今日のリンク

内臓脂肪がストンと落ちる食事術 | 江部 康二 | 美容・ダイエット | Kindleストア | Amazon

米、対中関税を25%へ引き上げ 中国は報復宣言「必要な対抗措置取る」(毎日新聞) – Yahoo!ニュース 【ワシントン中井正裕】米中両政府は9日(日本時間10日午前)、米ワシントンで閣僚級の通商協議を再開した。ただ、米中の立場には隔たりがあり、トランプ米政権は米東部時間10日午前0時1分(同10日午後1時1分)、米国が輸入する年間2000億ドル(約22兆円)相当の中国製品に対する追加関税率を予定通り10%から25%に引き上げた。中国商務省は10日、「必要な対抗措置を取らざるを得ない」との報道官談話を発表し、報復を宣言した。一方、トランプ大統領は中国の習近平国家主席との電話協議で事態打開を図る可能性も示唆した。

「飛翔体は短距離弾道ミサイル」と防衛相(共同通信) – Yahoo!ニュース 岩屋毅防衛相は10日の記者会見で、北朝鮮が9日に発射した飛翔体について「政府として総合的に勘案した結果、短距離弾道ミサイルを発射したものとみられる」と述べた。
「なお分析中」、断定避ける=韓国(時事通信) – Yahoo!ニュース 【ソウル時事】韓国大統領府当局者は10日、北朝鮮が9日に発射した飛翔(ひしょう)体について「具体的な種類などに関しては韓米軍当局が引き続き分析中だ」と記者団に述べ、弾道ミサイルと断定することは避けた。
トランプ氏「誰もハッピーではない」 北朝鮮発射に不満(朝日新聞デジタル) – Yahoo!ニュース 北朝鮮が短距離ミサイルとみられる飛翔(ひしょう)体2発を発射した問題で、トランプ米大統領は9日、米ホワイトハウスで記者団に対し「我々は極めて深刻に見ている。(飛翔体は)小さなミサイルで、短距離ミサイルだった」と明らかにしたうえで、「(ミサイル発射は)だれもハッピーではない」と、北朝鮮の対応に不満を示した。

五輪チケットID登録に30分超/記者が争奪戦体験(日刊スポーツ) – Yahoo!ニュースまずはID登録。迷惑メール設定を解除し、必要事項を記入。「本登録用のメールを送信しました」と表示されるも、なかなか来ない…。ツイッターを見ていると、同じ悩みを抱えた人がたくさん。何度やっても一向に届かないため、いったんそのままにして仕事を始めた。

登下校中の子供を狙った犯罪 通学路に潜む危険、助け呼ぶ練習を(産経新聞) – Yahoo!ニュース では、巻き込まれそうになった場合、どうすればいいのか。中山さんによると、子供の甲高い大きな声はよく通るので、声を出す練習をしておきたい。その際、「助けてー!」という非日常的な悲鳴は、通行人や近隣住民に聞こえたとしても恐怖心を与えてしまう。「警察呼んで!」や「痴漢!」など具体的に叫ぶ方が効果的だ。

変わる警察官の採用 体格問わず、インスタで食事公開(朝日新聞デジタル) – Yahoo!ニュース 山形県警は、4月23日に受験受け付けを開始した今年度の警察官採用試験から「男性の身長はおおむね160センチ以上」などとする身長と体重の基準を廃止した。男の子の「なりたい職業」の上位にランクする警察官だが、志願者数は減少傾向。県警は間口を広げることで「警察官としての資質が認められる人であれば積極的に採用していく」という方針だ。

「自分狂ってるな」ゲーム依存、9年間で8回入退院…男性の苦悩(西日本新聞) – Yahoo!ニュース 健介が治療を始めて10年。今も週に1回、病院で診察と集団療法を受けている。仕事に就くため、職業訓練施設にも通い始めた。妻子と暮らし、かつてのような孤独感はない。でも再発の怖さを常に感じる。
 「ゲームを触るとスイッチが入る瞬間がある。そうなると時間を忘れ、周りが見えなくなる。自分を止められない。いつになったら大丈夫になるんだろう」

シュンペーターも絶賛!「脱獄した天才経済学者」の末路:日経ビジネス電子版ジョン・ロー(1671-1729)。18世紀のフランスで、史上初といわれるリフレ政策を実行。空前のバブルを生んだが……
失敗の本質 ① デフレ対策が暴走
失敗の本質 ② 政治的圧力に負けてコントロールを失う
 ジョン・ローのリフレ政策によってもたらされたミシシッピ会社の株価暴騰は「ミシシッピバブル」と呼ばれ、オランダの「チューリップバブル」、イギリスの「南海バブル」と並ぶ世界三大バブルの一つに数えられている。しかし、その規模と影響の大きさにおいて、ミシシッピバブルは、ずば抜けて巨大なバブルであったといえるだろう。
南海泡沫事件 – Wikipedia南海泡沫事件(なんかいほうまつじけん、英語: South Sea Bubble)は、1720年にグレートブリテン王国(イギリス)で起こった投機ブームによる株価の急騰と暴落、およびそれに続く混乱を指すが、主に損害を蒙ったのはフランスであった。ロバート・ウォルポールがこの混乱を収拾、政治家として名をあげる契機となった。バブル経済の語源になった事件である。

