今日のリンク

世界経済、失速の瀬戸際=報復合戦が保護主義助長〔深層探訪〕(時事通信) – Yahoo!ニュース 【ワシントン時事】世界1、2位の経済大国である米国と中国が6日、互いに制裁関税を発動し、懸念されていた報復合戦が現実になった。事態打開のめどは立たず、各国に貿易保護主義が広がりかねない。成長軌道にある世界経済は失速の瀬戸際に立たされている。


熱中症厳重警戒 名古屋・岐阜・京都で38℃、東京35℃予想(ウェザーマップ) – Yahoo!ニュース きょう14日(土)は、全国的にきのうをさらに上回る厳しい暑さとなり、所々で35℃以上の猛暑日となりそうだ。先日の豪雨で被害のあった地域でも35℃以上になる見込みで、熱中症には厳重に警戒したい。

大阪の市場、ネギやピーマン値上がり 西日本豪雨の影響(朝日新聞デジタル) – Yahoo!ニュース 農林水産省は13日、西日本を中心にした豪雨の影響が、野菜の価格に出ていることを明らかにした。大阪市中央卸売市場でネギやピーマンが3割、ホウレンソウが1割ほど平年より値上がりしているという。東京の市場は東日本産の野菜が中心で、今のところ目立った影響はないという。

マッサンも驚く?国産ウイスキーの人気…全国に蒸溜所新設ラッシュ(デイリースポーツ) – Yahoo!ニュース 近年のハイボールブームやNHK連続テレビ小説「マッサン」の人気もあって、国産ウイスキーの出荷量が6年連続で増加中だという。そんな中、全国で新規蒸溜所の設立が相次いでいる。小さな規模で各地の風土を生かした個性的なウイスキーを造る、いわゆる“クラフトディスティラリー”だ。

常識に囚われない奇策 西日本豪雨で通行止め続く国道31号線、わずか4日で開通(ねとらぼ) – Yahoo!ニュース それは国道31号線に隣接していた駐車場に臨時の道路を敷くという方法。通行止めとなっていた区間はビーチ沿いを走る道路で、利用客のために広々とした駐車場が用意されており、その中央にアスファルトを敷き詰めて、ズビャーっと迂回路を作り上げたのです。

栃ノ心、7日目から休場 新大関の休場は2000年夏場所の武双山以来(スポーツ報知) – Yahoo!ニュース

初の司法取引「海外贈賄」…企業、協力で免責(読売新聞) – Yahoo!ニュース タイの発電所建設に絡む現地公務員への贈賄疑惑を巡り、東京地検特捜部と日本企業との間で日本版「司法取引」(協議・合意制度)の合意が成立したことが関係者の話でわかった。6月にスタートした新制度が適用される初のケースとなる。合意は、日本企業側が不正に関与した社員らに対する不正競争防止法違反容疑での捜査に協力し、特捜部が社員らの刑事責任を追及する一方、法人としての日本企業の起訴を見送る内容とみられる。

健康リスク高める車中泊 シートは平らに、外で運動も(朝日新聞デジタル) – Yahoo!ニュース エコノミークラス症候群を予防する弾性ストッキングは、ドラッグストアで売っている商品でも効果はある。日中は避難所で過ごして運動するなど、車中泊と使い分けるのも有効だ。(野中良祐)

7月上旬の降水量、統計上最多…平均の4・5倍(読売新聞) – Yahoo!ニュース 気象庁は各月を上旬、中旬、下旬に3分割し、全国に902点ある観測点の総降水量を合計した。今回の豪雨では高知県馬路村で1800ミリ超、岐阜県郡上市で1200ミリ超の降水量を記録するなどし、7月上旬の降水量は観測点1地点あたり216・8ミリに達した。全国の降水量は、過去37年間の平均値(約4・3万ミリ)の4・5倍となった。

パキスタン自爆攻撃で128人死亡 選挙集会狙う ISが犯行声明(AFP=時事) – Yahoo!ニュース【AFP=時事】(更新)パキスタン南西部バルチスタン(Balochistan)州で13日、選挙集会を狙った自爆攻撃があり、当局によると候補者を含む128人が死亡、150人が負傷した。イスラム過激派組織「イスラム国(IS)」が犯行声明を出した。総選挙を今月25日に控えた同国では政治集会に対する攻撃が相次いでおり、今回の事件はその中でも最多の死者を出すものとなった。

「日本でもレジ袋の規制に踏み出すべき時」:日経ビジネスオンライン とにかく、レジ袋や、食べ物の容器などを規制するだけで、汚染が激減する。それは希望が持てる話だ。たとえば、大量に消費する電力を減らしたいと思った時、家庭の照明をすべてLEDにして消費電力を抑えたとしても、産業用に使われる電力に比べると微々たるもので、焼け石に水のような効果しかないのとは違う。マイクロプラスチックの問題は、消費者一人ひとりの行動や消費に密着した施策が、かなり効いてくるかもしれない。「日本でもレジ袋の規制に踏み出すべき時だ」と高田さんは強調した。

投手「走り込み」もう古い? 長距離走、禁じて愛知で春4強 迎えた春の県大会。秋は初戦で敗れたチームが、中京大中京などの強豪を倒して4強に。投手陣は東邦に敗れた準決勝以外、2失点以内に抑えた。尾崎はいま、思う。「走るのと投げるのとでスタミナは違うのかな」。進学校の西春は平日の練習時間が1時間半だけ。以前は「精神面を鍛えるため」と走り込みを重んじていた森藤秀幸監督(37)は、「生徒が最も伸びるために、何が大事か」と考え、時間のかかる長距離走をやめた。

コメントを残す