今日のリンク

猛威を振るうインフルエンザ 医師1000人が選んだ「最も効果のある対策」とは? (ハフポスト日本版) – Yahoo!ニュース1位「手洗いをする」
2位「人混みに行かない」
3位「睡眠・休養をとる」
4位「予防注射(ワクチン)をうつ」
5位「加湿をする」
小中学生のワクチン集団接種 をやめたら、インフルエンザ で亡くなるお年寄りが増えた。なぜ? (ハフポスト日本版) – Yahoo!ニュース皮肉なことだが、日本では集団接種をやめた後に、初めて集団接種でもたらされる「社会の免疫」が実感されるようになり、一方で海外で集団接種に進めるきっかけになったのだ。


世界「最高」の大型望遠鏡完成=銀河誕生の謎迫る、チリで観測へ―東大 (時事通信) – Yahoo!ニュース 宇宙に最も近い天文台から、銀河や惑星の起源に迫る―。南米チリ北部のチャナントール山(5640メートル)の山頂にある標高世界一の天文台での観測に向け、光赤外線望遠鏡「TAO望遠鏡」が完成した。東京大天文学教育研究センターが28日、仮組みをした兵庫県播磨町で報道陣に公開した。

<仮想通貨流出>海外から不正アクセス 金融庁、改善命令へ (毎日新聞) – Yahoo!ニュース 仮想通貨取引所大手「コインチェック」から580億円相当の仮想通貨「NEM(ネム)」が不正流出した問題で、流出が海外からの不正アクセスによるものだったと関係者が明らかにした。金融庁はコインチェックの安全対策などに不備があったとみて、近く資金決済法に基づく業務改善命令を出す方針を固めた。警視庁も不正アクセス禁止法違反容疑などを視野に調べるとみられ、今後刑事事件に発展する可能性もある。【小原擁、宮川裕章】

東京五輪で儲かりますか? インバウンド需要と建設関連投資から考える (THE PAGE) – Yahoo!ニュース 2020年の東京五輪が近づいていることもあり、「五輪に向けて景気は加速する」といった期待の声や、「五輪後の日本経済は大丈夫か」といった不安の声をよく聞きます。かつて高度経済成長期に開催された東京五輪が、その準備段階において国家インフラの整備を大規模に進めたことで相当な需要が創出されたことから、現在の日本でも五輪の経済効果に対する期待が大きいようです。

トヨタ社長が答えのない中で踏み出した大きな一歩 (ニュースイッチ) – Yahoo!ニュース 「トヨタは電動化のフルラインアップメーカー」と強調するトヨタ自動車の豊田章男社長。世界的に電動車の開発競争が激化しており、気を引き締める。ハイブリッド車(HV)で市場を開き、プラグインハイブリッド車(PHV)や燃料電池車(FCV)も投入し「市場とお客さまがどれを選んだというのがはっきりするまではフルラインアップで戦うしかない」と話す。

灯油高騰 3年ぶり1リットル80円超/家計直撃「冬越せない」 (Web東奥) – Yahoo!ニュース 厳しい寒さに見舞われている青森県内で、灯油の値上げが続いている。灯油店頭価格は今月22日時点で1リットル当たり84.3円(一般的なタンク18リットル分は1517円)と、3カ月前から11円も上昇し、家計を直撃している。原油価格の値下がり要素は少なく、灯油の高値基調は長期化しそうだ。

避難所は自宅マンション 帰宅困難者対応も 各地で計画 (朝日新聞デジタル) – Yahoo!ニュース 世帯の約9割がマンションに住む東京都中央区は防災計画で、在宅避難を「基本的な方針」と掲げ、建物の耐震化と、住民による自助・共助の活動を支援すると明記。区の基準を満たした「防災対策優良マンション」に訓練経費を助成している。区のパンフレット「備えて安心! マンション防災」は、2~5階ごとに代表を選び、安否確認をする情報班や炊き出しをする物資班を置くなど災害対応の流れを示し、在宅避難を後押しする。

加熱式たばこも規制…受動喫煙対策強化の改正案 (読売新聞) – Yahoo!ニュース 加熱式たばこは厚労省研究班の調査で、主流煙に紙巻きたばこと同程度のニコチンを含む製品があることなどがわかった。このため、紙巻きたばこと同様に原則禁煙とする。ただ、加熱式たばこに限り喫煙できる喫煙部屋では、食事をしながらの喫煙も可能にする。

