今日のリンク

血糖値測定、採血不要に 針の痛みなし、大阪のベンチャー | 共同通信 大阪市のベンチャー企業、ライトタッチテクノロジーが、持ち運び可能な大きさで採血の必要がない血糖値測定器の開発を進めている。赤外線を指に5秒ほど照射するだけで、針を刺さなくても測定できるのが特長。痛みを伴わないため糖尿病や低血糖症の患者の負担やストレスの軽減につながり、子どもにも使いやすい。2021年度の実用化を目指している。
light-touch-techLTTの測定器は、誰でも光に手をかざすだけで、わずか5秒程度で自身の血糖値を手軽に測定することができます。

4500万人のユーザーに“パスワード”をやめさせたい――ヤフーが進める「もっと安全で簡単な認証」とは (1/3) – ITmedia エンタープライズ このうち、2017年に始まったSMS認証は、ログインの際、ユーザーが登録した携帯電話番号に送信される「確認コード」を使って認証を行う。スマートフォンなどの端末から設定でき、手軽な上、パスワードと違って「覚える」必要がなくなる。ただし、ユーザーの状況によってはSMSで確認コードを受け取るまでに待ち時間が発生する可能性があり、仮にユーザーが端末を紛失した場合、ヤフーの設定画面からSMS認証やメール認証を停止し、再度ログイン方法を設定し直すといった手間も発生する。
 こうした課題を解消する新たな方法として、同社が2018年10月に開始したのが「FIDO2認証」だ。現在は「『Android 7.0』かつ『Google Chrome 70』以上」のユーザーのみ使えるという。一体どんな仕組みなのか。

政府主導の“対民間”サイバー攻撃? 物議を生む「NOTICE」を実行せざるを得ない、国内の深刻な事情 (1/5) – ITmedia エンタープライズ

富士通、希望退職2850人=461億円の費用計上-今期(時事通信) – Yahoo!ニュース 富士通は19日、ITサービス強化と間接部門の合理化を目指したリストラ策の一環として実施した希望退職者の募集に、2850人が応募したと発表した。退職日は3月31日で、割増退職金などの費用として2019年3月期に461億円を計上する。業績予想に変更はない。 

大規模ライブ↓ BGM↑ JASRACが手数料率変更(朝日新聞デジタル) – Yahoo!ニュース 一方で、美容院や飲食店などで流される「BGM」の場合、手数料率を12%から25%に引き上げる。2002年にBGMから徴収を始めた際には、個々の店が有線放送のサービスを提供している企業を通じてまとめて使用料を支払うことが多く、効率的に著作権使用料を徴収することができた。だが近年はインターネット上で音楽を配信する定額のストリーミングサービスが普及するなどBGMの利用形態が多様化。それぞれの店から個別に使用料を徴収しなければならないなどのケースが増え、手間がかかるようになったため料率を引き上げるという。

アマゾン、2年連続税金ゼロのからくり(ニューズウィーク日本版) – Yahoo!ニュースアマゾンは2017年度も、56億ドルの利益を上げながら払った税金はゼロだった。

「違法ダウンロードの範囲拡大」に潜む、重大な問題点(現代ビジネス) – Yahoo!ニュース 発端は昨年の12月、文化審議会著作権分科会法制・基本問題小委員会による著作権法改正の「中間まとめ」が示され、広くパブリックコメントが求められたことに遡る。音楽と動画に関しては、2009年から海賊版のダウンロードは違法とされ、2012年からは刑事罰の対象にもされていた。
 そして今回、それに加えて海賊版マンガのダウンロードが違法対象に加わる――のかと思いきや、「中間まとめ」で示されたのは、「著作物の種類・分野による限定を行うことなく広くダウンロード違法化の対象範囲に含めていくべき」という方針であり、その「方向性については、概ね共通認識が得られた」との記述があった(その後の報道で、実は委員会内部でもこの方針に強い疑問を呈する声が多かったことが判明する)。
DL違法化、研究者や弁護士ら87人が緊急声明 「国民生活に及ぼす影響、検討が不十分」(弁護士ドットコム) – Yahoo!ニュースこのダウンロード違法化の範囲拡大に対し、知的財産法や情報法の研究者らが2月19日、対象の範囲について「さらに慎重な議論を重ねることが必要」「拙速な法改正は、私的領域のおける情報収集の自由に対して過度の萎縮効果を及ぼす」とする緊急声明を出した。文化庁の方針に対し、著作権法の専門家らが一斉に反対の意思表明をすることはきわめて異例という。

