今日のリンク

安くてウマい「ミニスーパー」都心でじわり拡大(産経新聞) – Yahoo!ニュース 大阪に先行し、首都圏ではミニ店舗の立地が活発化している。イオングループは「まいばすけっと」や「アコレ」などのブランドで、売り場面積150~200平方メートル規模の小型スーパーを展開。まいばすけっとは17年のスタートから約760店に達した。

世界一の「座りすぎ大国」ニッポン、「座り方」を改めよ!(クーリエ・ジャポン) – Yahoo!ニュースさらにゼロポジ座りのすごいところは、座っているだけで体幹のインナーマッスルが自然と鍛えられるというところです。
医師が教えるゼロポジ座り 疲れない、太らない、老けない | 中村格子 | 家庭医学・健康 | Kindleストア | Amazon
整形外科が考案。腰が痛まない、疲れない座り方 | mi-mollet NEWS FLASH Lifestyle | mi-mollet(ミモレ) | 明日の私は、もっと楽しい
お腹が凹み、太りにくい体に!筋トレにもなる座り方 | mi-mollet NEWS FLASH Lifestyle | mi-mollet(ミモレ) | 明日の私は、もっと楽しい

その痛み・不調は、「座り方」を変えれば消える! | 木津 直昭 | 医学・薬学 | Amazon.co.jpホーム | Amazon

運転中のハンズフリー通話は違反? 手で持ってないから大丈夫という考えは危険(くるまのニュース) – Yahoo!ニュース 今回問い合わせた内容をまとめると、運転中でも機器の使用方法によって通話は可能ですが、自治体の条例や警察官の違いによっては取り締まられることがあると分かりました。
 運転中に通話をしている時は、運転への注意力が少なからず削がれているので危険な行為であるともいえます。運転中に通話をしたいときでも、可能であれば安全な場所にクルマをきちんと停車してから通話することをオススメいたします。

病気を機に向き合った 井上陽水の歌詞を英訳 ロバート キャンベル(カナロコ by 神奈川新聞) – Yahoo!ニュース 病室から眼下に広がる東京の街を眺めながら、「夢の中へ」「積み荷のない船」などを翻訳。50曲を書籍「井上陽水英訳詞集」(講談社)にまとめ、14日に刊行した。

「IS戦闘員拡散」の脅威、スリランカのテロで顕在化(産経新聞) – Yahoo!ニュース 各国の対テロ・治安機関の間で、あるタイプの脅威がクローズアップされている。イスラム教スンニ派過激組織「イスラム国」(IS)がほぼ壊滅したシリアやイラクから母国へ帰還したり、他国に潜伏したりしたジハード(聖戦)主義者らが、各地でテロ・ネットワークを形成する可能性だ。4月21日に日本人を含む250人以上が犠牲となったスリランカの連続自爆テロは、まさにこの脅威が顕在化したケースだ。(前中東支局長 大内清)

「不謹慎狩り」の犯人は? 戦時中すでにあった「ネット世間」の原型 この不毛なゲームやめるには……(withnews) – Yahoo!ニュースこのような炎上現象を引き起こす人々について、精神科医の岩波明は、「彼らの本当の目的は、正当な非難ではない。ネット住民たちは、バッシングすべき対象が見つかれば、相手は誰でもよい。ただ、他人を徹底的に攻撃することが、心地よいのである」と述べ、「現在の日本社会では、バッシングすること自体を自己目的化したバッシングが横行している」との認識を示した(岩波明『他人を非難してばかりいる人たち バッシング・いじめ・ネット私刑(リンチ)』幻冬舎新書)。

IT業界「人手不足」と「大量の人余り」が同時発生 これってどういうこと?(THE PAGE) – Yahoo!ニュース 近年、日本では最新の技術に対応できない技術者が増加しており、業界では深刻な問題となりつつあります。同じ試算において、従来型IT人材のスキル転換がスムーズに進まないと仮定した場合、逆に10万人以上の技術者が余剰になるという結果が出ています。全体的には55万人の人材が不足するものの、10万人は新しい技術に対応できず、人手不足と人材余剰が同時発生するわけです。

ドクター江部の糖尿病徒然日記  日本糖尿病学会年次学術集会 【食事療法関係】報告。しらねのぞるばさん。– 従来過少であった設定カロリーは見直す.
– 年齢・性別を問わず,BMI=22を一律に標準体重としていたのを見直す.
– 高齢者のフレイル・サルコペニア対策として,蛋白質摂取を奨励する.
[高齢者のサルコペニア防止にむけて]
高齢者の総死亡率は,若年者・中年者では肥満とされるBMI=25以上で実はもっとも低いというデータに鑑みて,BMI=25を標準とする. また中年では BMI=22-25と幅をもたせる.若年のBMI=22はこれまで通り.

センメルヴェイス反射 | 三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba センメルヴェイス反射とは、通説や常識から外れたことを、「事実」であるにも関わらず受け入れられない傾向のことですが、逸話の源は実に恐ろしい。
 オーストリアの病院で妊婦が次々に産褥熱で亡くなっている状況で、センメルヴェイスは医師として「接触感染」に気が付き、対策を訴えたにも関わらず、他の医師たちからむしろ攻撃され、不遇の生涯を終えました。
 なぜ、センメルヴェイスの訴えた「事実」が広まらなかったのか。
「患者を殺していたのは、実は医師の手である」
 という事実が、医師たちに受け入れがたいものだったためです。

捕鯨反対派に対する、水産庁の回答に称賛の声 「ぐうの音も出ない」「まさにそれ」 – grape [グレイプ]水産庁は「すべての生き物に役割や価値があり、特定の動物に対する価値観を押し付けるべきではない」と回答。

コメントを残す