今日のリンク

「ブラッドムーン」が7月28日未明、日本でも見られる。時刻と場所は?皆既月食で夜空に浮かぶ月が赤銅色に見える幻想的な現象「ブラッドムーン」が7月27日から28日にかけて世界各地で見られる。日本では東北以西で、28日未明に観察できる。
国立天文台によると、日本で観察できるのは28日午前4時30分〜6時14分。ただし、皆既の状態をすべて見られるのは石垣島以西のみで、ほとんどの地域では、皆既が終わる前に月の入り時刻を迎えるため、最後まで見ることはできない。


脚本家の橋本忍さん死去 「七人の侍」黒澤8作品に参加:朝日新聞デジタル 「羅生門」「七人の侍」「日本沈没」「砂の器」など、映画史に残る名作、ヒット作を数多く手がけた脚本家の橋本忍(はしもと・しのぶ)さんが19日午前9時26分、肺炎のため東京都世田谷区の自宅で死去した。100歳だった。葬儀は近親者のみで営む。喪主は長女綾(あや)さん。

ダム緊急放流、5人死亡 国交省、情報伝達の課題認める(朝日新聞デジタル) – Yahoo!ニュース 死傷者や家屋の浸水が相次いだ愛媛県の1級河川・肱(ひじ)川の二つのダムの緊急放流について、国土交通省は19日、有識者を交えた検証作業を始めた。同省は情報伝達に課題があったと認め、放流の操作を含めて改善する方針を示した。

<西日本豪雨>農産物被害が深刻化 猛暑も懸念(毎日新聞) – Yahoo!ニュース 西日本を襲った豪雨から20日で2週間となるが、農産物への被害が深刻化している。農地の水没で廃棄作物が続出したうえ、廃棄を免れても豪雨に続く猛暑で作物の成長不足が懸念されている。その影響で野菜の高騰は続く見通しで、豪雨による物流寸断も市民生活に影を落としている。

<財務省>「最強官庁」立て直し急務 人事迷走3カ月で決着(毎日新聞) – Yahoo!ニュース 財務省の幹部人事がようやく固まった。学校法人「森友学園」への国有地売却を巡る文書改ざん問題などの影響で一時迷走したが、本命視されていた岡本薫明主計局長の次官昇格で落ち着いた。約3カ月にわたって次官不在という異常事態が続いた財務省。新体制では、前代未聞の不祥事で信用を失った「最強官庁」の立て直しが急務となる。

<児童虐待>安否強制確認へ 面会不可、48時間経過で(毎日新聞) – Yahoo!ニュース 東京都目黒区で船戸結愛(ゆあ)ちゃん(当時5歳)が虐待死した事件を受け、政府がまとめた緊急対策の概要が19日判明した。結愛ちゃんの転居後に児童相談所(児相)の職員が家庭訪問したが本人に会えず、事件を防げなかったことを踏まえ、必要な面会ができなかった場合は原則、強制性のある立ち入り調査を行うことをルール化する。20日の関係閣僚会議で決定する。

スパコン助成金詐欺、開発会社元取締役に有罪判決 東京地裁(産経新聞) – Yahoo!ニュース 判決によると、鈴木被告は同社前社長の斉藤元章被告(50)=詐欺罪などで公判中=と共謀し、助成事業の開発費を水増しした虚偽の報告書を新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)に提出し、平成26年3~4月、助成金約6億5300万円をだまし取った。

セウォル号沈没から4年余 国の責任認め賠償判決=韓国地裁(聯合ニュース) – Yahoo!ニュース【ソウル聯合ニュース】2014年4月に韓国南西部の珍島沖で沈没した韓国の旅客船セウォル号の事故を巡り、遺族らが国と運航会社に損害賠償を求めた訴訟の判決が19日、ソウル中央地裁であった。地裁は国の初動対応が遅く救助活動も不十分だったために被害が拡大したと判断し、犠牲者1人当たり2億ウォン(約2000万円)の慰謝料を支払うよう言い渡した。犠牲者の両親には各4000万ウォン、きょうだいや祖父母への慰謝料支払いも命じた。事故発生から4年余りで国の賠償責任が認められた。

『週刊少年マガジン』32号も無料公開へ 『週刊少年ジャンプ』に続き…西日本豪雨で配送に影響(オリコン) – Yahoo!ニュース 講談社は19日、西日本を中心とした豪雨の影響で7月11日発売の『週刊少年マガジン』32号が、一部地域へ届けられない状況が続いていることを受け、同号をあす20日から31日までwebにて、特別無料公開することを発表した。

西日本豪雨「過酷な現場だった」捜索活動の様子は?(産経新聞) – Yahoo!ニュース 最大の敵は猛烈な暑さ。普段は1時間ごとに交代するところを5~15分で休憩させた。隊員に頻繁に声をかけ、様子がおかしいと感じると、すぐに作業から外した。「隊員が救助されることになってはいけない。勇気のいる決断だった」

土石流でもけが人ゼロの団地 結実した訓練と担当者制度(朝日新聞デジタル) – Yahoo!ニュース 西日本を襲った豪雨が引き起こした土石流は、各地の山あいの集落になだれ込んだ。広島県東広島市黒瀬町の洋国(ようこく)団地では、一戸建て49戸のうち約10戸が大破し、ほかの約10戸にも土砂が流れ込んだ。しかし、犠牲者やけが人はゼロ。「日頃の自主防災活動が実を結んだ」と感じる住民もいる。

車検ビジネス、5兆円市場で見た闇:日経ビジネスオンライン 車検制度が日本の自動車社会の安全を守ってきたことは確かだ。だが、その法的に義務付けた世界でも珍しい車検制度が、自動車保有者に金銭的な負担を必要以上に強いてきた現実がある。 日本総研の佐藤氏は「安全を守るには、一定の点検制度はこれからも必要だ。ただし、今の車検制度は複雑すぎる。安全運転支援システムや自動運転車の普及をきっかけに、制度の見直しや簡素化を検討するべきではないか」と指摘する。技術革新をはじめとする、変化の波が押し寄せている今こそ、安心・安全の自動車社会の確立と、その社会を支える、誰もが納得する負担のあり方を考える好機にしてもいいはずだ。

西日本豪雨、不十分な想定で被害拡大か:日経ビジネスオンライン 被災地に避難所を用意するより、被害がほとんどなく、生活物資も充実している場所に避難所を作るほうが現実的だという話だった。水も出ない、物資も足りない被災地に援助物資を運びながら、並行して救出活動やライフラインの復旧に取り組むのではなく、まず人は被災地から離れた場所に避難させる。そのうえで被災地では行方不明者の捜索や復旧に専念した方が合理的という彼女の主張は納得できるものだ。

ドクター江部の糖尿病徒然日記  血糖自己測定(SMBG)はいつ測定?日内変動。最初に、一定しっかり、上記をこなして記録しておけば、
あとは早朝空腹時血糖値を適宜、食後1時間あるいは2時間ピーク時血糖値を食物により、適宜測定でOKです。

「土用の丑の日」は、もうやめよう。絶滅危機のウナギを考える「ウナギは天然資源です。また、養殖ウナギといっても稚魚は天然に依存しています。これからもウナギという資源を持続的に利用していくためには、数に限りがあるものだと意識していただくことが大切だと思います」

コメントを残す