今日のリンク

「蚊に刺された!」を英語で?ついでに覚えておくと良い「Itchy」「Itchy! I got mosquito bite」

エアーかおるダイレクト~魔法の吸水タオル オフィシャルショップ

Amazon.co.jp: ベルハンマー 潤滑油

日本でも世界でも1日100円台でスマホが定額利用できるAIRSIMの可能性:海外スマホよもやま話 – Engadget 日本版すでに世界各国で利用できるモバイルルーターが1-2年前から登場しているが、スマートフォンに入れるだけで使えるSIMカードの方が使い勝手は高い。香港ではAIRSIMに続き、別のキャリアからも同様なクラウドSIMの販売が始まっている。いずれはスマートフォンメーカーがこれらのSIMを入れて販売する、という動きも始まるかもしれない。

結論は「日本必敗」…開戦前に存在した「奇跡の組織」総力戦研究所とは? | 飯村和彦総力戦研究所の模擬内閣の導き出した結論は、
「開戦後、緒戦の勝利は見込まれるが、その後の推移は長期戦必至であり、
その負担に日本の国力は耐えられない。
戦争終末期にはソ連の参戦もあり、敗戦は避けられない。ゆえに戦争は不可能」
という「日本必敗」のシナリオだった。
これは真珠湾攻撃と原爆投下以外、現実の戦局推移とほぼ合致していた。

「日本ファーストの会」設立。民進分裂でまず野党第一党。自民からの合流によって一気に政権選択政党になる可能性2016年8月に書いた『「小池新党」ができれば雪崩を打ち日本の政局を大きく変える可能性がある』(https://news.yahoo.co.jp/byline/takahashiryohei/20160803-00060681/)でも触れたように、過去に成功した新党は、いずれも自民党を割って出てきた議員たちが作った政党である。

「代謝」がわかれば身体がわかる (光文社新書) | 大平 万里 |本 | 通販 | Amazon◎内容
「脂肪は燃焼する」「体温が高い人や汗をかく人は代謝がいい」
「酵素ドリンクは体の中で何かいいことをしてくれる」
「摂りすぎた脂肪が皮下脂肪や内臓脂肪になる」
「ビタミン様物質やファイトケミカルは体の不調にいい」
――こんなこと、信じていませんか??
じつは体の代謝(体内でおこる化学反応の総称)の仕組みは、
一般にイメージされているものとちょっと違うのです。
ではいったい、「本当の代謝」とはどんなものなのか。
カギは多種多様な酵素(生命を回す小人たち)が握るらしいが、その真の役割とは?
――高校生物で挫折した人も、巷に出回る健康食品やダイエット法に振り回されがちな人も、
豊富で絶妙なたとえ話を使った解説によって、
代謝のイメージを刷新し、体内世界に対する認識をがらりと変えること間違いなし!

標識にシールを貼って自動運転カーを混乱に陥れるハッキング技術「Robust Physical Perturbations(RP2)」 – GIGAZINE自動運転カーにはさまざまなセンサーが搭載されており、外部の情報を認識しています。周りの自動車や歩行者、道路標識などはカメラで撮影し、あらかじめ用意されている機械学習システムを使って画像認識処理することで、瞬時に道路状況を把握しています。しかし、ワシントン大学のタダヨシ・コウノ博士らの研究チームが、道路標識にステッカーを貼り付けることで、自動運転カーの認識を誤解させられることを明らかにし、このサイバー攻撃手法を「Robust Physical Perturbations(RP2)」と名付けています。

Amazon.co.jp: LIFE SHIFT(ライフ・シフト)―100年時代の人生戦略 eBook: リンダ・グラットン, アンドリュー・スコット, 池村 千秋: Kindleストア過去200年間、人の平均寿命は伸び続けてきた。そこから導かれる予測によれば、2107年には主な先進国では半数以上が100歳よりも長生きするのだという。すると、80歳程度の平均寿命を前提に〈教育〉〈仕事〉〈引退〉の3段階で考えられてきたライフコースは抜本的に考え直されなければならない。そんな難題に英国の経営学者と経済学者のコンビが正面から向き合った本が、ハードな内容をものともせず、ベストセラー街道を邁進中だ。
「今20歳の人は100歳以上、40歳以上の人は95歳以上、60歳の人は90歳以上生きる確率が半分以上ある」「2007年に日本に生まれた子どもの50%は107歳まで生きる」。

コメントを残す