今日のリンク

被災者向けに7万1千戸確保 首相、西日本豪雨で: 日本経済新聞安倍晋三首相は12日午前、西日本を襲った記録的豪雨を受けた非常災害対策本部の会合で、被災者向けに公営住宅や公務員宿舎、民間賃貸住宅など7万1千戸を確保したと明らかにした。「猛暑の中、一刻も早く避難所の不自由な生活から脱していただくよう全力を尽くす」と述べた。
7万1千戸の内訳は公営住宅や都市再生機構(UR)住宅、公務員宿舎が1万7千戸、民間賃貸住宅が5万4千戸。首相は「旅館・ホテル組合の協力により800人分も受け入れ可能となっている」とも語った。


【動画】命に危険が及ぶ暑さ続く 最大限の熱中症対策を(15日7時更新)(ウェザーマップ) – Yahoo!ニュース きょう15日(日)も、夏空が広がる東日本と西日本を中心に、命に危険が及ぶ暑さが続きます。最大限の熱中症対策をお願いします。

「黒船」、相次ぐ日本撤退=安さだけでは顧客つかめず―米ウォルマート、西友売却へ(時事通信) – Yahoo!ニュース 商品の大量仕入れで低価格を実現するとして、2000年前後に鳴り物入りで日本市場に参入し、「黒船」と呼ばれた海外の大手スーパーが相次ぎ撤退している。小売り世界最大手の米ウォルマートも、日本国内で300店を超える傘下の西友を売却する方針を固めた。人口減少が続く国内は成長戦略を描きにくい。安さだけでは満足せず、品質に強くこだわる消費者の習性も壁として立ちはだかったようだ。

ヨーロッパ以外では「1千万人に1人」、カトリックの枢機卿に日本人 どれだけすごい?会社に例えると……(withnews) – Yahoo!ニュース 世界に約12億人の信徒がいるキリスト教の最大宗派、ローマ・カトリックで6月、日本人の前田万葉氏(69)が「枢機卿(すうききょう)」になりました。日本人の枢機卿は9年ぶり6人目とのことですが、それってどれだけすごいことで、そもそも枢機卿って何をする人なんでしょうか? 調べてみました。(朝日新聞ローマ支局長・河原田慎一)

イエメン難民流入に反発する韓国世論(AFP=時事) – Yahoo!ニュース【AFP=時事】内戦下の中東イエメンからの亡命希望者数百人が、韓国南部の済州(Jeju)島に到着している。この事態を受けて、民族的にごく均質的な韓国社会で、かつてない外国人嫌悪が起きている。欧州を席巻し、米国でドナルド・トランプ(Donald Trump)氏を大統領に押し上げた反移民感情の高まりが、韓国でも繰り返されている。

欧州最高峰モンブラン、混雑深刻化で仏当局が登山制限実施(AFP=時事) – Yahoo!ニュース【AFP=時事】フランス当局は13日、混雑が深刻化している欧州最高峰モンブラン(Mont Blanc)で少なくとも1週間、登山制限を課すと発表した。

サイバー犯罪検挙、10代増加 違法行為を「神」と称賛(朝日新聞デジタル) – Yahoo!ニュース サイバー事件で検挙される10代は年々増えている。警察庁のまとめによると、昨年に不正アクセス禁止法違反事件で検挙された全国255人のうち、14~19歳は92人と、年代別で最多だった。英国でも2015年のサイバー犯罪容疑者の平均年齢は17歳で、報告書で「他の犯罪類型よりも若いのが特徴だ」とされた。

日本eスポーツに不可欠な「国の支援」 専門家ら訴え(オリコン) – Yahoo!ニュース 今年2月「日本eスポーツ連合(JeSU)」が発足し、一気に日本のeスポーツ界が騒がしくなってきている。ここ数ヶ月は従来のプレイヤーに加え、芸能界やメディアからの参入表明も後を絶たない。しかし、選手への賞金の問題や、日本オリンピック委員会(JOC)がJeSUの加盟に慎重な姿勢を示すなど、スポーツ産業・興行として成り立つにはまだいくつものハードルを越えなければならないのが現状だ。13日、立命館大学の東京キャンパスで『2018 日本eスポーツ元年 -日本国内でeスポーツを加速させるためには-』と題したプレスセミナーが開催された。同大学の映像学部・中村彰憲教授らが各国におけるeスポーツの取り組みを改めて解説し、日本のeスポーツの未来には国・行政の支援が不可欠と訴えた。

浸水後の床下消毒、「不要」と専門家 扱いづらさ懸念も(朝日新聞デジタル) – Yahoo!ニュース 学会のガイダンスでは、基本的に土壌の消毒は不要と明記。加えて床下浸水の洗浄・衛生対策は「洗い流し、しっかり乾燥」と指示し、消毒は勧めていない。
 床上浸水した室内の床や壁、家具などには、泥を取り除いた後の消毒を推奨。使うのは熱湯、アルコール、塩素系漂白剤、塩化ベンザルコニウム。吸い込む恐れがある噴霧は避け、布に含ませて拭く。

