今日のリンク

「火山津波」の脅威とは?  日本列島でも度々起きてきたこと忘れるべからず(巽好幸) – 個人 – Yahoo!ニュース インドネシアと同じように、日本列島も海に囲まれた火山大国だ。だから、今回のインドネシアの火山津波災害は他人事ではない。実際、この国でも同様の火山津波による災害はこれまでに何度も起きてきたのだ。実は、日本史上最悪の火山災害で1万5000人の死者を出した「島原大変肥後迷惑」(【過去の教訓を未来につなぐ】日本史上最悪の火山災害:島原大変肥後迷惑)も、雲仙岳の火山活動に伴う津波が原因だった。

“定年制・賃金制度 見直しを”OECDが日本に提言 | NHKニュースそのうえで、カナダなどのように定年制度をなくすことの検討や、業績や能力給を取り入れるなど、働きに見合った賃金制度への見直しを進めるべきだとしています。

ダイソーのCDクリーナーを試した。変化なし。歯磨き粉も試したが、変化なし。次に進む。
ビックカメラ.com | サンワサプライ ディスク自動修復機 研磨タイプ CD-RE2AT 通販

平成とともに「年賀状じまい」 終活背景、人付き合いもスリムに(神戸新聞NEXT) – Yahoo!ニュース 「平成最後となる本年をもちまして、年始のごあいさつを失礼させていただきます」-。来年の新天皇即位で元号が変わるのに合わせ、長年続けてきた年賀状のやりとりをやめる「年賀状じまい」をする高齢者が増えている。人生の終盤に向けて準備する「終活」が広まる中、次の時代は人付き合いもスリムにしたいとの思いがあるようだ。(広畑千春)

海外流出から40年 WAGYU 世界規模で拡大 種畜や精液出荷 F1、牧草肥育も(日本農業新聞) – Yahoo!ニュース米は1・6万頭飼養
 農水省によると米国WAGYUは、日本から1970年代から90年代にかけて入手した和牛生体247頭と凍結精液1万3000本を元にして育成された。90年代に遺伝資源の一部がオーストラリアに渡り、その後急速に生産国が拡大した。これらの国では日本と異なり、純粋種でなくてもWAGYU表示で売られている。総会では一部の生産者から「純粋種以外はWAGYU表示を認めないようにしよう」という提案が出されたが、反対多数で否決された。

東京タワー還暦 前田伸社長「100年超すランドマークに」(産経新聞) – Yahoo!ニュース 23日に60周年を迎えた東京タワー。管理運営する「東京タワー」の前田伸社長(56)に、還暦を迎えた東京タワーへの思いや、今後の目指すべき姿を聞いた。シンボルとしてだけではなく、災害時の情報発信機能を維持し、文化発信の拠点としての役割を担いながら、今後、100年を超えても“健在”な構造物を目指すとしている。

ソフトバンク最高技術責任者が漏らした「ファーウェイ排除」への本音ソフトバンクの宮川潤一CTOによれば「4Gと5Gでは基地局の仕組みが違う。5Gでは基地局側で情報を処理する仕組みがあり得る。MEC(Mobile Edge Computing、基地局などにサーバーを置いて、超低遅延で処理する仕組み)になると、サーバーが基地局に近い場所におかれるようになる。そういう意味では米国政府の懸念も理解できる。

ゼロカロリー系食品の懸念、人工甘味料を「肥満剤」と呼ぶ人も

外資への技術移転強制、中国が禁止へ 米側に大きく譲歩:朝日新聞デジタル 中国政府は23日、外資の技術を中国側に強制移転させることを禁じる「外商投資法」の立法作業に着手した。技術の強制移転は米国などから厳しく批判され、米中通商紛争の焦点になっていた。中国政府はこれまで「強制的な技術移転はない」との立場だったが、米側に大きく譲歩した形だ。

市長と行政を訴える「怒り」の受動喫煙「裁判」神奈川で(石田雅彦) – 個人 – Yahoo!ニュース 裁判は始まったばかりだが、立松さんはけっして金銭目的の訴訟ではなく、喫煙所が撤去されればそれでいいのだという。もちろん喘息が引き起こされたことが直接の動機だが、法律に詳しくない理系技術者が社会勉強の1つであり自分の子どもへの教育の一環と考え、自ら調べて訴状と準備書面を作成した。
 2010年にも都内で同様の訴訟がなされ、公園の灰皿が撤去されたことがある。立松さんの場合も代理人弁護士には依頼せず、少額訴訟のため、印紙代と郵送費を合わせても1万円弱しかかかっていない。

日本の女子大生からの「恋愛」質問に対する中国外交部報道官の答えは?_中国網_日本語 会場にいた日本の大学生たちの服装も中国側を驚かせた。ほとんどの大学生が「I love China」と印字された白いTシャツを着ていたからだ。一部の学生は、最近中日が共同で開催した日本の青年1000人が訪中する活動に参加したのがきっかけに中国好きとなり、そのほかの学生も純粋に中国に対する好感を示すためにこのTシャツを着用したのだという。
こういった公共外交を通じて、両国の国民の距離とは縮まっていくのだろう。創価学会の内田雄二氏は、以前に胡耀邦総書記の招きで中国を訪問した日本の青年3000人のうちの1人で、その時の経験を通して「中国は素晴らしい国だ」という確信を強めたという。そして、その後の30年間、日本の中国人留学生を熱心にサポートし続け、中日友好のためにたゆまぬ努力を続けてきた。さらに、娘を中国に留学させることで、彼女が「次の世代の日中友好の懸け橋になることを願っている」としている。
次の世代の中国人と日本人の信頼と友好が、中日関係に一層明るい未来をもたらしてくれることを願っている。(編集KN)
「人民網日本語版」2018年12月21日

コメントを残す