大津・園児死亡事故でのマスコミ批判。佐々木俊尚さんは「報道側も世間に晒される時代になったと認識を」 | ハフポスト滋賀県大津市の交差点で5月8日、保育園児の列に車が突っ込み2人が死亡した事故。同じ日に保育園側が開いた記者会見では、泣き崩れる園長に対し、一部の記者が保育園側を追及しているようにも見え、視聴者から批判が相次いだ。
「報道する側も世間に晒される時代になった。その認識があまりにも欠如している」と佐々木さんはそう分析した。
今回の会見では、泣き崩れる園長に記者たちが立て続けに質問したことに批判が集まった。
これについて佐々木さんは、「原因の1つは、メディアスクラム(過剰なマスコミ取材)がはびこったことだ」と指摘する。
「他社が撮っている映像なんだからうちも撮らなきゃいけないとか、他社が質問するならとにかくうちも何か引き出さないと…という様に周りに引きずられる形になる。1対1の取材では、あのようには決してならないと思います」
「泣いている園長の映像が印象に残るから、という理由でそのシーンを写真におさめる。動画を撮る。それが、エンターテイメントになってしまっている」
「他の例では、日産の元CEOのカルロス・ゴーン氏が逮捕された時もそうです。逮捕されたこと自体や、東京地検特捜部の対応が問題とされますが、日産という会社の構造的な問題こそ追及し、解明されるべきでした」
佐々木さんは、「このまま情報のバラエティ化の流れが止まらないならば、情報番組を制作する側がより一層ジャーナリズムの認識を深く持つ事だ」と語る。
「世間の報道への信頼は確実に落ちています。ネットの時代になった事で何が変わったのか。これを考えないと、マスコミは”マスゴミ”と言われ続けてしまう。『世間はどう見るのか』ではなく、『自分たちはどう見られているか』という視点をこれからの時代は、もっと意識すべきだと思います」

東京医大不正入試で2019年の女子合格者が急増?⇒この噂デマでした(全国調査の結果) | ハフポストつまり「女子の合格者が急増した」という話とは反対の結果が出た。

歩行者が死亡する交通事故、日本はなぜ多いのか。 「ポールがあれば防げたかもしれない」専門家に聞く 【大津事故】 | ハフポスト大津市の交差点で園児らに車が突っ込み、園児2人が亡くなった。「1本、2本のポールが設置されていれば、もしかしたら命が助かったかもしれない」。専門家はそう話す。
「日本では、歩行者よりも車を優先した道路づくりがされてきた」。歩行者の死亡事故が多い原因について、伊藤さんはそう指摘する。
「日本は、いかに車が通りやすい環境を作り、そこに人間がうまく適応するか、という視点でまちづくりをしてきた。一方で欧米は、歩行者に優しい街を作り、そこに車がどう共存するか、という視点でまちづくりをしています」
「ヨーロッパは馬車文化で、大昔から時間をかけて『歩道』と『車道』を作ることが行われてきた、などの歴史的な背景もあります。日本は車輪文化が短く、歩道だった道路に車が走り出すようになり、今度は人間はどこを歩くんだ、ということになってしまった」
「1964年の東京オリンピック前に、急ピッチで道路を作ったことも大きく影響していると思います。“早く安く”道路を作ることで歩行者の安全が後回しになってしまった。国道ですら歩行者と自動車の分離ができていないような道路もあり、死亡事故も起きています」

「失われた30年」でエリートのキャリア観はどう変わった?東大生の就職先ランキング平成史時代は変わっても中央官庁は東大生の「特権」
圧倒的な人気を誇る外資コンサル、就活の早期化へ影響も
「企業の平均寿命がどんどん短くなる中で、”安定した大企業”に勤めるのではなく、スキルを身に付けることで“個人を安定させる”ほうがキャリアを積む上でのリスクヘッジになり、結果的な安定につながると考える東大生は多いです。こうした意識はさらに高まっていくのではないでしょうか」(林さん)。

Amazon | Ninonly 万能ソケット レンチ 7~19mm ユニバーサルソケット ドリルアダプター付き インチねじ ナット 多機能 3点セット 修理 修復 | レンチセット価格: ¥ 950

フィギュア坂本「同じ制服着られてうれしい」 来年退官の警察官の父と“最後の親子共演”(神戸新聞NEXT) – Yahoo!ニュース フィギュアスケートの全日本選手権女王の坂本花織(19)=シスメックス、神院大=が10日、神戸市長田区で兵庫県警の「一日交通安全大使」を務め、同県警警察官の父修一さん(59)らとともに、交通安全や事故防止などを啓発した。
【動画】制服姿りりしく フィギュア坂本選手が交通安全をPR
 坂本はこの日、「春の全国交通安全運動」に合わせて安全大使を委嘱され、セレモニーに出席した。女性警察官の制服姿で登場した坂本は「(父親は)いつもこんな感じで働いているんだな、と。同じ制服を着られてうれしい」と照れ笑い。親子は並んで記念撮影に応じ、JR新長田駅近くの商店街をパレードした。

コメントを残す