豪雨災害と感染症 ~被災地での感染症から身を守るために~(BuzzFeed Japan) – Yahoo!ニュース現地で、土砂、木材、家の瓦礫や家財などを処理する作業をする予定の方は、感染症予防のために、長袖と長ズボン、厚手の手袋、底が厚い靴を準備してください。
マスク、ウエットティッシュ、アルコール性の手指衛生剤などは、自分で持参することをおすすめします。また、破傷風の予防においては、最終のワクチン接種から10年以上が経過している場合には、早めの追加接種についても検討してください。

水没したら感電の恐れ…太陽光パネルに注意 西日本豪雨(朝日新聞デジタル) – Yahoo!ニュース 西日本豪雨災害で水没したり破損したりした太陽光パネルや送電設備に触れると感電する恐れがあるとして、経済産業省が「むやみに近づかないよう十分注意を」と呼びかけている。水没、破損しても光があたれば発電が可能なことがあるため、破損箇所に触れると感電の恐れがあるという。

濁流から住民救った警察官2人、直後に流され行方不明に(朝日新聞デジタル) – Yahoo!ニュース 「警察官の方がいなければ、全員が車の中で死んでいたかもしれない。心から感謝している。早く見つかってほしい」。橋本さんはそう願っている。

熱中症と台風直撃危険のある夏に屋外イベントするリスク~やめた方がいいのでは?熱中症リスクと台風リスクを考えたら 何もわざわざ真夏にやる必要はない。

「学歴」が分断する現代日本社会 『日本の分断』吉川徹教授インタビュー – 本多カツヒロ (1/3)「学歴なんか関係ない」といくら言ったところで、学歴により就くことのできる職業も違えば、賃金にも差があるのが現実。また、社会人になると同業者や同じような人生を歩んできた人々とのコミュニケーションが多くなり、それ以外の人々がどんな生活を送り、何を考えているかについては無関心になりがちだ。大卒と非大卒の人生が別々のものになりはじめた現代日本社会では、特に若年非大卒の男性たちが多大なリスクにさらされているという。『日本の分断 切り離される非大卒若者たち』(光文社新書)を上梓した計量社会学が専門で、大阪大学大学院人間科学研究科、吉川徹教授に日本における学歴の意味や、学歴分断社会の現状、そして非大卒の若者たちに忍び寄るリスクについて話を聞いた。

中国人の沖縄バスツアー ひめゆりの塔などの戦跡は一切行かず ツアーに参加するにあたり、中国の旅行サイトを見て気づいたのは、訪問先に第二次大戦に関する土地がまったくないことだ。「ひめゆりの塔」「平和祈念公園」といった戦跡は一切まわらず、ダイビングなどのマリンスポーツ、あるいは風光明媚な景勝地、そして免税店やアウトレットモールなどを回るコースが一般的。せっかく沖縄に来たのだから「平和学習」もおすすめしたいが、中国人はとかく日本の「被害者としての歴史」を嫌う。戦前の日本を絶対悪として教育されている彼らにとって、沖縄の戦跡は心理的に相容れないのだろう。

大地震 揺れがおさまった後にやりがちな「怖い間違い」 – 柳瀬 徹 地震により停電が起こったあと、電気が復旧した時に起こる火災が「通電火災」です。地震の衝撃で破損した配線のショートや、水に浸かってしまったコンセントからの漏電、洋服などに埋もれてしまったアイロンや電気ストーブに通電して引火するなど、さまざまなケースがあるので、自宅だけでなく周辺の状況が確認できるまでブレーカーは上げないようにしましょう。

オウム死刑執行 今も残る教義、今後の「教団」は? (1/2)今なお入信する信徒が多いのはなぜか?
 この答えこそ、教団の欺瞞的体質を明確に示していると言えます。いわゆるリクルートの手法です。この点でオウム真理教は、アルカイダや「イスラム国」などの国際テロリスト集団の手法と同じような手口を使います。テロ組織はまず、モスクや学校、地域コミュニティなどで国家や社会に不満を持っている者、人生に目標が見出せないでいる若者、イスラムに興味を示す若者たちに目をつけ、言葉巧みに組織に誘い込んでいきます。
 他方、オウム真理教の後継団体は、現在でも街頭でのヨガ教室や人生相談コーナーなどを通じて若者に接近し、親切に対応して信頼を得るなどしています。書店などでヨガの教本などを見ている若者にも声をかけ、「ヨガに興味があるなら私たちと一緒にやりましょう」と誘って教団の施設に誘い込むこともあります。その段階では、オウムであることを決して口外しません。これはテロリストのリクルート手法と全く同じです。

コメントを残す