今日のリンク

19ch.tv【塾チャンネル】
とある男が授業をしてみた – YouTube

日米、サイバー攻撃に「安保適用」 条件は個別に判断(朝日新聞デジタル) – Yahoo!ニュース 日米両政府は米ワシントンで19日朝(日本時間同日夜)、外務・防衛担当閣僚会合(2プラス2)を開いた。日本に対するサイバー攻撃に、米国による日本防衛義務を定めた日米安全保障条約第5条が適用される場合があり得ることを、初めて確認。サイバー攻撃を受けた際の米国の対応を明確にすることで、抑止力を高める狙いだ。
 日米安保条約第5条は日本や在日米軍に対する武力攻撃に対し、共同で対処することを定めている。だが、サイバー攻撃は攻撃してくる相手の特定などが難しい。このため、共同文書では、どういう場合に第5条が適用されるかについては「日米間の緊密な協議を通じて個別具体的に判断される」との表現にとどめた。

「令和」の考案者は中西進氏 複数の政府関係者が認める(朝日新聞デジタル) – Yahoo!ニュース 政府は19日、新元号「令和」の選考過程で1日に開いた有識者懇談会、衆参両院正副議長への意見聴取、全閣僚会議の議事概要を公表した。「令和」以外の最終案やそれらの考案者は明らかにしなかった。だが、朝日新聞の取材に対し、複数の政府関係者が「令和」を考案したのは国文学者で、万葉集研究第一人者の中西進氏(89)だったことを認めた。

巨大IT規制 行政処分も視野 政府が検討、ネット通販から(毎日新聞) – Yahoo!ニュース 巨大IT企業に対する規制のあり方を検討している政府の作業部会の中間報告案が19日、判明した。独占禁止法を補完する形で「新たな法制化」を行い、違反企業に対する改善命令など行政処分の導入を検討する方針を盛り込んだ。また、規制はネット上で多様な店舗が出店する「オンラインモール」などを対象に先行実施し、必要に応じて他の業態に広げる考えも明記した。

自民党に失言続出、議員劣化が加速する根深い理由 | News&Analysis | ダイヤモンド・オンライン失言議員続出の裏で
ささやかれる「質の低下」の原因
見栄えと経歴の良さで決まる!?
候補者選びの眼力も低下
SNSで露呈する
勉強不足や人間性の問題
 鈴木氏の話を総合すると、失言や問題行動が続く背景には、緊張感のない政界の状況、現行の選挙制度、公認候補を選定する仕組みなどが根深く影響しているようだ。有権者自身も、政治に対して無関心になるのではなく、強い関心を向けていかなければ、弛緩した政界の緊張感を高めることはできないだろう。

家族申告でパチンコ店入店制限など依存症対策基本計画決定 | NHKニュースギャンブル依存症の対策を強化するため、政府は家族からの申告によるパチンコ店への入店制限や、競馬場などで顔認証によって個人を特定する仕組みの導入など、事業者に検討を促すことを盛り込んだ基本計画を19日の閣議で決定しました。

コメントを残す