今日のリンク

悪人探しより、早急な対策を今回の事故で警察庁長官はガードレールの整備など、歩行者安全対策を進めるとの考えを示した。
今回の事故現場のように「なぜここにガードレールがないのか」という場所は全国にも多々あるだろう。そのような場所への速やかな安全対策を求めたい。(*3)

ベストセラー移籍で出版社困惑 こんまりに“片づけられちゃった”理由とは?(文春オンライン) – Yahoo!ニュース 一方、超大物を獲得した形の河出書房新社は、
「昨年、近藤氏のエージェントより、同氏の新企画(2020年刊行予定の次作の日本語版)および『人生がときめく片づけの魔法』『同2』の日本語版出版権のご案内を頂きました」
 と、近藤氏サイドからのオファーだったことを明らかにした。
 前出の出版関係者は「自らのブランド価値をより高めるため、老舗の河出から出すというビジネス上の判断でしょう。河出には最高の展開」と評する。真意を聞くべく近藤氏にも質問を送ったが回答はなかった。
 大胆な“片づけ”で出版社もときめかせる近藤氏。これもまた彼女の魔法。

【第二海堡】明治〜大正に建設、首都を守る海上要塞 上陸ツアーが解禁 | ハフポスト第二海堡は一般の立ち入りが禁止されてきた区域だった。
 観光資源として活用するため、昨年、管理する国土交通省が試験的にツアーを認めた。今年からは、旅行会社を通じたツアーが本格的に実施できるようになった。
 11日、東京湾一帯は青空が広がり、気温も各地で夏日が観測された。「はとバス」主催のツアーで参加した67人の一行は、神奈川県横須賀市から船で30分ほどかけ海堡に到着。ガイドの案内で砲台跡などを見学した。

心肺蘇生、不実施導入へ 本人意思尊重…東京消防庁、年内にも(産経新聞) – Yahoo!ニュース 自宅などで心肺停止状態に陥ったときに、蘇生(そせい)措置を受けずに最期を迎えたい-。高齢者本人が事前にそう希望していたにも関わらず、救急隊が蘇生措置を実施するケースが後を絶たない。こうした本人や家族の意思を尊重しようと、東京消防庁は年内にも、かかりつけ医らの指示による心肺蘇生の不実施(DNAR)を導入する方針を固めた。出場現場での待機時間の短縮など、救急隊の負担軽減も期待できるという。

コメントを残す