今日のリンク


メジロとヒヨドリ
メジロ – Wikipedia和名メジロ英名Japanese White-eye
ヒヨドリ – Wikipedia和名ヒヨドリ英名Brown-eared Bulbul

ピエール瀧容疑者の逮捕から考える薬物依存症と治療やケア、周囲の理解の必要性(藤田孝典) – 個人 – Yahoo!ニュースピエール瀧容疑者の逮捕と薬物
欧米と比べても少ない薬物使用経験者
薬物依存症者に必要なのは厳罰ではなく治療とケア
だからこそ、当事者は気軽に相談してほしいし、他の方も刑事司法での厳罰化から治療やケアに繋がるように、引き続き薬物事犯ニュース報道を冷静に見ていただけたらと思う。

荻上チキさん、ピエール瀧容疑者の逮捕報道でメディアに苦言 「何を目指しているのか…」 | ハフポスト荻上さんは、この「薬物報道ガイドライン」に照らし、ピエール瀧容疑者に関する13日のテレビ報道をチェックした。
番組内で、荻上さんは「芸能人のスキャンダル報道になっていて、薬物依存症問題を丁寧に報道したものはほとんどなく、残念な実情だった」と感想を語った。
たとえば薬物報道ガイドラインでは、白い粉や注射器などのイメージカットを使った報道を「避けるべき」としている。
「薬物依存症についての研究では、ハームリダクションという考え方が注目されています。『非犯罪化』することで、使用者や所持者を罰することをやめ、適切に医療につなげていくものです(他方で、売人は処罰します)」
「今回のような報道をすることで、薬物使用からの回復を社会的に促すものとは逆行した、社会的不寛容が助長されることも気になるところです」
ラジオ番組の中で、荻上さんは「『望ましいこと』ができている放送メディアはほとんどなかった」と評し、「薬物依存症の情報サイトや相談窓口の案内をテロップで流すだけでも社会の受け取り方は変わってくる」と提案した。

「アポ電」強盗殺人 容疑で男3人逮捕 警視庁 – 産経ニュース 事件は同日午後、ケアマネジャーの女性が部屋を訪れて発覚。マンションの防犯カメラには午前中、3人組が出入りする様子が写っていた。

ピエール瀧「韓国紙幣でコカイン吸引」報道は捜査当局とマスコミの差別扇動だ! 案の定、ネットは韓国ヘイトの洪水に|LITERA/リテラ「多くのメディアが「韓国紙幣」と報じることを考えると、これは麻取が情報を出したとみて間違いないでしょう。麻取の捜査は見せしめ的要素が強いため、とにかく事件を大きく報道させたがる。芸能人などを狙い撃ちするのもそのためだし、逮捕後も話題にさせようといろんな情報をリークするんです。今回は、いま、日本を覆ってる“嫌韓感情”を利用して、話題を煽ろうとしたんでしょう」(全国紙社会部記者)

漂流男性救ったのはジーンズ! 空気入れ“救命胴衣”に | NHKニュース男性は地元メディアに対し、「ズボンが救命胴衣のように利用できることは知っていたがジーンズなしでは助からなかった。ジーンズが命を救ってくれた」と話していました。
ネット上では、ニュースや動画を見た人から「すごい対応だ」とか、「ジーンズに穴があいていなくてよかった。よくやった!」などと驚きの声が上がっています。

食パン袋とめるアレ=埼玉の名産品だった! 年30億個、実は作ってるのは川口の工場だけ 担当者に聞いた(withnews) – Yahoo!ニュース 映画「翔んで埼玉」が公開され、何かと話題になっている埼玉県。そんな県の意外な「特産品」がネット上で注目を集めています。食パンの袋についている白や水色の留め具「バッグ・クロージャー」です。年間30億個を川口市の工場で作っているという会社に話を聞きました。

液体ミルク 明治参入 製造拡大が焦点に(日本農業新聞) – Yahoo!ニュース 常温保存が可能な乳児用液体ミルクの製造販売が動きだした。乳業最大手の明治が13日、販売開始を発表。国内では2社目となる。政府が災害物資と位置付け、普及を後押しする背景がある。ただ一般の消費者にどこまで受け入れられるかといった需要の見極めが難しく、設備投資に慎重なメーカーもある。今後、製造がどこまで広がるかが焦点となる。

CA、看護師…笑顔を強いられる職場で「燃え尽き症候群」に陥る理由(ダイヤモンド・オンライン) – Yahoo!ニュース● 笑顔や明るい声で仕事することを 当然のように課せられる「感情労働」
● 客室乗務員と債権回収人は、 どちらも「感情労働」を強いられる典型例
● 感情労働者はまるで“舞台役者” 「表層演技」と「深層演技」の違いも
 「表層演技」とは文字通り、外から見ることができる表面的な感情表現の仕方を、仕事上で求められるものに変化させるような行為を指します。例えば、お客さんを目の前にしたとき、内心では「横柄な態度で嫌な客だな」と思っていても、本心を相手に悟られないように隠して、意識的に笑顔を作り出すような行為です。
 一方の「深層演技」は、内面的な感情の持ち方自体を職務上望まれるものへと変えることによって、仕事中の感情表現も変化させる方略です。少し難しいかもしれませんが、仕事における役割を理解し、役になりきるようなイメージと言えば分かりやすいでしょうか。
● 「本来の気持ち」と「表情」のズレが “燃え尽き症候群”を生みかねない
● 「深層演技」を用いることで 感情的不協和を避けられる可能性も

「ワンセグ携帯も義務」確定=NHK受信契約、上告退ける-最高裁(時事通信) – Yahoo!ニュース ワンセグをめぐる訴訟は5件起こされ、最高裁で確定するのは初めて。いずれも、テレビを持たず、ワンセグ携帯のみ所有している場合でも契約義務を負うとするNHK側主張が認められた。

FacebookとInstagramで障害 ログインや投稿など不具合(ITmedia NEWS) – Yahoo!ニュース 3月14日未明から、FacebookとInstagramで不具合が出ている。両サービスを運営する米Facebookは午前3時ごろ「Facebookファミリーのアプリに障害が出ている」と表明。解消に向けて努力しているという。障害の原因は「DDoS攻撃ではないことを確認した」としている。

「超聴診器」登場で「離島・へき地」医療の大革命が起きる? | News&Analysis | ダイヤモンド・オンライン そんな聴診器に、イノベーションを起こす存在として注目されているのが、循環器内科医で医療系ベンチャーの代表も務める小川晋平さんだ。
(心音がもっと精緻に、しかも素早く簡単に聴診できるようになれば、救える命が増えるのではないだろうか)
 大学院に通いながら非常勤医師のアルバイトで開発費を補い、預金を取り崩し、周囲から変人扱いされるのを歯牙にもかけず、革命的に新しい聴診器である「超聴診器」を作り上げた(超聴診器の正式名は「自動診断アシスト機能付遠隔医療対応聴診器」)。
 超聴診器は、手のひらに収まる電気シェーバー大の軽量級。医師に限らず、保健師や患者自らが扱うことも想定し、胸の中心に、ほんの5~10秒間当てるだけで心電をトリガーにして心音を解析すると同時に可視化し、大動脈弁狭窄症の徴候を自動的に診断できるようにした。

コメントを残す