今日のリンク

CPUに脆弱性発見、機密データ漏えいの恐れ 業界全体で対応 (AFP=時事) – Yahoo!ニュース【AFP=時事】米インテル(Intel)などのCPUに脆弱(ぜいじゃく)性が見つかり、ハッカーにつけ込まれて機密情報が盗まれるのではないかという不安が広がっている。同業の米AMDや英ARM、検索最大手の米グーグルなど業界各社が協力して対応を急いでいる。
インテルやARM、AMDのCPUに脆弱性、機密情報が漏れる可能性。PCやスマホのアップデートを推奨 – Engadget 日本版最新パッチ適用は基本
今回の問題を突かれて実害が発生したという報告はまだないものの、ほとんどすべてのインテル製CPUが影響を受けるというのは深刻な話です。商用のクラウドサービスにとっても、パッチ適用でパフォーマンスが落ちるとなると、場合によっては設備増強など然るべき対策が必要になるかもしれません。
一方、われわれユーザーができることは、つねにPCのOSとパッチを最新に保つことしかありません。たとえパフォーマンス低下があるにしても、パッチを当てるだけで良いなら何らかのセキュリティ被害を被るよりははるかにましなはずです。

続きを読む 今日のリンク

今日のリンク

ドクター江部の糖尿病徒然日記  妊婦の糖質制限と子供の肥満は関係ある?

福岡秀興・早稲田大ナノ・ライフ創新研究機構招聘研究員は、以前から
英国のサウサンプトン研究を引用して、糖質制限食批判をされてますが、
根本的な勘違いをしておられるようです。

福岡氏の引用元の論文は、
炭水化物摂取が
261.5g/日未満
297.5g/日未満
351.0g/日未満[/太字]
351.0g/日以上
の4群の妊婦の研究です。

即ち、全員が大量の炭水化物摂取をしていての研究です。
従って、そもそも糖質制限食とは、全く無関係の論文です。

糖質制限食とは130g/日以下の糖質摂取が定義となります。
糖質制限食の妊婦と、子供の肥満に関する論文はありません。

私は、この論文の仮説は、子供の肥満のごく一部の要因を説明する可能性は否定しませんが、
普通に考えて、出生後の食生活のほうがはるかに大きな要因となると思います。

また、この仮説は、少なくとも日本女性には、全くあてはまらないと思います。
悪阻(つわり)も考慮すれば、妊娠初期の日本女性のかなりの人が、
炭水化物摂取が261.5g/日未満であり、この研究における最も少ない炭水化物摂取量群に入ると思います。
しかし、過去も現在も、日本の子供が英国の子供より肥満が多いとはとても言えませんね。

なお、「炭水化物摂取量」ではなくて、「飢餓と妊婦と子供の将来の肥満」に関しては
明確なデータがあります。
第2次大戦の1944年11月から1945年のドイツ降伏まで
オランダは約半年間の飢餓状態におかれました。
この時の妊婦から生まれた子供は、成人してから、肥満と糖尿病になる確率が
高かったことが知られています。
特定の遺伝子にエピジェネチックにメチル化が起こり、
これらの発現が調整されたと考えられています。

続きを読む 今日のリンク

今日のリンク

精読『吉本興業百五年史』 「わろてんか」には描かれない“お笑い王朝史” ~「百五年史」で消えた人物とは?~ – 笹山 敬輔 (1/2) また、創業家に関する記述においても、「民主化」の痕跡が見て取れる。それは、正之助の負の部分についても触れられていることだ。さすがに「通史」の部分には書かれていないが、「特別寄稿」として西岡研介が「興行とアンダーグラウンド」という一文を寄せている。西岡は、吉本の「お家騒動」を取材した『襲撃 中田カウスの1000日戦争』を著したジャーナリストだ。著書によると、兵庫県警の内部資料の中には、正之助のことが「山口組準構成員」と記されているという。さすがに『百五年史』にそこまでの記述はないが、せいの時代から山口組との付き合いがあったことや、戦後も正之助と山口組三代目の関係が続いていたことが記されている。
続きを読む 今日のリンク

今日のリンク

ドクター江部の糖尿病徒然日記  妊娠糖尿病は治る。宗田哲男先生の糖尿病妊娠学会(2017/12/3)のご発表。
「糖質制限は一時的な方便ではなくある程度続けたら、
糖尿病にならない身体を作れることがわかりましたし、
これに慣れたら元の糖質三昧の生活にも戻らないという方が多いこともわかりました。」

「年収は住むところで決まる」何故都市に住むと給料が良くなるのか?給料が良くなったから都市中心部に住むのではないのか?といった疑問が起きるだろう。
私もそれらの疑問を持ち上がら、「年収は住むところで決まる」を読んでいるが、都市特に都心部には情報が集まり、その情報に接しているだけで「頭が良くなり」「生産性が向上する」というのが、結論になりそうだ。
「田舎の三年 京の昼寝」という諺がある。田舎で本を読んで勉強するより、京の都に出て、昼寝でもしながら、色々なところに出歩いているだけで、知識が身に着くという意味だ。
昔の人も都市の持つ力を直観していたのだろうか?
年収は「住むところ」で決まる ─ 雇用とイノベーションの都市経済学 | エンリコ モレッティ, 池村 千秋, 安田 洋祐(解説) | ビジネス・経済 | Kindleストア | Amazon■イノベーション産業は製造業の3倍のサービス業の雇用を生む
 ■ご近所さんの教育レベルがあなたの給料を決める
 ■本当に優秀な人材はそこそこ優秀な人材の100倍優れている
 ■< 沈む都市>は死亡率・離婚率ともに< 浮かぶ都市>より高い
続きを読む 今日のリンク