今日のリンク

肩こりや腰痛の元になる「噛み合わせ」は食習慣で改善できる (ダイヤモンド・オンライン) – Yahoo!ニュース 詳細な説明の前に、知っておいてほしい事実がある。亀井医師によれば“歯はゆっくりゆっくり伸びたり動いたりするもの”らしい。「例えば、下の歯を抜歯すると上の歯が伸びてくるんですよ。そもそも、歯列矯正ができるのも、歯が少しずつ動くからです(笑)」。

埼玉で人並みの生活、月収50万円必要 県労連が調査 (朝日新聞デジタル) – Yahoo!ニュース こうした積算で、次の各モデルの結果が出た。いずれも夫は正社員で妻はパート勤務、車はない設定。

幼い子、こんなベランダは危ない 転落対策のポイントは (朝日新聞デジタル) – Yahoo!ニュース NPOによると、主な対策のポイントは、「変えられる危険箇所を見つけること」。幼児がベランダに出た時のことを想定して、物を置かない、室外機を柵から離して設置するなど、危険の原因となるものに対処する。

箱根が再開発で高級化、沸騰する「湯煙戦争」 (東洋経済オンライン) – Yahoo!ニュースかつて顧客層は団体、修学旅行に依存していたが、より長期滞在・高付加価値型として個人客を狙うリゾートを目指す方針だ。「天悠は第1弾、今後も箱根エリア全体の活性化に取り組んでいきたい」と、瀬川社長は勇み立つ。

「超高速複合機」は、業界地図を塗り替えるか (東洋経済オンライン) – Yahoo!ニュース これまでのインクジェット方式は、インクを紙に吹き付けるヘッドのサイズが小さく、印刷のために紙面を往復させる必要があった。そのため、安価ではあるが、印刷に時間がかかるという弱点があった。そこでセイコーエプソンは、ヘッド部分を紙幅いっぱいに広げることで紙面を往復する時間を短縮することに成功、高速化を実現した。
 ランニングコストの安さは、インクジェット方式は部品数が少ないという構造上のメリットに起因している。これは製品の販売を担う代理店にとってもプラスとなる。これまで扱ってきたレーザー方式と比べて交換部品数が少なく、その分修理に行く回数が減り、人件費を抑えられるからだ。

運動するほど老化が進む!? 「1日1万歩」ウォーキングはキケン 一生懸命、毎日実践しても… (現代ビジネス) – Yahoo!ニュース「よく『私は一日2万歩歩いています! 』、『私は2万5000歩です! 』と自慢される方がいますが、それはやりすぎだと思います。そういった人の多くが、歩きすぎによる膝痛、腰痛だけでなく、外反母趾や開帳足、魚の目といった足のトラブルを抱えています。

北ミサイル失敗 消えぬ脅威 迎撃しても破片、猛毒…被害恐れ (産経新聞) – Yahoo!ニュース 自衛隊関係者は迎撃後に想定される被害について、こう説明する。PAC3が迎撃する弾頭は超音速で落下。重さ約300キロのPAC3が衝突すれば、無数の落下物が広がることは確実だ。核・生物・化学(NBC)兵器が搭載されていない弾頭の迎撃に成功しても、甚大な被害が発生する恐れがある。

バイクの販売不振 「原付」が半減、駐車場不足も課題 (THE PAGE) – Yahoo!ニュース バイクの利用動向には、使いやすい「排気量の大きめの車種」への移行、50ccバイクの後退、駐車場などバイク環境の問題が複雑に反映しています。それがどのような意味を持つのか、行政や地域、利用者による検証を通じてバイク文化の創生にかかわっていくことが問われているようです。

声掛けで宴会食べ残し4分の1 京都市、飲食店で調査 (京都新聞) – Yahoo!ニュース 京都市が行った宴会の食べ残しを減らすための試みで、幹事役による「残さずに食べよう」の声掛けなどがあると、ない場合に比べて食べ残し量が4分の1に減らせるという結果が出た。市はごみ減量に向けて、手つかずのまま捨てられている「食品ロス」の対策を重視しており、声掛け運動の普及など対策を強める。

停止の泊原発、維持費は年間700億円 12-15年度 稼働時の7割に達する (北海道新聞) – Yahoo!ニュース 4年間の維持費の内訳は、原発の建設費などを分割して費用計上した減価償却費が1242億円と最も多く、協力企業などへの委託費が436億円、設備の検査・補修などの修繕費が434億円と続く。福島第1原発事故の被災者の賠償に回る「原子力損害賠償・廃炉等支援機構負担金」は前身の「原子力損害賠償支援機構負担金」を含めて233億円。原発に関わる社員の給料手当は182億円。

北ミサイル、どう身を守る 情報を見極め/地下街へ避難/地面に伏せる (産経新聞) – Yahoo!ニュース 爆発に対しては、姿勢を低くして頑丈なテーブルなどの下に身を隠す。爆発は複数回続く可能性もあり、安全な場所への避難が必要だ。閉じ込められた場合は配管などをたたき、居場所を周囲に知らせるといいとしている。また、化学剤や生物剤を使った攻撃が疑われる場合には口と鼻をハンカチで覆い、密閉性の高い屋内や風上の高台など、汚染のおそれのない安全な場所へ避難する。

