今日のリンク

「いじめは科学で解決できる」岩隈久志投手が発起人のいじめ撲滅プロジェクト"BE A HERO" (1/3)いじめの原因はアンバランス・パワーとシンキング・エラー
傍観者の行動でいじめは止められる

【POCKETALK】ポケトーク(初代モデル)の初期設定方法まとめ ※非公式マニュアル | SimpleStock3.1

太陽光買い取り見直し検討 未稼働は認定取り消しや減額(朝日新聞デジタル) – Yahoo!ニュース 経済産業省は、再生可能エネルギーの固定価格買い取り制度(FIT)の見直しに着手する。導入当初に認定を受けた太陽光発電施設のうち、いまだに発電を始めていない施設などについて、認定の取り消しや買い取り価格の減額を含め検討する。当時の買い取り価格が割高に設定され、これらの施設がすべて発電を始めれば産業界や家庭への負担が膨らむためだが、事業者からは反発も予想される。

<北海道地震>被害3675億円 停電分は1318億円(毎日新聞) – Yahoo!ニュース 北海道胆振(いぶり)地方を震源とする最大震度7の地震による道内の被害額が3675億5100万円に上ることが3日、道のまとめで明らかになった。このうち停電で操業できなくなったことによる製造、卸売り、小売りなど商工業の被害影響額は1318億円だった。

入試共通テスト、「利用したい」大学7割どまりに(朝日新聞デジタル) – Yahoo!ニュース 大学入試センター試験に代わって2020年度から始まる大学入学共通テストについて、「利用したい」としている大学が全体の約7割にとどまることが、朝日新聞と河合塾の共同調査「ひらく 日本の大学」でわかった。共通テストの試行調査について「難しい」という答えや、英語の民間試験導入について「問題がある」とする回答が多く、慎重な姿勢が浮かんだ。

ノーベル賞受賞で相談殺到 誤解してほしくない免疫療法(BuzzFeed Japan) – Yahoo!ニュース「問い合わせてくる人は、標準治療がどのように研究を積み重ねて効果が証明されたかがわかっていないので、言葉の響きから並みの治療だと思っています。お金さえ出せばもっといい治療があるはずと自由診療に流れたら、大きな副作用もある薬なので心配です」
「免疫チェックポイント阻害剤」以外にも「免疫療法」を名乗る治療法
画期的な薬だが、万能薬ではない
勝俣さんは、「受けてはいけない免疫療法」を見分けるコツとして、3つあげる。
1.保険がきかない自由診療であること
2.患者の体験談が載っていること
3.「副作用が少ない」「がんが消える」などネットで効能効果をうたっていること
「ノーベル賞受賞のニュースをきっかけに検索したくなるかもしれませんが、一つでも当てはまっていればまず危ない免疫療法と考えて間違いないです。メディアもこの違いがわかるように勉強して報じてほしい」

神戸のコンテナ火災、1カ月鎮火せず 消防「あと1カ月は…」(神戸新聞NEXT) – Yahoo!ニュース 台風21号による深刻な高潮被害で、神戸市東灘区の六甲アイランドで9月5日未明に起きたコンテナの火災は、今も完全な鎮火には至っていない。出火原因とされる金属のマグネシウムが水に触れると、化学反応で発熱・発火する性質があるため、処分に時間がかかるという。

<船橋通り魔>殺人未遂容疑で32歳自称アルバイトの男逮捕(千葉日報オンライン) – Yahoo!ニュース 同捜査班によると、2人に面識はなかった。防犯カメラ映像などから男が浮上した。男には中度の知的障害があり、刑事責任能力の有無を調べる。

ノーベル物理学賞はレーザーを飛躍させた3人に。女性の物理学賞はこの半世紀で初めてだった。2018年のノーベル物理学賞はレーザー研究で大きな業績を残した3人の研究者が受賞した。この研究はその後実験から医療までありとあらゆる応用が発見されている。レーザーを利用した「光学ピンセット」の発明に対してアーサー・アシュキンが受賞し、ジェラール・ムルー、ドナ・ストリックランドは強力なパルスレーザーを開発した功績で受賞した。ストリックランドはノーベル物理学賞を受賞する女性研究者としては1963年以来初めてで、物理学賞の歴史上3人目の女性となった。

コメントを残す