今日のリンク

時間の歪みが観測できる!日本発「光格子時計」の衝撃 | ものつくるひと | ダイヤモンド・オンライン 香取秀俊は「光格子時計」の発明者である。光格子時計とは、特別な波長のレーザー光で作ったごく小さな格子の入れ物に、100万個ものストロンチウム原子を入れ、それぞれの原子の振り子の振動数を同時に観測することで、驚異的な精度を実現する時計だ。
 18年には高さ450メートルの東京スカイツリーの展望台に小型化した光格子時計を設置し、地上に比べてどれだけ時間が速く進むのかという検証も始めた。
 光格子時計は時計の概念を変えるかもしれない。時間を計り、確認し合うための道具から、時空のゆがみを利用した全く新しい道具に生まれ変わり得る。
 例えば、火山活動や地震による地殻変動などによる標高差のリアルタイムの変化、質量分布の変化を測定することで、見えない地球の内部で何が起こっているのかつかむセンサーになるかもしれない。地下のマグマの位置だけでなく、地下資源を探ることも可能だろう。

KDDIホームプラス電話 到着 無事開通 電波OK
以前に宅内LANSWが故障して、取り換えたのが偶々回線数不足のハブで、無線ルータの回線と合わせて使っていたのに気が付いた。
POINT Phone select
契約開始日 2005年01月25日
IP電話 05080043586
は解約した。

EU、「デジタル税」導入見送りへ 大手IT企業は一安心か(ロイター) – Yahoo!ニュースEUの税制改革を巡ってはアイルランドや北欧諸国が強硬に反対しているほか懐疑的な立場を取る国もある。一方、フランスやイタリア、スペインは国単位でのデジタル税導入に舵を切っている。

大橋純子が復帰へ 昨年3月食道がん公表「やっと歌手として待望の復帰がかなう」(サンケイスポーツ) – Yahoo!ニュース 今年は歌手生活45周年の節目で、7日放送の日本テレビ系「情報ライブ ミヤネ屋」(後1・55)で復帰し、代表曲「シルエット・ロマンス」を生歌唱。5月24日に開幕する全国ツアーでステージ復帰するが、「1年たちましたが、やっと歌手として待望の復帰がかなう」と喜んだ。

「長期拘束」見直し機運乏しく=政府、司法制度批判に反論-ゴーン被告(時事通信) – Yahoo!ニュース 今回、与野党とも海外からの「人権侵害」批判は認識しつつ、制度改正には腰が重い。各国で司法制度が異なることに加え、注目を集める事件の行方や日産・仏ルノーの提携への影響に当面の関心が向いていることも影響しているもようだ。

「あなたのポルノを公開する」お金を払わない自信ある?:日経ビジネス電子版 こうした性的な脅しをするサイバー犯罪はセクストーションと呼ばれる。「Sex(性的な)」と「Extortion(恐喝)」を組み合わせた造語だ。
 騙される最大の原因は、被害者がメールサービスなどに使用しているパスワードが脅迫メールに記載されているからだ。被害者はパスワードを悪用されてハッキングを受けたと思って、乗っ取り宣言を信じてしまう。メールを送りつけられたカスペルスキーの社員のケースでも、デバイスの乗っ取り被害はなかったが、記載されていたパスワードは以前社員が利用していたものだった。
 セクストーションによる被害をどう防ぐか。大沼氏によると、簡易版のセクストーションの脅迫に応じなくても、ポルノがばらまかれた事例は報告されていない。「実際に乗っ取りが起きている可能性は低い」という。つまり、架空請求と同じく「無視する」ことが最もシンプルな防御法だ。
 自信をもって「無視をする」には、普段自身が使っているウェブサービスにも注意を払う必要がある。近年大量のパスワードが流出するのは、セキュリティ対策が脆弱なウェブサービスが狙われているからだ。昨年には三菱地所グループのアウトレットやジャパンレンタカーのウェブサービスからの流出が確認された。こうしたサービスで使っているパスワードをメールサービスなどのパスワードとして使い回ししていれば、実際にハッキングするのも容易になる。

コメントを残す