今日のリンク

<サイバー被害>五輪控え基準策定へ レベル0~5想定 (毎日新聞) – Yahoo!ニュース 政府は、鉄道や電力、金融といった重要インフラがサイバー攻撃を受けた場合に、被害の「深刻度」に応じ、政府がどのような態勢で危機管理対応を行うかの目安となる基準を、来年3月に策定する方針を固めた。レベル0~5の6段階を想定し、一定のレベルで首相官邸に対策本部を設置するなどの対応を行う。政府内の各部署や民間企業、国民が事態の深刻性について共通の認識を持って対応できるようにする。
 米国も同様の6段階の基準を策定し、昨年公表した。危機レベル「5」では、「インフラ、政府の安定、米市民の生命が切迫した脅威にさらされている」事態を指す。「公衆衛生や国家の安全保障、対外関係、市民の自由に明らかな影響を与える可能性が高い」事態と定義されるレベル3以上なら、米国家安全保障局(NSA)が中心に対応する。

寒い部屋、血管つまり心筋梗塞リスク 高齢者対象に調査 (朝日新聞デジタル) – Yahoo!ニュース チームの佐伯圭吾教授(疫学)は「暖房費を節約しようと寒くてもがまんする高齢者もいるかもしれない。でも、長くすごす部屋だけでも暖かくすれば、心筋梗塞や脳梗塞を防げる可能性がある」と話す。(編集委員・田村建二)

富岡八幡宮と世襲歓迎の弊害──「地盤相続社会」における村々の“小権力” (1/2)もちろんそれは半ば冗談であるが、現実に返って、宗教と政治の「地盤相続」に対する制度的な改革は、現代日本の長期的な課題であると思われる。
 この列島は、科学や技術や経済の面では近代化したのだが、精神的な文化的な面では過去を引きずっている。近年その弊害が目立っているのだ。

AIサイバー攻撃や仮想通貨を狙った犯罪が増える 米Symantecが2018年の見通しを示唆12月7日、米サイバーセキュリティ企業Symantecは、「2018 Cybersecurity Predictions」というレポートを公開。仮想通貨を狙うサイバー攻撃が、取引所やユーザーの仮想ウォレットを標的にする危険性があると警鐘を鳴らした。併せて、その手段としてコンピュータやモバイル機器に「仮想通貨採掘機」を設置するよう誘導・接近してくる可能性があるとした。

「自分がいないとこの仕事は回らない/会社は困っちゃう」は幻想であるだからね。
しんどいなら無理して仕事なんてしなくていい。
会社やめたいならやめた方がいい。
変な使命感で仕事をするな。
自分の気持ちや体を大切にして会社や仕事ですべてを犠牲にしないよう注意したい。

コメントを残す