「毎日のたまご」で117歳まで生きた 世界最高齢のイタリア人女性が死去モラーノさんは、長生きの秘訣について、遺伝や毎日卵を食べることを挙げていた。

米空母派遣でも「北朝鮮攻撃」の可能性はほとんどない理由 | 田岡俊次の戦略目からウロコ | ダイヤモンド・オンライン 中国が1992年に韓国と国交を樹立して以来、北朝鮮に対し続けてきた「生かさず殺さず」政策は、北朝鮮が自暴自棄になって暴発することを防ぐ効果があり、穏当な策ではあったが、所詮は問題の先送りだ。その間に北朝鮮は核・ミサイル開発に成功したのだから、これも失敗と言う外ない。この難題を解く妙策はトランプ大統領、習金平国家主席だけでなく、誰にもないのでは、と暗然たる思いを抱かざるを得ない。

なぜ日本は高度教育を受けた高機能人材を排除したがるのかこうした計測があれば、おのずとトップに上げるべき人材も見えてくる。何が自社にとっての成果であり、なにが社員のパフォーマンスを向上させ、何がそれらを阻害するのか。それらを「計測」なしに判断していれば、そりゃ間違えることもある。計測してすら間違いはあり得るのに、勘だけに頼っていてはもっと間違う。

Googleが社員の健康づくりに取り組む理由 – ログミー石川 そうなんです。血糖値が低下すると集中力が落ちたり、クリエイティビティも落ちたり。他人への共感力も落ちるので、すぐイラッとしたりして良くない。それで、宇宙飛行士が宇宙空間で働くために「血糖値をコントロールしよう」というのがNASAの結論なんです。
石川 「Cook」「Move」「Sleep」が現代のビジネスパーソンの3大必須スキルだというところに結局Googleは行き着いたんですね。そのためのプログラムというのをやっていて、今はその評価をやっています。

グーグルが突きとめた!社員の「生産性」を高める唯一の方法はこうだ(小林 雅一) | 現代ビジネス | 講談社(1/4)社員一人ひとりが会社で本来の自分を曝け出すことができること、そして、それを受け入れるための「心理的安全性」、つまり他者への心遣いや共感、理解力を醸成することが、間接的にではあるが、チームの生産性を高めることにつながる。

パチスロ業界の巨大な闇、サブ基板不正問題が再燃流れを簡単に整理しますと、高井たかし議員が3月末に「サブ基板に『ナビゲーション機能』などの出玉性能を有する仕様のパチスロ遊技機は、セキュリティの甘いサブ基板を交換することで簡単に性能を改変できるため、不正改造の対象となりやすい。このようなパチスロ遊技機は法令違反で撤去すべきではないか?」という趣旨の質問主意書を提出したのとほぼ同じタイミングで「実際にサブ基板に出玉性能を有する機種(ミリオンゴッド〜神々の凱旋)で不正改造事案が判明した」という具合です。

小児性犯罪を減らす、たった1つの方法 例えばイギリスでは、DBS( Disclosure and Barring Service )という政府部局があり、ここが各事業者が行う犯罪記録チェックのリクエスト処理を行っています。
 https://www.gov.uk/government/organisations/disclosure-and-barring-service/about
 DBSは警察記録を検索して、申請者にDBS証明書を発行するのです。これで、保育事業者や学校は、保育士や教師が少なくとも子どもへの性犯罪の前科がないか、チェックした上で雇用することができます。

効率よく痩せたかったらカロリー制限はNG – 元ニッポン放送アナウンサー 五戸美樹のごのへのごろく – 芸能コラム : 日刊スポーツ 1つ目のグループは“油を控えてカロリーも控える”。2つ目のグループは“カロリーは控えて油は食べる”。3つ目のグループは“カロリーも油も無制限で糖質だけ控える”。3つ目のグループは特に「おなかが空いたら鶏の唐揚げを食べなさい」と指導を受けていたそうです。
 一番痩せたのは、どこのグループだと思いますか? 油もカロリーも控えた1つ目のグループだと思いがちですよね。実は、最も大きな効果があったのは、3つ目のグループだったんです。つまり、糖質制限の食事が一番痩せられたということ。鶏の唐揚げを食べていたグループが一番痩せたなんて、ビックリですよね。

「糖質制限」は一過性のブームで終わらない | ブックス・レビュー | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準糖質制限食は生理学的事実に基づく、1つのムーブメントやな。だから糖尿病はもちろん、メタボや肥満、高血圧、脂質異常症などの生活習慣病、肝臓がん・大腸がん・乳がんなど生活習慣病型がん、心疾患、肺炎、脳血管疾患、花粉症からアルツハイマー病まで、いろんな病気の予防効果が期待できる。10~20年経たないとエビデンスは得られないけど、理論的には有効であることが極めて明らか。糖尿病治療に関しては、07年まで糖質制限食を全面否定し、カロリー制限食を推奨していた米国糖尿病学会が、13年10月にガイドラインにおいて正式認可したことで、議論に決着がついた。
Amazon.co.jp: 江部康二の糖質制限革命―医療、健康、食、そして社会のパラダイムシフト eBook: 江部 康二: Kindleストア

コメントを残す