表紙の地図には「ここにいてはダメです」と記し、住民に浸水の恐れがない域外への避難を促した。水害の危険性を包み隠さず伝えた江戸川区の決断は、インターネットなどで議論を巻き起こしている。ハザードマップを監修した東京大学大学院情報学環の片田敏孝特任教授は、「議論を巻き起こすことが目的だった」と語る。10年以上前から東京東部低地帯に位置する江東5区(江戸川区、足立区、葛飾区、墨田区、江東区)の広域避難を訴えてきた片田特任教授の意図はどこにあるのか。日経 xTECHがその真意をインタビューした。
「ここにいてはダメ」江戸川区の水害ハザードマップが直球すぎて話題…担当者に聞いた(FNN.jpプライムオンライン) – Yahoo!ニュースちなみに、ハザードマップには、非常持ち出し袋に入れるものなどの情報や、連絡先・避難先など書いて使うページなど、災害時に役立つ内容が満載となっていて、江戸川区の全戸に配布しているほか、区役所や各事務所で配布しているそうだ。
災害時などに、自分は大丈夫と思ってしまう「正常性バイアス」が取りあげられることがあるが、こうしたハザードマップなどで、自分が住む地域の防災に対する意識や理解を深めておき、最悪のケースを想定して置くことは大事だ。
江戸川区水害ハザードマップ 江戸川区ホームページ

認知症の原因は「口の中にいる細菌」かもしれない | 健康 | ダイヤモンド・オンライン 「歯の健康」というと虫歯の予防に関心が行きがちだが、最近は口腔内の細菌叢が全身の健康に影響する可能性が指摘されている。


カラテカ入江「犯罪集団」忘年会に宮迫ら仲介、本人が声明発表 – まぐまぐニュース!同社では、忘年会への出席は会社を通さずギャラを受け取る「闇営業」にあたるとし、「うちは絶対に反社会組織との交流は許さない」との見解から、厳しい処分を科したという。

東京新聞:予算委 開かれず 衆院3カ月、参院2カ月 :政治(TOKYO Web) 衆参両院の予算委員会が開かれない状況が続いている。衆院では最後に開催されてから約三カ月、参院では約二カ月が経過した。野党は閣僚らの失言や日米貿易交渉を巡り安倍晋三首相との論戦を求めている。与党は夏の参院選を前に野党に見せ場を与えることを嫌い、開催に応じていない。 (木谷孝洋)

ソロモン諸島が台湾と断交し中国と国交樹立も 外務・貿易大臣「100日以内に決める」|ニフティニュース

世界初、ドライバー異常時対応システムのガイドライン国土交通省は29日、ドライバーが急病などで運転の継続が困難になった場合に自動車を自動で停止させる「ドライバー異常時対応システム」のガイドラインを世界に先駆けて策定したと発表した。国交省では「これにより、同システムを搭載したバスの早期導入が期待される」と、軽井沢スキーバス事故を念頭に同種の事故防止に期待感を示している。

給与総額4カ月連続マイナス 4月の毎月勤労統計(共同通信) – Yahoo!ニュース 厚生労働省が7日発表した4月の毎月勤労統計調査(速報、従業員5人以上の事業所)によると、基本給や残業代などを合わせた1人当たりの現金給与総額(名目賃金)は前年同月比0.1%減の27万7261円だった。マイナスは4カ月連続で物価の影響を加味した実質賃金も1.1%減となった。

細菌で大腸がんを早期診断 大阪大らのチーム発表 便潜血検査との併用で精度向上も(毎日新聞) – Yahoo!ニュース 腸内細菌を使って大腸がんを早期診断する手法を開発したと、大阪大らのチームが米科学誌ネイチャー・メディシンに7日発表した。がんの発症初期にだけ大腸で増える細菌を特定できたためで、チームは「大腸がん検診に使われる便潜血検査と併用すれば、診断の精度向上が期待できる」と指摘する。

「アマガエル」の「毒」に要注意(石田雅彦) – 個人 – Yahoo!ニュース 両生類の皮膚からは、生理的に活性化された有機化合物が分泌されていることがある。なじみ深いアマガエル(ニホンアマガエル、Hyla japonica)の皮膚分泌物には毒性があり、目に入ると炎症を起こしたり、最悪の場合は失明の危険もあるとネットで話題だ。そんなアマガエルについて考えた。

明治大学海野教授が実地検証「トランプが中国を嫌う本当の理由」  WEDGE Infinity(ウェッジ)カギは「雇用」の破壊と「愛国心」の欠如
移民強硬派の声
 結局、中国とメキシコに対する関税は支持者をつなぎ留めるための「政治的道具」に過ぎないのです。日本も完全にトランプ大統領の再選戦略に巻き込まれています。

地球など太陽系の惑星が太陽活動の周期に影響を与えていると判明 – GIGAZINE太陽黒点の数や太陽フレアといった太陽活動の周期は、長年の研究によっておよそ11年であることが知られています。そんな太陽活動の周期が、地球をはじめとする太陽系の惑星によって左右されていることを、ドレスデン・ロッセンドルフ研究所(HZDR)の研究者らが突き止めました。

聖書の世界が再現されるアメリカの「創造博物館」 | 本がすき。新聞社の科学記者として、生命科学や環境問題、科学技術政策などの取材を担当してきた三井誠さん。2015年からは、科学の新たな地平を切り開いてきたアメリカで、特派員として科学取材をスタートさせます。米航空宇宙局(NASA)の宇宙開発など、科学技術の最先端に触れることはできたものの、そこで実感したのは、意外なほどに広がる「科学への不信」でした。では、アメリカの科学不信の現場とは、いったいどんな様子なのでしょうか。
ルポ 人は科学が苦手~アメリカ「科学不信」の現場から~ (光文社新書) | 三井 誠 | 科学・テクノロジー | Kindleストア | Amazon子どものころから科学が好きだった著者は、新聞社の科学記者として科学を伝える仕事をしてきた。そして二〇一五年、科学の新たな地平を切り開いてきたアメリカで、特派員として心躍る科学取材を始めた。米航空宇宙局(NASA)の宇宙開発など、科学技術の最先端に触れることはできたものの、そこで実感したのは、意外なほどに広がる「科学への不信」だった。「人は科学的に考えることがもともと苦手なのではないか」―。全米各地に取材に出かけ、人々の声に耳を傾けていくと、地球温暖化への根強い疑問や信仰に基づく進化論への反発の声があちこちで聞かれた。その背景に何があるのか。先進各国に共通する「科学と社会を巡る不協和音」という課題を描く。

コメントを残す