今日のリンク

【食と健康 ホントの話】焼酎が血糖値の上昇を抑制する可能性!? 臨床実験で驚きの研究結果 (1/2ページ) – zakzak さらに驚くのは、1時間後の血糖値の比較だ。水が約50%上昇したのに対し、焼酎は約15%にとどまったという。つまり、焼酎は食後の血糖値の上昇を抑制する可能性があるということだ。


「年収200万円出させるのは中小企業には大打撃」日商、三村会頭の発言で日本経済の深刻さが曝露される | BUZZAP!(バザップ!)全企業の99.7%を占める中小企業が、働く人の70%の従業員に年収200万円すら出すのが困難という極めて深刻な日本経済の現状が浮き彫りにされてしまったことになります。

研究の現場から日本人の姿が消える日はそう遠くない 学生による学会発表は激減し、外国人研究者の独壇場に(1/5) | JBpress(日本ビジネスプレス) 学部4回生の学生に「君は修士課程に進まないの?」と聞くと、就職する、という学生が多い。理由を聞くと、「修士課程を終えた2年後には、景気が悪くなって就職できないかもしれないから」。
 たぶん、研究開発という分野に、日本人が携わることが難しい時代が、もうすぐそこに来ている。

川崎・登戸 児童ら刺され女児死亡 確保の男も死亡 十数人負傷(毎日新聞) – Yahoo!ニュース 28日午前7時45分ごろ、川崎市多摩区で「通行人が多数刺されている」と110番があった。神奈川県警によると、複数の子どもを含む19人が負傷し、女児が死亡。刺したのは男とみられ、神奈川県警が身柄を確保したが、死亡した。

今夏エルニーニョ発生か 世界的に高温の可能性(共同通信) – Yahoo!ニュース 【ジュネーブ共同】世界気象機関(WMO)は27日、南米ペルー沖で海面水温が高くなる「エルニーニョ現象」が6~8月に60~65%の確率で発生する可能性があると発表した。勢力は強くならない見通しだが、「世界的に高温となる可能性がある」と指摘した。

布川事件国賠訴訟・警察と検察の違法行為が冤罪を招いたと認める判決(江川紹子) – 個人 – Yahoo!ニュース そんな中、今回の判決からは、再審無罪の判決が確定しても、捜査機関がなお犯人視をしたり、世間で偏見を抱かれがちな冤罪被害者の名誉を含めて救済すると同時に、違法な捜査や証拠隠しによって裁判を歪めた警察・検察の責任を明確にすることで、司法に対する信頼を高めようとする裁判所の意欲を感じ取ることができる。

92歳の老人ホーム入居者が憂う「男やもめ」の恫喝:日経ビジネス電子版介護職員の慢性的な人手不足が背景に
ハラスメントを受けても我慢すべきだという風潮
迫りくる「老い」の現実がストレスを生む
手始めに介護職への「リスペクト」が必要

コメントを残す