今日のリンク

弟子の尼僧が中国仏教協会会長をセクハラ告発 (5ページ目):日経ビジネスオンライン さて、今回の釈学誠と同様に、中国仏教界で“偽和尚”あるいは“花和尚(生臭坊主)”と呼ばれて久しい人物に、中国仏教協会副会長で、あの少林寺拳法で名高い少林寺の住職である“釈永信”<注2>がいる。釈永信も“花和尚”と批判を浴びながらも、依然として中国仏教協会副会長と少林寺住職の地位を維持しているから、釈学誠に対する告発もうやむやにされる可能性は高い。しかし、中国仏教協会の会長と副会長の2人がそろって“花和尚”というのでは、中国の仏教界は壊滅状態にあるのではないだろうか。仏教指導者が敬虔な信者を騙してお布施で私腹を肥やし、尼僧を騙して女色を貪るようでは、世も末である。

豪雨被災地に防犯カメラ(RCC中国放送) – Yahoo!ニュース この地域に空き巣などの被害報告はありませんが、住民からの要望もあったため交通の要衝に設置されました。
 この防犯カメラはNPO法人広島県生活安全防犯協会が無償で県警に貸し出したものでソーラー発電で24時間交差点内を監視します。

トランプ政権、差別助長か=米で憎悪集団・犯罪増加(時事通信) – Yahoo!ニュース 公民権運動団体「全米黒人地位向上協会(NAACP)」は「トランプ大統領は選挙戦から分断と憎悪の言葉を吐き出してきた」と指摘。トランプ氏の言動や政策が憎悪犯罪の増加と直接関係があると批判する。

米政府、2020年までの「宇宙軍」創設計画を発表(ロイター) – Yahoo!ニュース元宇宙飛行士のマーク・ケリー退役海軍大尉はこの日、MSNBCとのインタビューで、宇宙に特化した軍を新設することは非効率だと指摘。中国をはじめとする脅威は「引き続き注力すべき分野ではあるが、空軍で対応できる」と語った。

<米海軍>原爆投下前に電文「長崎、小倉、広島入らぬよう」(毎日新聞) – Yahoo!ニュース 1945年8月9日の長崎への原爆投下を前に、米海軍への長崎出撃などを禁じた同軍の極秘電文3通が米国立公文書館で見つかった。同1~4日付電文で、太平洋艦隊司令長官が日本近海で部隊を率いる第3艦隊司令官に送信していた。米兵の被ばく防止と原爆投下を計画通りに進める狙いがあったとみられる。第3艦隊の攻撃目標も長崎から東北地方に変更され、その後の東北空襲につながったことも判明した。

議論は声のでかいヤツが勝つ:日経ビジネスオンライン 議論は、声のデカい奴が勝つ。
 その現場を見たわけだが、なぜ声のデカい奴にあらゆる問いや批判が届かないのか、会話が成立しないのか。それは、声がデカいということは、それだけ感情的になっているからだ。つまり、論理VS感情、ならば、感情が勝つ。
 杉田氏の発言は保守層の男性の一部の本音を代弁しているものだろうし、そこからの支援を期待しているように私には見える。保守系の一部の男性たちでもさすがに言えない、女性たちが怒り狂うのが予測される言葉を、代わりに主張してくれる女性。それが彼女が選んだ立ち位置なのではないか。
 まあいい。「嫌いだ」という人を「好きだ」に変えることは理屈では不可能だ。
 女を嫌いでもいい、制度だけ変えてくれ。LGBTが嫌いでもいい、自由に生きられるように制度だけ変えてくれ。それら一連の抗議運動を嫌悪してもいい。制度だけ変えてくれ。

iPhoneは会話の盗み聞きなどしない――米議会の疑念をアップルが公式に否定 – Engadget 日本版どこかと一緒にしないでくれとけん制しています
アップルは、強力な競合他社への当てこすりとも取れる形で、返信(CNET提供)にこう書いています。顧客は企業の製品ではなく、当社のビジネスモデルは「大量に収拾した個人を特定できる情報を利用して、対象者の詳細な特徴を広告主に販売する手法には依存していません」

砂糖の取り過ぎは、アルツハイマー病のリスクを高める!なぜ砂糖は身体に悪いのか? – シンプルライフ物語「人生100年」と言われるほど長生きできる時代。人生最後の日まで頭も心も身体も健康でいたいなら、砂糖はできるだけ早く断捨離してしまいましょう!

公務員の定年65歳に 給与は5年連続上げ 人事院勧告  :日本経済新聞 人事院は10日、国家公務員の定年を60歳から65歳に段階的に上げるよう国会と内閣に申し入れた。60歳以上の給与は60歳前の7割程度に減らす。公務員の定年延長を進めることで、民間企業にも定年の延長を促す。2018年度の国家公務員一般職の月給を平均655円(0.16%)、ボーナス(期末・勤勉手当)を0.05カ月分引き上げることも勧告した。

公的マネー投入 株価つり上げに66兆5000億円/アベノミクス 異常事態 アベノミクス(安倍晋三政権の経済政策)によって国内株式市場に投入されている公的資金の時価総額が6月末時点で66兆5000億円に達していることが7日までにわかりました。東証1部の時価総額に占める比率も3月末時点の10・0%程度から10・3%程度に増えています。国内株の1割を公的資金が占め、株価をつり上げる異常事態です。本紙の集計でわかりました。

教育上いいの? 「池の水ぜんぶ抜く」の“殺生正当化” 専門家が指摘(デイリー新潮) – Yahoo!ニュース 結果的に生き物を殺すにも拘わらず、嬉々として捕獲に励むチビッ子たち……。テレビ東京の人気番組「緊急SOS 池の水ぜんぶ抜く大作戦」では、“外来種=悪”と決めつけ、生き物をバケツに放り込むシーンが度々、登場。まるで地獄絵図のような光景には、専門家も首を傾げるのである。

コメントを残す