今日のリンク

糖質オフのあんぱん&ドーナツ!ローソンに「ブランのあんぱん」「ブランのドーナツ」 [えん食べ]ブランのあんぱんは、パン生地に米ブランとオーツブランを配合したあんぱん。中の餡には北海道産小豆が使用されている。1個あたり糖質13.5g、カロリー162kcal。価格は165円(税込)。
ブランのドーナツは、生地にオーツブランを配合したドーナツ。一般的なケーキドーナツ(同重量)と比較し、糖質約60%オフとなっている。1個あたり糖質13.1g、カロリー265kcal。価格は100円(税込)。

右翼団体20人の運転免許取り消しへ 街宣車で暴走 (朝日新聞デジタル) – Yahoo!ニュース 東京都心で2015年10月、街宣車20台で車列を組んで暴走したとして、都などの公安委員会が近く、右翼団体の構成員20人の運転免許を取り消す。右翼団体による危険な街宣活動などを未然に防ぐ効果があるとみている。

ソフトバンク、10兆円ファンド設立 アップルなど参加 (朝日新聞デジタル) – Yahoo!ニュース ソフトバンクグループは20日、930億ドル(約10兆円)規模の投資ファンド「ソフトバンク・ビジョン・ファンド」を設立したと発表した。サウジアラビアの政府系ファンド「PIF」のほか、米アップルやシャープなども参加し、最先端技術を持つIT企業などへの投資を加速させる。

世帯別平均貯蓄1,820万円のカラクリ「みんなそんなに持ってるの?」 (投信1) – Yahoo!ニュースまず、大きな特徴は、調査の範囲は全国の2人以上の世帯であることです。全国の市町村から168市町村を選定し、2人以上の世帯8,076世帯を無作為に抽出して調査しているそうです。つまり、1人暮らしの世帯は含まれていません。
次に、この調査における「貯蓄」の定義です。預貯金(普通預金・定期預金など)のほか、有価証券(株式、債券、投資信託など)、さらに積立型の生命保険や個人年金なども含みます(公的年金や企業年金は含みません)。
答えはノーです。正解は高齢者です。2人以上の世帯について世帯主の年齢階級別に1世帯当たり貯蓄現在高をみると、40歳未満の世帯が574万円となっているのに対し、60~69歳の世帯では2,312万円、70歳以上の世帯が2,446万円となっています。

都議選投票先、自民25%…「小池新党」22% (読売新聞) – Yahoo!ニュース 政党別の投票先では、自民党が最多の25%、小池百合子知事が率いる地域政党「都民ファーストの会」が22%と続いた。公明党と共産党は6%、民進党は5%にとどまった。無回答は26%だった。

中国、CIA諜報活動を破壊=情報提供者を殺害・収監―米紙 (時事通信) – Yahoo!ニュース 【ニューヨーク時事】米紙ニューヨーク・タイムズ(電子版)は20日、中国当局が2010年末から2年間にわたり、米中央情報局(CIA)に機密情報を提供していた政府関係者ら18~20人を殺害したり、収監したりしたと報じた。

広範囲で地割れ…付近住民に避難勧告 大分(日本テレビ系(NNN)) – Yahoo!ニュース 避難勧告が出されたのは、豊後大野市朝地町綿田地区の3世帯10人。この地区では今月16日以降、複数の地割れが確認され、市や県などが状況調査を行ってきた。その結果、21日午後4時時点で、直径300メートルから400メートルの範囲で地割れが58か所確認され、前日より18か所増えていた。

「滑り台の下にクマがいる」小4女児が目撃 滋賀・高島 (朝日新聞デジタル) – Yahoo!ニュース 21日午後1時10分ごろ、滋賀県高島市今津町今津の公園で、滑り台の下にクマがいるのを遊んでいた小学4年の女児が発見、母親が高島署に通報した。同市では19日からクマの目撃が相次いでおり、市や同署が防災無線などで注意を呼びかけている。

長野・飯山で山腹崩落、8世帯15人が避難 けが人なし (朝日新聞デジタル) – Yahoo!ニュース 長野県飯山市照岡の井出川の上流付近で19日、山腹が幅約150メートル、長さ約500メートルにわたって崩れているのが見つかった。市は20日、災害対策本部を設置し、同日午後7時ごろ、下流域の住民10世帯26人に避難勧告を出した。8世帯15人が市の施設に避難した。けが人は出ていない。

管理遊技機という新たな利権構想 (1/2)私は管理遊技機の導入に別に反対するわけでもありませんが、「ギャンブル依存症対策」という名目でどさくさに紛れて一部のパチンコメーカーが利益誘導を図るのは不適切だと考えています。警察庁としても、ギャンブル依存症の当事者が求めていることは「パチンコ遊技機の不正撲滅とパチンコ・パチスロメーカーに対する信賞必罰」なのですから、業界と結託して天下り先を拡大するような動きは厳に慎むべきでしょう。むしろ釘問題、サブ基板不正問題の全容解明と必要に応じて検定取り消しことやるべきことでしょう。

「情況証拠は弱い証拠」という誤解についてこのように、事実認定が直接証拠によるか、それとも情況証拠によるかという区別には、どちらがより冤罪が生じやすいという法則はない。

コメントを残す