フィギュアスケート演技中に停電 ⇨ 観客がスマホの光で声援 大会主催者によると、会場となった台北アリーナの2005年の開業以来、初の電源トラブル。電力会社の変電所のブレーカーが落ちた。観覧は無料だったため、払い戻しはないという。

草津白根山は「今後も同じような噴火のおそれがある」 予知連が発表 群馬県・草津白根山の噴火について、気象庁の火山噴火予知連絡会は26日、地下のマグマからの高温の火山ガスが噴火に関わっているとして、今後も同程度の噴火の可能性があると発表した。マグマが活発化している可能性があり、気象庁は監視を強化する。

メタボが諸悪の根元のように騒がれたのは、つい先頃のことだったが…<健康という病> – 五木 寛之 問題は、それらのもっともらしい情報が、しばしば正反対の意見を主張する点にあるのだ。そこには正反対の意見が堂々と提言されているからである。
Amazon.co.jp: 健康という病 (幻冬舎新書) eBook: 五木寛之: Kindleストア健康という病が、いま日本列島を覆っている。メディアに溢れる健康情報は、それぞれ科学的根拠や統計、資料などの専門話を駆使して、いかにも説得力のある気配をもたらしているが問題は、それらがしばしば正反対の意見を主張することだ。そして私たちはついなるほどと納得し、きのうは東、きょうは西と流されてしまう。健康への過剰な不安から右往左往するこの暮らしぶりは、一種の病気と言えまいか―。正しい情報を見つけ出すヘルスリテラシーのすすめから、養生の作法、医療との付き合い方まで、健康ストレスがみるみる解消する新・健康論。

草津白根山噴火 温泉キャンセルを風評被害と断じるのは早計 だからこそ高橋氏は「警戒レベルが1でもゼロでも、兆候と考えられる動きがあれば広くアナウンスされるべき」との姿勢を取る。

皇位継承に男女平等を持ち込むのは変でしょ (1/2)以上、本日のメッセージは、そもそも天皇も女王も「血」によって承継されるものなのだから、法の下の平等とかいいだしたら制度が成立しなくなるわけで、だからこそ一般人の人権やら平等論とは切り離して考える必要があるでごじゃるのよ!ってことでした。

コインチェックの463億円返金補償対応で感じた「2つのこと」今後、このような高い収益性を見込んで大手が仮想通貨取引所ビジネスに参入してきますが、今回の件でコインチェックの知名度が一気に向上し、セキュリティーなどの信頼が回復すれば「災い転じて福となす」になる可能性もあります。

【草津白根山噴火】国交省のドローンが迷子に 噴火現場撮影を目指すも帰らず 調査は中止  – 産経ニュース ドローンは3回目のフライトから帰還せず、調査は中止となった。

米軍が激怒した「ドローンきたら110番」 | プレジデントオンライン | PRESIDENT Online報道によれば、政府はハリス太平洋軍司令官の要請を受けて、関係法令の見直し作業に入ったとのことだが、他方でハリス司令官の要望から8日後の閣議決定では「自衛官にドローンの撃墜権限を付与することはしない」と決定している。まさか米軍基地だけは警察に防衛させて、自衛隊基地は後回しにしたうえ、米軍基地への駆けつけ警護はできないようにするのか。これでは自衛隊の戦力発揮も日米同盟も危うい。

時代考証家が自らツッコむ『西郷どん』はフェイク山盛り (SmartFLASH) – Yahoo!ニュース 明治維新の英雄・西郷隆盛を鈴木亮平(34)が演じるが、「史実との違いを探せばきりがありません」と語るのは、鹿児島・志學館大学の原口泉教授(70)だ。

大学受験から入学まで170万円 費用捻出の工夫は?:朝日新聞デジタル 調査によると、かかった総額の平均は国公立大は約167万円、私立大が約175万円で、ともに前年度並み。差が約8万円と大きくない理由は、私立大の方が文系や自宅生の割合が高いためだという。内訳は、入学金や授業料などの「入学した大学への学校納付金」が費用総額に占める割合が最も高く、国公立大は62万4800円、私立大は93万8800円だった。

コメントを残す