今日のリンク

世間を騒がす「プロセッサ脆弱性」 何が本当の問題なのか (ITmedia PC USER) – Yahoo!ニュース 直近での一般ユーザーへの影響こそ少ないものの、今回の問題の根深い部分はここにある。ベンダーからみて既に「時代遅れ(Obsolete)」なシステムをどこまでサポートするのか、これら古いシステムを使い続けるユーザーの意識はどう変わるのか、「サポート期間の長いシステム」を巡る議論はむしろこれから本格化するだろう。


<医療保険>90歳でも加入OK 高齢者向け増加 (毎日新聞) – Yahoo!ニュース 長寿化で「人生100年時代」が近づく中、高齢者向けの保険商品が増えている。保険会社は、将来蓄えが尽きて医療費が払えなくなる「長生きリスク」に備える保険商品を相次いで投入。先月には90歳からでも入れる終身医療保険が初めて登場した。長らく現役世代をターゲットにしてきた保険業界だが、人口構成の変化で商品戦略も大きく変わりつつある。

<ビットコイン>狂騒曲「買いが買いを呼ぶ」20倍以上高騰 (毎日新聞) – Yahoo!ニュース ビットコインの将来性は専門家でも意見は分かれる。米金融大手JPモルガン・チェースのジェイミー・ダイモン会長は、将来当局が規制に乗り出す可能性が高まるとみて「政府がいつの日か押しつぶすだろう」と冷ややかだ。一方、早稲田大大学院の岩村充教授(金融論)は「ビットコインから分裂した別のルールを持った仮想通貨が、従来ある法定通貨のライバルになる可能性がある」と指摘。楽天証券の窪田真之チーフ・ストラテジストは「価格がいつどの水準に収れんするかは、今後の当局の規制や通貨としての使い勝手の良さで決まる」と予測する。【宮川裕章、ワシントン清水憲司】

<超音速ミサイル>量産へ 国産「ASM3」、抑止力強化 (毎日新聞) – Yahoo!ニュースミサイル装備の強化は、海洋進出を強める中国が念頭にあり、防衛省はこれらのほかに戦闘機搭載の長射程巡航ミサイルの導入に着手。18年度予算案には、米国製の射程約900キロの「JASSM(ジャズム)-ER」など3種類の長射程巡航ミサイルの導入関連経費約22億円も計上した。また、ロケットで打ち上げた後に超音速で滑空させる高速滑空弾などの研究費として計約100億円を盛り込んだ。島しょ防衛をにらみ、探知・迎撃されにくいミサイルの技術革新を進めたい考えだ。

「カルデラ噴火」原発停止に基準…規制委策定へ (読売新聞) – Yahoo!ニュース 原子力規制委員会は、原子力発電所の周辺の火山で破局的噴火の可能性が高まった場合に備え、原発を止めるための判断基準を作成することを決めた。

国交省、橋・トンネル修繕へ本腰=老朽化対策で補助要件緩和 (時事通信) – Yahoo!ニュース 同省によると、16年度は都道府県・政令市が管理する橋のうち4万6572カ所、トンネル1123カ所を点検。うち橋4873カ所、トンネル524カ所で早期または緊急に措置が必要と判定された。予防のため措置が望ましいものも含めると、橋は61%、トンネルは96%に上る。 

手振りに従うロボット部隊が陸自に登場!? 「数年内に技術的なメド」防衛装備庁で研究進む (産経新聞) – Yahoo!ニュース 音声やジェスチャーの認識技術は民間での研究開発が進んでおり、その成果を軍事面に転用する「スピンオン」が今後各国で進むことは容易に想像できる。この流れから日本が取り残されないためにも、先進技術推進センターが進める研究の動向からは目が離せない。(科学部 小野晋史)

「愛犬の分身、300万円で作ります」 “クローンワンコ”がリアルすぎて驚きを隠せない皮膚にはシリコンラバーを使い、体毛は一本ずつ手作業で植毛を施すという。約3カ月がかりで1体の「クローンワンコ」が完成する。

史上最大の素数を発見。50番目となるメルセンヌ素数は、原稿用紙5万8000枚分史上最大の素数が発見された。なんと2324万9425ケタだ。400字詰め原稿用紙に書き起こすと、5万8000枚近く必要になる。

元林務官が執念の取材で追究した、ヒグマによる史上最悪の惨殺事件の真実――2018年も気をつけたい身近な危険生物 『慟哭の谷 北海道三毛別・史上最悪のヒグマ襲撃事件』(木村盛武 著)- 「本の話」編集部 (1/2) 夏の場合であれば、熊鈴を持って歩くのは当然として、もうひとつお勧めしたいのは、蚊取り線香を腰から吊るすことです。ヒグマに限らず熊というのは、目はあまりよくなくて、耳と鼻で状況を確認します。けれど熊鈴だけですと、例えば渓流や滝など水音によってかき消されてしまうケースがある。そんなときでも、蚊取り線香の匂いがすれば、熊は人間の存在を察知して、避けてくれます。

「ゲーム障害」を新たな病気に追加へ ゲーム障害ってどんなもの?何が変わるの? しかし、ゲームをする人は、それに費やす時間が長すぎないか、特に日常生活の支障になっていないか気を付けたほうが良いでしょう。ゲームによって肉体的・精神的な健康が損なわれていないか、他人とのつながりに問題が起きていないかなどを注意する必要があります。

コメントを残す