確定申告の医療費控除で知らないと大損しかねない「明細書の書き方」 | 老後のお金クライシス! 深田晶恵 | ダイヤモンド・オンライン

パチンコ利権 (1/2)では具体的に私はこの本を書くにあたって、どのような問題を設定したのか、というと、本書は一言で言えば「パチンコ業界はこれからどうあるべきか?」ということをテーマに書いた本である。だからこの本は決して「在日韓国資本が日本人を脱法ギャンブルで堕落させて資金を収奪し、不当に懐を潤し、その一部の資金を脱法的に本国に送金し、それを取り締まるはずの警察は天下りすら検定システムで業界から甘い汁を吸っている」というようなテンプレートなヘイトスピーチでパチンコ業界をいたずらに糾弾するような後ろ向きな本ではない。もちろん本書の中では、こうしたパチンコ業界の利権的体質を事例に基づいて盛りだくさんに記載しているわけだが、その目的はあくまで「なぜこのようなおかしなことが起きてしまうのか?」ということを事実に基づいて構造的に分析するためである。例えば、誰しもがおかしいと感じている「三店方式」と呼ばれるパチンコの換金方式が生まれた理由や、パチンコ業界から北朝鮮にどれくらいどのような仕組みでお金が流れていたのかとか、警察がそれに対してどのように対策をしたのかとか、その一方で警察とパチンコ業界がなぜ一体化してしまったのかとか、そういったことを歴史的な経緯、制度の詳細、国会等における議論、パチンコ業界の経営環境の変化、などから分析している。
パチンコ利権 – 瀕死の業界に未来はあるのか? – | 宇佐美 典也 |本 | 通販 | Amazon「三店方式」めぐる「警察」と「ヤクザ」の歴史、「在日」と「北朝鮮」と「お金」の誤解と真実、凋落を招いた「AT機」と「MAX機」の大罪、「カジノ法案」と「ギャンブル依存症」の関係 ―― 元官僚でパチンコユーザーでもある著者が国、ホール、メーカーの利権争いにメスを入れ、〝グレー産業〟からの脱却を提言する!!
また、パチンコの明るい未来を語るべく、『ギャンブル依存症問題を考える会』代表・田中紀子氏と、AV女優で作家でもある紗倉まな氏との対談も掲載!
「この本ではさんざんパチンコ業界の問題点を指摘していくことになるわけだが、私としてはなんとかパチンコ業界の方々に、ユーザーにとっても業界にとっても持続可能な21世紀のビジネスのあり方を見つけてほしいと外部者ながら願っており、この本が彼らにとって何らかのヒントを与えられるものになれば誠に幸いである」(著者より)
序章 私とパチスロの出会い 〜AT機、ST機が生んだ破滅への道
第1章 パチンコ利権の構造 〜三店方式をめぐるヤクザ、そして警察との関係
第2章 パチンコと在日と北朝鮮 ~朝鮮総連の暗躍と日本人の誤解
第3章 パチンコ業界の病理 ~カジノ法案とギャンブル依存症
第4章 数字から見るパチンコ業界の凋落 ~大逆風に見舞われた21世紀
第5章 パチンコ業界はこれからどうすべきか ~〝グレー産業〟からの脱却を提言

コメントを残す