今日のリンク

ドクター江部の糖尿病徒然日記  外食でやせる! 「糖質オフ」で食べても飲んでも太らない体を手に入れる 。刊行。 仕事の合間にパパッと済ませたい“早メシ”から、働く大人に欠かせない会食や接待、ストレス解消の宴会、さらに仕事の合間のおやつタイムまで、あらゆる場面での糖質制限食を提案しています。 ちょっとアプローチを変えるだけで、これまで口にしていた糖質たっぷりの食事を糖質制限食に切り替えることができるのです。 これを読んだらもう、「外食だから糖質制限ができない」とは言えなくなると思いますよ。

牛丼チェーン 糖質抑えたメニュー開発 相次ぐ | NHKニュースこのうち、牛丼チェーン最大手のすき家は、1食当たりの糖質の量を22グラムと28.5グラムに抑えた2つのメニューを5日から全国で販売しています。

ゴルフレッスンプロ、1000人超が破産の危機 (東洋経済オンライン) – Yahoo!ニュース ただ、営業マンが言葉巧みに誘導したとはいえ、大の大人がクレジットの契約書に署名・捺印までしておきながら、その自覚がないというのはにわかには信じがたい、というのがごく普通の感覚だろう。

「CiNiiから論文が見られない」電子図書館終了に困惑の声 (ITmedia ビジネスオンライン) – Yahoo!ニュース 論文などの学術情報検索サービス「CiNii(サイニィ)」から4月5日現在、電子化(PDF化)された論文や書籍などの一部の情報が閲覧できない状態になっている。国立情報学研究所(NII)の電子図書館事業(NII-ELS)終了に伴うものだが、研究機関や学生などから困惑する声も上がっている。

ディズニー2年連続入園者減が「暗い話」とも言えない理由 | 情報戦の裏側 | ダイヤモンド・オンライン 大型リニューアルが続き、スタッフの労働環境整備などもおこなうTDRがいま一番必要としているのは、いたずらに入場者数も増えず、かといって低迷というほどでもない「踊り場」だ。2年連続前年比で入場者数が減少をしたからといって、即座に「暗」と決めつける報道からは、こうした真実を読み解くことは難しい。

東芝のフラッシュメモリ事業売却が、愚策ではないと言えるこれだけの理由(笠原一輝) – Engadget 日本版最後に東芝がフラッシュメモリ事業を売って、エンドユーザーに何か影響があるかだが、短期的にも長期的にもないだろう。コモディティな半導体ビジネスは結局の所”規模の経済”の勝負になりがちで、寡占が進むことは避けられない。しかし、寡占が進んでも価格は結局需給関係で決まってくるので、やはり何も変わらない。DRAMの歴史がその何よりの証明だ。

パナソニックの「Jコンセプト」新製品は“脱・ママチャリ”!?自転車市場が縮小するなか、電動アシスト自転車の生産は約55万台と、この10年間で約1.8倍の伸びをみせています。従来、“ママチャリ”のイメージが強いですよね。確かに、通勤・子育て世代である30~40代のニーズは高いのですが、一方、50~60代にも同じくらいのニーズがある。“脱・ママチャリ”すなわち“ババチャリ”“ジジチャリ”が求められているんです。

天才数学者ラマヌジャン-「奇蹟がくれた数式」を観て:研究員の眼 | ニッセイ基礎研究所お、木村俊一(広島大学大学院研究科教授)によれば、「ラマヌジャンが発見した擬テータ関数はブラックホールの研究に登場し、整数論的な起源を持つタウ関数についての予想は、ラマヌジャングラフとして回線の切断に強いインターネット網の研究につながる。」、「深い水脈を通って、ラマヌジャンの研究は今ようやく理解され、役立ち始めているのである。」(「奇蹟がくれた数式」公式サイトより)とのことである。

コメントを残す