フィジー関係

フィジー | 各国における取り組み – JICA
フィジー事務所 | JICAについて – JICA
南太平洋大学情報通信技術センター整備計画(第1期) – ODAが見える。わかる。
南太平洋大学通信体系改善計画 – ODAが見える。わかる。
南太平洋大学情報通信技術センター整備計画(第2期) – ODAが見える。わかる。
南太平洋大学遠隔教育・情報通信技術強化プロジェクト – ODAが見える。わかる。
南太平洋大学ICTキャパシティデベロップメントプロジェクト – ODAが見える。わかる。
衛星通信ネットワーク(USPNet)アップグレードに係るUSP-JICA-ADB間MOUの締結 | 南太平洋大学 ICTキャパシティビルディングプロジェクト | 技術協力プロジェクト | 事業・プロジェクト – JICA
JICA Knowledge Site – プロジェクト情報 – プロジェクト基本情報(和)南太平洋大学 ICTキャパシティビルディング プロジェクト

フィジーの首都! スバの治安は? 三角形すし!? – フィジー留学! 格安? 本当に英語を学ぶことはできたのか!?
南の島フィジーに移住して生計を立てていく方法 | ライフハッカー[日本版]
フィジー移住情報・査証編
Embassy of the Republic of Fiji | Visa

フィジー国南太平洋大学遠隔教育・情報通信技術強化 – KDDI財団USPNetは、USPのフィジー本校 (ハブ局)と分校 (リモート) 11局で構成される衛星イントラネットであり、1998年から日本が オーストラリア、ニュージーランドと協調して実施した無償資金協力「南太平洋大学通信体系改善計画」により構築されました。これにより同時双方向の音声と画像による遠隔教育が可能になりました。 (当財団はこの構築に際しコンサルタントとしてUSPNetの設計、工事施工監理を行いました。)
その後、USPはフィジー国政府を通じて、我が国に対し、南太平洋地域の社会経済開発にとって重要な、情報通信工学関連の人材育成と研究開発の推進を行う等の技術協力プロジェクトの実施を要請してきました。このプロジェクトの推進に当たり、USP情報通信インフラストラクチャの中核をなす USPNetの強化が最重要課題となっていました。このため、当財団は、国際協力事業団 (JICA) の委託を受け、将来を見据えたUSPNetの中長期計画の策定にあたる短期専門家を、2002年7月にフィジー国に派遣しました。
派遣された短期専門家は、南太平洋大学内のUSPNetハブ局に駐在し、大学幹部、遠隔教育関係者、地方の大学分校関係者、通信事業者等から意見聴取を行い、USPNetの現状および問題点を把握しました。その上で、南太平洋大学の長期戦略、遠隔教育に関する基本方針を勘案しながら、目標とする将来のUSPNet構成を設定し、その実現に向けての中長期計画を策定し、2002年9月にJICAに提出しました。

特派員レポートVol.4 | プロジェクト紹介 | 国際協力事業 | リロ・パナソニック エクセルインターナショナル株式会社フィジー 南太平洋大学ICTキャパシティビルディング
プロジェクト専門家派遣(チーフアドバイザー)
特派員レポート Vol.4
(独)国際協力機構 2010.9~2013.2

情報通信講座|太平洋総合講座 | やしの実大学[特別講座] 新しい形態の国際強力に向けての一考察
(南太平洋大学遠隔教育システムに対する支援の在り方)

2404-18kawashima.pdf学習院大学川島論文1988年 

2006_9804400_4_f.pdf2006年事後評価

Intelsat Coverage Maps
Intelsat Coverage MapsIntelsat 18 180.00°E C- & Ku-band wide beams
PacCERTオフィスの仮オープンと業務開始 | 南太平洋大学 ICTキャパシティビルディングプロジェクト | 技術協力プロジェクト | 事業・プロジェクト – JICA
プロジェクトニュース | 南太平洋大学 ICTキャパシティビルディングプロジェクト | 技術協力プロジェクト | 事業・プロジェクト – JICA
衛星通信ネットワーク(USPNet)アップグレードに係るUSP-JICA-ADB間MOUの締結 | 南太平洋大学 ICTキャパシティビルディングプロジェクト | 技術協力プロジェクト | 事業・プロジェクト – JICA
南太平洋大学 ICTキャパシティビルディングプロジェクト | 技術協力プロジェクト | 事業・プロジェクト – JICA

