今日のリンク

長友のW杯出場記録の裏に「ケトン食」。糖質制限で90分間走り続ける体に|【SPAIA】スパイア「ケトン食」を実践した長友選手は90分間走り続けられる体を手に入れた。残念ながら敗退してしまったがロシアW杯でW杯通算出場時間が1000分を突破。GK川島選手とともに日本人歴代最長記録を塗り替え、最多出場記録も更新した。

自宅浸水、救助どう待つ 「体力の消耗防ぐことが大事」(朝日新聞デジタル) – Yahoo!ニュース 2階建てなら2階、3階建てなら3階のように、建物の中で最も高い階で待つのが良い。自宅のそばに山や崖がある場合、反対側の部屋を選びたい。屋根の上にいると日差しで体力を消耗し、落下の恐れもあるため、浸水していない限りは室内で待つ。
 赤や黄色など明るい色の布をベランダなどに結んでおくと、人がいることを示す目印にもなる。救助隊がボートなどで近づいた様子があれば、明るい色の布を振ったり、フライパンや鍋を棒でたたいて音を出したりして、居場所を知らせる。夜になったら、懐中電灯などの光で場所を知らせるのもよい。
 暑い季節では、熱中症を防ぐため、部屋の中でも、日の当たらない場所にいるようにし、窓をあけて風を通す。夜は寒ければ、毛布などで体を温める。
 大声を出し続けると体力を消耗してしまう。体力を消耗しないように、なるべく動かないようにすることが大切だ。(長富由希子)

運転中ゲリラ豪雨、水害に遭遇したら覚えておくべき5つのこと(ベストカーWeb) – Yahoo!ニュース■【大前提】「冠水路には入らない」を徹底する
■(1)やむをえず入る場合は「ゆっくりと」が鉄則
■(2)アイドリングストップはオフに!
■(3)緊急脱出ハンマーの位置確認(なければ買いましょう!)
■(4)脱出したら来た道を戻るべし!
■(5)冠水して止まった車のエンジンはかけない

「防災省」を総裁選政策に=石破氏(時事通信) – Yahoo!ニュース 自民党の石破茂元幹事長は8日、鳥取市で開かれた自身の国政報告会で講演し、災害対応を一元的に担う防災省の新設を、9月の党総裁選の政策に掲げる意向を表明した。

災害時に役立つiPhoneの機能「緊急SOS」(BuzzFeed Japan) – Yahoo!ニュース

海賊版コンテンツに誘導「リーチサイト」規制へ…「リンク張るだけ」の対策に難しさ(弁護士ドットコム) – Yahoo!ニュース知的財産戦略本部では、『インターネット上の海賊版対策に関する検討会議』を組織し、現行法令下での海賊版対策の実効性の検証も含め、ブロッキングその他の方法による海賊版サイト対策の検討をおこなっています」

ツイッター、1日100万超の偽アカウントを使用停止に 偽情報拡散防止を強化(AFP=時事) – Yahoo!ニュース【AFP=時事】米ツイッター(Twitter)が、1日あたり100万以上の偽および不審なアカウントを使用停止にしていると、米紙ワシントン・ポスト(Washington Post)が報じた。偽情報の拡散防止強化策の一環という。

ドクター江部の糖尿病徒然日記  胃炎、逆食、鬱病が糖質制限食で改善。糖質病。胃カメラは?私は現在、「生活習慣病」の元凶は、
糖質の頻回過剰摂取による「血糖変動幅の増大」と「インスリンの頻回過剰分泌」による
『酸化ストレスリスクの増大』と考えています。
すなわち、【生活習慣病=糖質病】と考えています。

タイ洞窟の少年ら13人、潜水で救出開始8日の朝から潜水での救出活動を始めたことを明らかにした。

『週刊新潮』の「食べてはいけない」キャンペーンに『週刊文春』が異議申し立て 事件ものや政治スキャンダルは、労力とコストがかかる割には部数につながらなくなったと言われて久しい。それに比べれば医療や健康は低コストの割には工夫次第で部数につながる、と言われている。

食後のダルさは要注意!「夏バテ」の原因となる意外な栄養素とは? – アサジョ 血糖値の急上昇・乱降下を防ぐためにも、糖質の摂り過ぎは厳禁。そして、食事の際は、おかずからゆっくり食べるようにすること。血糖値の急上昇が防ぎやすくなります。冷やし中華やそうめんなどの糖質が多い料理を食べる際には、食後血糖値の上昇を抑える効果が期待できる「まいたけ」と一緒に食べるのがオススメと池谷さん。糖尿病や高血圧といった血管系への健康効果が明らかになりつつある栄養素『ビタミンD』も、摂取することができるそうですよ。

食卓に間もなく「昆虫」がやって来る – GIGAZINEアメリカ食品医薬品局(FDA)によると、1kgのコオロギを飼育するのに必要となる飼料は、同じ量の牛を飼育するのに必要となる飼料のわずか5分の1以下です。また、昆虫は水分をあまり摂取せず、抗生物質や成長ホルモンを与える必要もないという特徴もあります。

「ダークマターを含まない銀河」の発見が、世界中の宇宙物理学者を驚かせた|WIRED.jpこれまで、あらゆる銀河には暗黒物質(ダークマター)が含まれていると考えられてきた。ところが、ある国際チームが発見した銀河には、ほとんどダークマターが含まれていなかったという。いまだ説明困難な現象が多く、全容を捉えられる者のいないダークマター研究の現在を解説する。

コメントを残す