今日のリンク

Login東京2020大会ボランティア マイページログイン

ネイティブ発音の「Have to」が聞き取れない理由“have to”の部分を
“haf ta”というように
発音を心がけましょう。
can I キャナイ
look out ルッカウト
in a インナ
have a ハヴァ
what I ワライ
kind of カインダ
talk about トーカバウ
tell him テリム
make it up メイキラップ
give me ギミ
should have シュダ
would have ウダ
could have クダ
what do you ワダヤ
when do you ウェンダヤ


五輪ボランティア募集開始 目標11万人、国内最大規模(産経新聞) – Yahoo!ニュース

下半身まひの患者、埋め込み型機器で歩けるように 米で画期的成果(AFP=時事) – Yahoo!ニュース【AFP=時事】5年前にスノーモービルの事故で脊髄を損傷し、下半身不随になった米国人男性(29)が、埋め込み型の医療電子機器の助けを借りて再び歩けるようになった。男性は事故によって脳からの信号を下半身に伝える神経が完全に遮断されていたが、この機器は電気パルスによってその神経を刺激する仕組み。下半身まひの患者が埋め込み型機器によって歩行したのは初めてとされる。米ミネソタ州の医療機関が24日、米医学誌ネイチャー・メディシン(Nature Medicine)で発表した。

<館林市議選>投票者総数より多かった 「謎の1票」なぜ(毎日新聞) – Yahoo!ニュース 2015年11月に福島県金山町議選でも開票集計数が投票者総数より1多くなることがあった。この時は投票所で1人に投票用紙を2枚手渡したのが原因だった。【阿相久志】

水俣病、公害認定から50年=終わらぬ裁判「救済進めて」(時事通信) – Yahoo!ニュース これまで公害健康被害補償法(公健法)に基づき、熊本、鹿児島両県で2282人が患者と認定されたが、認定や補償をめぐる裁判は今も続く。未認定患者らは「国や原因企業のチッソは責任に向き合い、被害者の救済を進めてほしい」と訴えている。

真偽不明情報が大量拡散 沖縄県知事選巡りネットに 国会議員、首長経験者も発信(琉球新報) – Yahoo!ニュース 30日投開票の沖縄県知事選を巡り、インターネット上で候補者が犯罪に関わったなどとする真偽不明の情報が大量に出回っている。こうした情報を国会議員が「当選を阻止する」と書き込んだ上で発信、首長経験者も「本当ですか?!」とコメントし、真偽を確認しないままシェアしており、拡散を続けている。公職選挙法では、当選させない目的で虚偽事項や事実をゆがめた情報を流した者は処罰の対象となる。名誉毀損(きそん)や同法違反で立件するかは最終的に警察が判断するが、ネットに詳しい弁護士によると、罪に問われれば、虚偽でないことを立証しなければ起訴される可能性もあるという。

次世代HDD技術がついに登場、東芝はMAMRで勝負する(LIMO) – Yahoo!ニュース これまでのHDDは記録層(磁性層)の磁石を微細化することで高密度化を進めてきた。磁化の向き(記録状態)は磁石の保磁力で維持されるが、微細化が進むと保磁力が低下し、熱安定性が下がるため、情報のエラーや記録消失といった問題が発生する。熱安定性を高めるには保磁力の強い材料を使えばいいが、そうなると今度は書き込みが難しくなる。
 こうした問題を解決する新たな記録技術がアシスト記録である。要するに、情報を書き込む時だけ、一時的に磁石の保磁力を下げればいい。磁石の保磁力を下げる方法として、MAMRはマイクロ波、HAMRはレーザーを使う。MAMRでは、記録ヘッドにマイクロ波を発生するスピン・トルク・オシレーター(STO)を搭載し、HAMRもヘッドにレーザー発振のためのレーザー・ダイオードを配置する。
 米国勢2社に対して、東芝もMAMR、HAMRの開発に取り組んでいるが、まずはMAMRの実用化を目指す考えだ。19年まではPMR、SMR、TDMR(2次元記録)といった既存技術の活用で18TBの容量を実現するが、順調にいけば、19年末にもMAMRを採用した18~20TBのHDDを投入する予定だ。

「Surface Go」の真価はフル装備で1kg以下にある――使い込んで分かった魅力 (1/2) – ITmedia PC USER 本体(約522g)と付属ACアダプター(約130g)、それぞれ別売りのタイプカバー(約245g)とSurfaceペン(約20g)、Surfaceモバイルマウス(約78g)というフル装備にすると、総重量は約995gとなり、ぎりぎり1kgを下回る。
客観的な性能評価はやや非力なOffice PC(2016)

「見渡せば糖質まみれ…」から子どもを守る! 正しい糖質制限で子どもが確実に変わる | ダ・ヴィンチニュース 成長期の子どもたちの主食をいきなりナシにするのは勇気がいるかもしれません。しかし、心配ご無用。三島塾の生徒たちの親は、成長や病気の心配どころか、「身長が伸び続けるので制服を買い替えるのが大変」「我が子はピンピンしているのにインフルエンザで学級閉鎖に」…といった状況で悩んでいるそう。

コメントを残す