衛星捕捉(ターゲット: SES NSS -9
Satellite | SES
West Hemi C-band beam
NSS-9’s mission
With wide coverage over the Pacific Ocean Region, the beams of the all C-band satellite can be interconnected on a transponder-by-transponder basis. It is ideal for inter-continental video, voice and internet services and also provides vital communication services to a number of Pacific Island communities.
Launch date:
12 February 2009

Launch vehicle:
Ariane 5 ECA

Satellite manufacturer:
Orbital Sciences Corporation

Designed lifetime:
15 years

(1) PacCERT – ホーム

現地調査 OD 起点終点
概略設計 O/D 詳細設計 D/D outline design外部設計 detail design(内部設計)

200712_aid_10.pdfPCM 計画立案段階の主要な成果物である PDM(Project Design Matrix)は、プ
ロジェクトのおもな構成要素とその論理構成をひとつの表にまとめた、プロジェクト
計画の概要表です。

2016_02_01.pdf1.概略設計(O/D)と詳細設計(D/D)の比較
(1)概略設計(O/D)と詳細設計(D/D)
概略設計(O/D)は、JICAが実施する協力準備調査にてJICAとの契約に基づき実施され
ます。協力準備調査では、要請案件の背景、目的及び内容を把握し、わが国無償資金
協力としての必要性・妥当性を検証するとともに、持続可能な効果の発現に留意し、
必要かつ最適な事業内容、規模、仕様について設計と積算を行い、被援助国側負担事
項の内容、留意事項等を含めた事業計画(概略設計(O/D))を策定することを目的として
います。
一方、詳細設計(D/D)は、無償資金協力本体事業の発注者である被援助国実施機関と
の契約に基づき、更なる調査を実施し、概略設計(O/D)の精度を入札図書レベルまで高
めることを目的としています。

boreholeの意味・用例|英辞郎 on the WEB:アルク掘削孔◆掘削によってできた穴。

三菱電機 衛星通信機器:アンテナ7mクラス
衛星を自動追尾する機能を持つ鏡面修整カセグレン型アンテナ。主にSNGなどの主局で使用される。
送信利得57.1dBi、受信利得56.1dBi、耐風速85m/s以上
4.5m、5mクラス
主にSNG固定局およびVSAT HUB局に使用される固定型の4.5m、5mの4ポートカセグレン型アンテナ。
4.5m:手動型、送信利得54.0dBi、受信利得52.9dBi、耐風速75m/s以上
5m:電動型、送信利得55.1dBi、受信利得54.5dBi、耐風速90m/s以上

主なグループ会社一覧 | スカパーJSAT株式会社会社名 株式会社スカパー・エンターテイメント
資本金 10百万円
事業内容 衛星基幹放送業務等、衛星一般放送業務、等
会社サイト http://www.skyperfectv.co.jp/spet/
衛星ネットワーク – Wikipedia株式会社衛星ネットワーク(えいせいネットワーク)は、おもに映像を主体とする衛星通信事業を行う電気通信事業者。スカパーJSATグループに属している。
固定局及び移動車から親会社スカパーJSATが運用する通信衛星を介し、マスコミ向け映像素材配信(SNG)、企業内映像通信、IP-VPNなどの電気通信役務を提供している。また、スカパーJSATのスカパー!プラットフォーム事業にも深く関係しており、地上から放送を行う通信衛星へ映像を送るアップリンク業務を担っているほか、船舶や大型自動車向けのスカパー!受信システムを提供している。
会社概要|株式会社衛星ネットワーク

Fiji Government Online Portal – Home
The Fiji Times Online | Latest Fiji News, Sports and Weather
Southern Cross Hotel, Suva, Fiji – Booking.com
Booking.com: Hotels in Suva. Book your hotel now!

http://nogami1.net から https://moo-nog.ssl-lolipop.jp/blog に引越